スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

桜開花直前の姫路城 2008.3.28

分かってたんですよ? まだ桜を見に行くには早すぎるってことは。
でも、2月は寒かったのに3月になると連日の高温連発。
気象庁が出してる開花予報も、発表されるたびにどんどん早まっていく。
こんなに暑かったら、思ったよりも開花は進んでるのでは??? と、気になってしまって。

ちょうど修理から戻ってきたレンズの試し撮りもしたいことだし、
それなら、せっかくだから少しぐらいは咲いてるかな、って思って、
3月28日、姫路城に開花状況を見がてら行ってみました。


今年も、東側、動物園や美術館の横の道から入ってみました。
このあたりの堀の桜が好きなので。





それにしても、分かってたとはいえ、いくらなんでも早すぎた。
去年はこの場所きれいだったのに…。ねえ…。
所々、開き始めてる気の早い花もあったけど、木全体の98%は、まだ普通に蕾…。







こういうの、満開になったら見事だろうなあ、と思いながら。
まあこの辺は、もっと咲いてる時期に来たことはありますが…
それでも、やっぱり見たいものは見たい。

満開になったらまた来てみようと思ったのですが、
2008年の桜シーズンは天候に恵まれず、結局この後は行けませんでした。







梅を撮りに行った時は、アップで撮るとピントがずれまくってて最悪でしたが、ちゃんと直ってました。
ま、そりゃ2万円以上もする修理代を払ったんだから、直ってもらわないと困るんだけど。
でもピントがちゃんと来るってのはやっぱり気持ちがよいですね。



それにしても、この日はいい天気だった…。
開花前にいい天気が続いたのがなんだかとても残念、って感じですが…。
この晴れを、満開の時期に取っておきたかったですよ。


今度は、城の南側に回ってみました。

ここで気づいた。
ほとんどが蕾なのはとても残念だけど、この時期だと、木の下にシート敷いて
飲み食いしている花見客がいない! 
開花後なら、この辺びっしりシート敷いてあるのに!
そりゃまだ咲いてないから花見もないですよね。
桜撮影の最大の難関は、花見客なので、こんなにスッキリしてるのなら
蕾もまた悪くないな、と思った次第…。


しかし、さすがに、↓これほどまでに咲いてないと、いくら人が居ないからといって、
シャッターチャンスとは思えませんが。これだとただの枯れ枝だ…。




牡丹園のあたりにも桜はあるので行ってみたのですが、こっちもさっぱり…。



この部分の桜、なぜか花と葉っぱが同時に出てきてたんですが…なにこれ
そういう品種なのか?それとも、急に猛烈に暖かくなったからなのか、どっち?
正直、赤い葉が同時に出てくる品種は許せるんだけど、
緑の葉は、出てきた時点でもうその桜終わりと思ってるので、ちょっとガックリ。


この日は、もし、もう少しいい感じに咲いていたら、有料部分にも入ろうかと思って
来たわけですが、入るほどには咲いてなかったのでやめ。
なので、有料部分を外から見える範囲でだけ撮っておくことにしました。


有料部分の入口の横から撮った天守閣。


↓有料部分入ってすぐの大きな桜。 無料部分からでも見ることができます。





この桜が姫路城の桜の木の中で一番好きなのですが、この木が、この日見た中で
一番開花が進んでいました。3分咲きぐらいかな。
入口と、すぐ近くに出口もあって、この桜は出口付近に張り付いて撮りました。
出口の辺りには警備員さんがいたので怒られないか内心びくついてましたが、
むしろ、写真に入らないようによけてくれたりして…ちょっと心温まってみたり。


そして、戻る時、姫路神社にも寄ってみました。

ここは、2年前、散った花びらが絨毯になっててとてもきれいだったのですが、
この日は、全く咲いてませんでした…。
しかも、前に来た時は、境内に普通に入った気がするのですが、
今回は、敷地に一歩でも踏み込むと、奥の方(神社の家の人の住宅?)で、
ピーンポーン って音が鳴る仕組みになってて、
どうも、用もないのに入っちゃダメなのかな?という雰囲気になってたので、
敷地内で撮影するのはやめときました…。
↑の写真は、門の辺りから。


こっちは、横の方の門の隙間から。


ここも、満開になったらきれいだろうなあ…。



帰り道、西日を浴びる桜。


出遅れないように、と、早めに来てしまいましたが、早く来ればいいってもんでも
ないですね…ってことが分かる1日でした…。
ま、そもそもいくら開花が早まろうが、3月に見頃になるってことは10年に1回ぐらいしかないですからね…。


桜index



  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/471-21800042




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。