スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

桜の京都1日目-1 平野神社 2008.4.4

2008年4月4日(金) 晴れのち曇り

2008年も桜のメインは一応京都で。(他にもちょこちょこ行きましたけどね。)

2007年はちょっと早く行き過ぎて失敗したので、2008年はちゃんと満開になるまで待とう
と思っていて、京都の桜巡りは、4月7日(月)からの週を中心に考えて計画していたのですが、
どうも近場を見ていると、ここ数日で急激に開花している様子。
そして、4月7日(月)には本降りの雨になる予報が出ていたので、
本当に月曜に雨が降ったらそこで桜終了もありえるかも。ってことで、
急遽予定を前倒し、色々準備も足りないままに慌ててこの日に京都第1弾に行くことにしました。

最近はすっかり京都に行く時は朝5時半出発が定着していて、京都にはだいたい7時前ぐらいに着きます。
拝観料の必要な場所は、ほとんどのところが9時から、早いところでも8時からが主なので、
朝一で行く場所というと、拝観料の必要ない場所となります。
ってことで、今回の最初は平野神社。


神社は早い時間から入れるところがほとんどですね。
朝一から動きたい者としては、心強い味方です。



朝だけに、人っ子一人いないのを期待してましたが、まあそんな甘い話はなく…。
それでも、日中に行くよりは静寂は保たれていて、やっぱり朝一はいいです。



平野神社といえば、この、魁(さきがけ)桜。
この桜は早咲きで有名なので、もう終わってるかな?と心配してたんですが、
この日はまだ大丈夫でした。



魁桜と組み合わせて撮ってみました。
枝垂桜は色々背景と組み合わせられるのがよいです。


これも魁桜を入れて。 提灯にも桜の絵が。


横の方に、桜がいっぱい植わっている場所があったので入ってみました。


背景がピンクです。
桜の名所とは聞いてたけど、こんなに立派なものだとは思ってませんでした。
正直、来てみるまでは、さほど期待もしていなかったのです。
というのも…。




まあ見てお分かりなように出店が立ち並んでいますが、平野神社=宴会系の場所
っていうイメージが強く、行く前のイメージがすごく悪かったのです。
写真撮りたい場所の前で宴会が繰り広げられてるとさすがに…ねえ?
ていうか、写真云々以前に、宴会自体が苦手というか…。
(宴会好きな方、すみません…。)

なので、この場所を避けていたんですよね…。
この日は、朝7時でも見ることができて、この日程で満開だろう場所で一番よさそうなのが
平野神社ぐらいしか思い浮かばなかったので来てみただけのことだったのです。

でも、当然ながら、平日朝7時から宴会をやってる奴などいない。
普通に静かな場所でした。
出店もまだ閉まっているので、そんなに悪いものでもない。
なぜ来るまでそのことに気づかなかったのか。



営業時間前だと、こういうのもまたけっこういいかも?と。
なんというか、祭りの後的な、ちょっと刹那的?な感じで…。
そしてなんと言っても桜が見事。


しかし、これだけ店が立ち並んでるってことは、昼間~夜 は人で人でごった返してるんだろうなあ…。
夜はまだしも、昼は絶対近づきたくない…人の顔入りまくりで写真も撮れなさそうだし。
夜は顔を入れずに撮る方法はないことはないので、夜桜なら来てみてもいいですけどね。
まあ宴会自体は夜の方が更に大変な状態だろうので、やっぱり早朝に勝るものはないな。



平野神社は桜の種類が多いので、京都で一番早くから見頃になり、一番遅くまで楽しめる、
と、よく聞くのですが…。
これだけ一斉に咲いてて、まだこの先もつのだろうか?
まあ何本かはまだ咲いてないのもあるんだろうけど…。



意外だったのは枝垂桜の大木がけっこう多かったこと。
こういうのはとても京都らしいと思う。
宴会系の場所って、ソメイヨシノなイメージだったんですよね…。
何でも思い込みはいかんですね。






境内の方にも入ってみました。こっちは桜は入って右手に見える枝垂桜ぐらいですが。




でもこの枝垂桜も色が濃いためか、けっこうな存在感。






一応、せっかく桜の時期に来てるんだし、桜を絡めて撮ってみました。



桜が入ってなくても、いい場所でしたけどね。
人が少ない時間帯の寺社は、やっぱりいいもんだな、と思います。
調べてみたら、平野神社は5時から入れるみたいです。
まあ5時に来てみても桜の時期だとまだ暗くて写真的にはいまいちかもしれませんが。



時間は7時50分。
この後、醍醐寺に9時に着きたいと思ってるので、そろそろここは立ち去らねばならない時間です。
30分あれば十分だと思って来たけど、50分ほどいて、それでも少し時間足りなめでした。
もう少し早く来てもよかったものの、朝早すぎると、ちょっと光がオレンジ色かかってて
写真的には好みじゃなく仕上がってしまうので、なかなか難しい。



名残を惜しみつつ…。



これぐらいの時間帯(8時前ぐらい)から11時ぐらいまでが一番きれいに見えますよね。
なので、断固、サマータイムには何が何でも絶対反対!
たとえばこの日、4月4日の日の出は5時40分。
で、7時に到着した時は、一応撮れるけどまだちょっとベストコンディションの光じゃない…と思った。
が、サマータイムだと、その状態が8時ということになる。

いい感じの光になってくる本来の8時は、9時ということになってしまう。
9時になったら人いっぱい。
朝早く出ることで、すいた状態を満喫、という、一応ちょっと努力することによって得る
私のささやかな楽しみを奪わないでくれ!!
むしろ、1時間遅らせてほしいぐらいなんだけど。
特に、休日に出かける時は、9時過ぎると人だらけになるので、早朝がとても重要なのです。
このままうやむやになってくれますように…。



鳥居の下に、花の形のまま落ちてる桜がいっぱい。
鳥がつついて落とした模様。
なんとなくちょっと不思議な感じでした。
もう2時間もすれば、踏みちゃんこにされていることでしょうが…。


ってことで、予定時間を少々オーバーしてしまった。
この後は一応この日の最重要ポイント、醍醐寺へ向かいます。


桜の京都2008 index ←   → 1日目-2 醍醐寺・参道 へ進む
 





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/474-fbc8241f




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。