スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

桜の京都1日目-7 水火天満宮~妙覚寺 2008.4.4

2008年4月4日(金) その7

次は、ちょっとマイナーですが、水火天満宮へ。
小さい神社なのは分かっていたのですが、どんな場所なのか見ておきたくて。
とにかくどうにもしょうがない天気だったので、来年以降のための下見に全力を尽くします…。

北大路から地下鉄に乗り、鞍馬口で降りて、そこから西に向かって1キロ弱。
場所は→このあたり。


堀川通りに面したところに入口があるのですが、とにかく小さな神社。
うっかりしてると見落としそうな感じです。

本当に小さい神社だし、外から見たら、ちょっと桜も地味かも?と思ったんですが、
入ってみると結構よかった。

むしろ狭いことがいいというか…。人も居ないし。
それでいて桜の木はかなり立派。ちょうど満開だったのもあり、けっこう桜密度が高い。


いい感じで咲いてます。
前の年は、どこの枝垂桜も色が白っぽいのが多くていまいちだったけど、
今年はどこも色がきれいだった気がしますし。






境内には私以外に1人か2人ぐらい。その人たちもすぐ帰ってしまい、独り占め。
とても贅沢な時間です。
これで天気がよければ完璧だったのになあ…。
まあ天気がよければもう少し人も居たかもしれないけど。








狭い境内の空を覆わんばかりの繊細な枝垂桜は、とても絵になりました。
しかし、天気は、ここにいる時が一番ひどい曇りっぷりでしたね。
今にも雨が降りそうなほどの。

ってことで、ここもまたいつか晴れた時に来てみたいです。
晴れたら再訪問したい場所が増えすぎて、ちょっと困っている最近…。


      *   *   *


再び地下鉄の駅に戻る時に、途中の道沿いにあった、妙覚寺にもちょっと立ち寄ってみました。


門の横の桜に吸い寄せられてしまった。



境内はかなり広いのですが、桜は少なかったです。
何とか無理やり見つけて撮ってみる。
でもけっこういい場所が、車とめるスペースになってたり…で、不完全燃焼。



この木、桜だと思うんだけど…なぜかあまり咲いてませんでしたね。
ばらつきが大きかった前年度とは対照的に、2008年は足並みが見事に揃っていて、
この日はどこに行っても満開だったので、咲いてない木が逆に珍しかったです。





門の内側から門の外を見て。
妙覚寺は、結局、きれいだったのはこの門の横の桜ぐらいだったかも…。

さて、時刻は16時30分。
まだライトアップに行くには早すぎるし、もう1箇所…ってことで、次は京都御苑へ。


…それにしても、夕方までついに晴れなかったなあ…。
朝のあの晴れっぷりは一体なんだったんだ?
別に天気が下り坂ってわけでもなく、この日もまだ晴れ予報で貫いてたし、
高気圧に覆われていて明日も明後日も晴れ予報が出てたんですけどね…本当、分からないです…。


1日目-6 高野川~松ヶ崎疎水 へ戻る←   → 1日目-8 京都御苑 へ進む 
 
桜の京都2008 index 



  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/480-55d3ee73




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。