スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

桜の京都2日目-4 大津・琵琶湖疏水 2008.4.6

2008年4月6日(日) その4


三井寺の後、すぐ京都に戻ろうとしていたのですが、
三井寺を出てすぐの道で、なんだか桜がすごそうな場所を通りがかってしまった。
どうもそれが琵琶湖疏水の大津側の部分らしい。
こ、これは、予定を変更してでもちゃんと見なければならない気がする!
って気がしたので、いったん通過したのを引き返して立ち寄ることにしました。


向こうに見えてる桜の密集地、あのあたりまで行きます。
三井寺の駐車場に停めたまま行けばよかったんだけど、出てしまったので、
別のとこに停め直しました…失敗…。



道はけっこう車が多く、歩道は狭く、歩きづらかった…。
でも道沿いの桜並木がきれい。





車道の車は信号の都合で途切れることはけっこうあるけど、
人も同時に途切れてくれることはなかったです。日曜だからしょうがないけど。
三井寺でも思ったんだけど、このあたり、平日だったらどれぐらいの人出なんだろう…。
京都だったらだいたい想像つくんだけど、滋賀の桜は初めてなので見当がつかない。


そして、疎水。



ここは、疎水にかかってる橋の上から見たものです。
なんと言っても、橋の上からだから、人、入らない!
橋の上は人いっぱいだけど、何の苦労もなく、人の入らない写真が撮れるのは最高です。
素晴らしい設計だ! 正直今年見た中で一番のヒットかも。
真ん中の川が道だったらこうはいかない。
これが道だったら、途絶えることのない記念撮影や三脚立てて動かない人などでストレス
たまりまくりになること確実。

嬉しいのでズームしたり、縦にしたり、で、同じ場所から何枚も撮りました。





日当たりの関係か、まだ咲ききってないものもありましたが、ほぼ満開。
花数も多くとにかく豪華で、いくら見てても飽きませんでした。






重なり合うことで豪華に見えるわけですが、1本1本でもかなり立派です。






何度も帰りかけては、「いや、まだもうちょっと…」と、引き返し、
なかなか帰れない…本当なら10分ほど見て終える予定が、30~40分の滞在になってしまった。
琵琶湖疏水というと、京都側、蹴上のあたりでも桜が綺麗ですが、
大津の方が圧倒的にすごいと思いました。



どれだけいても同じような写真しか撮れなさそうなので、そろそろ切り上げることに。




帰り際、少し離れた場所から見ると、これがまたすごかった。
人がいる場所がありますが、さっきまで私もあの橋の上で写真を撮っておりました。



桜と電車。 これは京阪電車ですかね…?


朝、出発段階では予定に入れていなかった疎水の桜ですが、
思いがけなく素晴らしい桜が見られてラッキーでした。
この日、一番きれいだったかも…。
偶然だけど、来た時間帯もよかったですね。
この後の時間は逆光気味になってきそうな気がします。
朝~昼までの方が絶対によい場所だと思います。

さて、少し予定が遅れてしまいましたが、京都市内に戻ります。
日曜は午後になってくると、少しは人も減ってこないかな?という願望をこめて…。


2日目-3 大津・三井寺(園城寺) へ戻る←   → 2日目-5 京都府庁旧本館 へ進む 
 
桜の京都2008 index 



  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/486-f04cc531




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。