スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

桜の京都2日目-9 京都府立植物園・ライトアップ 2008.4.6

2008年4月6日(日) その9

半木の道を見た後、植物園に再入場しました。
暗所撮影は例のごとくブレブレにつき、いつもよりも写真サイズ小さめでお届けします。


もうけっこう暗くなってきていて、足元も危ないかなーってぐらいだったのですが、
まだライトアップは始まっていませんでした。
10分ほどで始まったと思うのですが、暗くて見るもんないし、長く感じましたねえ…。



しかし、まあ、始まっても、最初のあたりは、あまりライトアップという感じではない。
この時期って日が暮れるのかなり遅いですね…。
これから遠くまで帰らねばならんので、遅くなるとけっこうしんどい。
そういう点では日暮れの早い紅葉のライトアップのが楽です…。
でもライトアップに関しては紅葉よりも桜の方が好きなんですよねー…。



とにかくゆっくりと暮れていきます。
でもだんだん空の色もいい感じになってきたかも。
天気がいいと、この時間帯の空もきれいなんですよねー。







少し明るい間にポイントを探しつつうろうろ。
でもこうしてるうちに急に本格的に暮れてきた。
いかん、まだ少し明るさが残っているうちに、チューリップのところへ戻らねば!!
…って感じで、撮影をしてる時はとにかくよく走ります…。
いつかこけてカメラ壊さないか心配です…。



とりあえずなんとか間に合った。
しかし、三脚がないのでとてもきびしい…。
来てから知ったんですが、ここ三脚禁止じゃないんです…しまった、持ってくるべきだった…。
この写真もけっこうぶれていますが、このあと更に苦しいことになっていきます…。



写真やってる人にしか分からないかもですが、
もっと絞れれば手前も奥ももう少しくっきり撮れるんだけど、
絞るとシャッター速度が落ちる→更にぶれる ので、絞れない…となると、
手前にピントを合わせれば奥がぼけ、奥にピントを合わせると手前がぼけ、という状況に。
こういう、遠近差のあるものは、夜に撮るのきびしいんですね…。
なので、チューリップと桜、ライトアップ版は、結局思ったように撮れずじまいでした。

そもそも、桜はともかく、チューリップのライトの当て方がけっこう不均衡なので、
ライトがあまりあたってないとこが暗くなりすぎて、どうもいまいち…。
とにかく苦戦です。

更に、これぐらいの時間になってくると、今度はホワイトバランスも苦しくなり…。
ここあたりからオートでは変な色になってしまうので、いろいろ変えて撮ってみました。
色々試した結果、まだこれがいちばんマシかなってことで、冷白色蛍光灯を中心に…。
でもちょっとピンク過ぎて、これも偽色なんですけどね…。



ホワイトバランスがオートだと、こんな色。
どうも黄色味がかってしまう。2日前の二条城でもこんな感じだった。
ピンクピンクしてるのとどっちがマシなのか、結局最後まで決められなかった。



あえて人をシルエットで入れてみた。


再び、チューリップのところへ。

手持ち撮影で苦労しまくっていたら、隣で撮影していたおじさんが、見かねたのか、
三脚貸してくれました…(笑) 
なんという親切な人だ…。全然知らない人なのに。
しかし私、手持ちで撮る用の設定に変えまくっていて、
一応慌てて少しは設定を戻したものの、すべてを戻しきれていなくて、なんだかうまく撮れず、
せっかくの親切を無にしてしまった…でも三脚なしで撮るよりははるかにマシですけどね。
結果は出せなかったけど、あの時の親切な方、ありがとう。

にしても、チューリップの部分の明暗差がきびしいなあ…。



こっちは再び手持ち、ホワイトバランスはオート。
ホワイトバランスはどっちの色がいいんだろう…。
正直言って、どっちもいまいちで迷い続けた…。


チューリップの場所は、これ、もうどうあがいてもうまく撮れない気がしたのであきらめて、
夕方にも行ったちょっとその先にも行ってみました。

夜に関しては、チューリップのところよりも、桜だけの場所の方がよかった気がします。



枝垂桜。



色とりどりの桜…なんだか不思議な世界って感じです。





桜に囲まれた通路を歩くのもまたよかったです…。



最後に、なんだか人だかりができてるところがあったので、なんだろう?と思っていってみたら、
ライトアップされた桜が水面に映っていて、めちゃくちゃ美しかった!
チューリップのとこよりも、夜は圧倒的にこっちのがきれい!!
なのに、ブレブレ…。
ああ、少しでも空に明るさが残っている間に、こっちにきとけばよかった…。



夜の植物園というシチュエーションもよかったし、やっぱり夜桜はいいです、幻想的で。

とにかく、ここは絶対にリベンジしたい!!!
三脚持って!!!

過去、壮絶な失敗の連続だったライトアップの撮影は幾度もあるし、
これからもさほど変わらない状況だと思うんだけど、
三脚がOKなのなら、今回よりもっとよく撮れる余地があるはずだ。
また桜の京都に行けたら、次もここのライトアップは組み込む方向で考えよう。



そんなわけで、2008年の京都の桜の2日間はこれで終了です。
2日目は日曜だったけど、思ったほどの混雑にも巻き込まれず(混む場所避けたからだけど)
けっこう楽しめてよかったです。
2009年はどうなるかな…また行けるといいな…と思います。
2年続けて、スタンプラリー的に色々回ったので、
そろそろ場所を絞ってゆっくり見るって方向にシフトしていきたいですね。


2日目-8 半木の道 へ戻る←    桜の京都2008 index 
 




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/491-8f076aa4




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。