スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

桜の広島2日目-4 宮島・厳島神社 2008.4.12

2008年4月12日(土) その4


多宝塔を見た後は、最後に厳島神社を参拝してから帰ろうと思ったのですが…。

分かる人には分かると思うのですが、私の歩いた経路、とにかく効率が悪い…。
厳島神社は東側に入口、西側に出口があります。
そして五重塔は厳島神社の東側、多宝塔は厳島神社の西側にあります。

ものすごく無駄に歩いて足が痛くなりました…。
っていうか、まあ、この日は宮島につく前から既に足痛い状態なんだけど…。

それでもしつこく写真を撮り歩きます。



まずは多宝塔から下りて来て、西側の海岸から見た鳥居。



意味は分かるがなんとなく文法が変?な感じの看板…。

あ、ご存じない方もいらっしゃるかもしれないですが、宮島は潮干狩りの名所です。
大潮の干潮時の潮干狩りの光景の写真を見たことがありますが、潮の引ききった海に
人がうじゃうじゃいて、呆然としました…。
(特に4月5月あたりは貝の身のつき方的にも潮干狩りに適しているらしい。)
観光で訪れるなら、大潮の干潮は避けた方が無難です。
この日は何も調べずに行ったけど、潮干狩りは無理な状態の潮の時だったので助かりました…。



画面奥に見えているのが厳島神社。
この日は、まあ、潮干狩りできるほどの干潮ではなかったけど、
それでもちょっと干潮気味の状態で、微妙に残念な感じ…。
潮が満ちている方が、海に建ってるって感じがより際立っていいので…。



やっぱり、厳島神社よりも西側は、フェリー乗り場からも遠くなるし、
みやげ物店などもないし、人も少なめでよいですね。



清盛神社も、ひっそりしていました。


ところでこの辺りの海岸沿いなど、広々しているし、人も多すぎないし、
のんびり座れる場所もあるので、お弁当を広げている人がけっこういましたが、
かなりリスキーなので、どうしても外で弁当を食べたい! って人以外はやめた方が無難です…。
相当な確率で、鹿にやられます。

私がいた間にも、被害に合っている人を何人も目撃しました…。
一口ぐらいしか食べてない弁当を真っ逆さまにひっくり返されてる人とか…。
奴らは背後から足音もなく気配も消して近づき、人がちょっと気を抜いた一瞬に、
ものすごい速さで弁当を襲います。人を怖がりません。
せっかくの弁当を台無しにされ激怒している横で、平気な顔でその弁当をむさぼっていたりします。
(そういう鹿の写真も撮りたかったけど、被害にあった人がすぐ横にいるので当然撮れません…。)

もちろん、この辺り以外でも、どこにも鹿はいるので、どこで食べても危険です。
宮島って場所は、弁当持ってお花見にはものすごく適さない場所です。
昼食食べたい人は、素直にお店で食べるのが一番いいと思う…。


私はというと、まあ、基本、一人旅中は晴れの日には昼食は食べないことにしてるんですが、
せっかくの宮島なので、焼き牡蠣だけ食べました。

いやー、実も大きくて、プリプリしていて、さすが本場です。
これならさっさと食べられますしね。
でも牡蠣は好き嫌いがある食べ物だから嫌な人は嫌だろうなあ…私も昔は嫌いだったし。


で、食べるもんも食べたし、ようやく厳島神社へ入ります。






これぞ厳島神社!って感じの、鮮やかな色彩、そして、大きさ。
やっぱりこのスケールはさすがです。






時折、風景の中に入ってくる鳥居や五重塔なども見ながら…。



ここが本殿。



本殿の中から、海の方を見るとこのような感じ。
鳥居が真正面に見えます。

…それにしても、人が多い…。
これまでの場所は、桜がメインで見てたから、桜の時期だし人の多さもしょうがないか…
なとこはあるけど、やっぱり神社をゆっくり見たいなら冬がいいですね…。
以前、12月に行った時はすごくすいてて雰囲気あったんで…。



今度は外に出て、やはり真正面から鳥居を撮ってみたのですが、
なぜかこっちのが遠く見える不思議…。
いや勿論、上の写真はズームで撮ってるからってのは分かるんだけど…。
それにしてもなんだか遠近感が…。



せっかくなので、鳥居単体でも。



せっかく狛犬を両方撮ってきたので、並べておこう。



本殿を外から見たところ。
しつこいけど人が多い。
この周辺はとにかく、人が途切れるまで待つ、ってことをしようとすら思えない状態でした。
一応これでもかなり人が少ない状態の時に撮ったつもりで、本当はもっと多かった。
土曜で天気もいいからしょうがないですけどね。

この日は昼頃から曇るって予報だった気がするんだけど、結局夕方ぐらいまでもちました。
そもそも厳島神社を最後にしたのは、だんだん雲が広がってくるからという予報が出てたから、
天気の影響を受けやすい桜を先に、神社は天気の影響は小さいから後に、って思ってのこと
だったんですが、あんまり意味がなかったですねえ。






廻廊を撮影しつつ、帰るとします。
海と廻廊は撮りたかったので、ここは人が途切れるのを待ちました。
前半部分はすごい混んでるのに、本殿過ぎると、なぜか皆様あまり立ち止まらなくなり、
人の流れもよくなり、人のいない時というのがそれなりにできてました。



この日は、潮干狩りはできない状態でしたが、でもけっこう干潮でした。
このあたりにも水がきていたらもっとよかっただろうなあ。
ま、大鳥居がちゃんと海の中だったので、とりあえずはOKなんですけど。



特に、回廊から陸側を見ると、けっこうな干潮だというのが分かるっていうか…。
向こうの方に見えてる反橋(そりばし)、もはや端の存在意義がない状態というか…。
(一般の人間は渡れません。)

とりあえず、そんな感じで、人の多さに辟易としつつも何とか一周。
厳島神社は初めてじゃないけど、一眼買ってからは勿論初めて。
人の少ない時だと撮りたいなと思うシーンもいくつもあったので、
また機会があればすいてそうな時にまたきてもいいな、と思いました。





土産物街を通って、フェリー乗り場に戻ります。



ベタに大杓子なども撮りつつ…。
(しかしこれ、対比できる大きさのものも一緒に撮らないとあまり意味がないですよね…。
今更遅いけど…。)




フェリーに乗って宮島ともさようなら。(これは降りた後の写真ですが。)

当初の予定では、9時ごろ着いて、12時ぐらいまでで見られるかな、と思っていましたが、
なぜかこの時既に15時…。
ゆっくり写真撮りつつ回ると、けっこう時間かかるもんですね…。
時間があれば市内に戻り、平和資料館を見ようかなと思ってたんですが、
ちょっと約束の時間的に無理だったのでやめました。
ま、平和資料館は、天候選ばないのでまたの機会でいいか…。


昼頃からの天気が心配でしたが、何とか持ったし、桜も思っていたよりも残っていたし、
結構よかったです、宮島。
午前中に五重塔のあたりで見た鮮やかな桜が一番よかったです。


岡山・広島・山口編はこれでおわりです。
けっこう長かったな…。
桜は日帰り圏内でも十分見られるので、泊まりでまで花見っていうのはあまりやらないんで、
今回は、珍しくきっかけがあって、こういうのができてよかったかなーと思います。


2日目-3 宮島・多宝塔周辺へ戻る ←

桜の岡山・広島・山口2008 index 




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/502-976d028e




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。