スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

桜の奈良2008 3.吉野・中千本

2008年4月15日(火) その3

上千本から中千本へと入っていきます。
正直、上千本と中千本の境目っていうのが、はっきり分からないもので…。
その辺はまあなんとなくこの辺かな、ってあたりで区切ってますので、
あまり信用しないでください…。

とりあえず、個人的には、舗装してある広めの道から、山の中の小道に入れる場所があって、
その辺りから中千本ということにしてしまってます…。
勿論そのまま広めの道を降りていくと、土産物屋が連なる参道へとなっていくのですが、
私は勿論、山の中の小道を取ります。


このあたりの道は、車の通れない、人が2~3人歩くのがいっぱいいっぱいの細い道です。
ハイキングコースにもなっているみたいです。



蔵王堂もだいぶん大きく撮れるようになってきました。
勿論これはズームで撮ってるからですが、上千本からではズーム使ってももう少し遠かったんで。



ていうか、この風景だとまだ上千本ぽいですね…。
桜の木が密集してるあたりが中千本の中心部分ではないかと。
それにしても、何でこの写真こんなに色が変なんだ…。黄色いというか、茶色というか…。
実際はもう少しスッキリしております。



だいぶん桜の中を歩いてる感じになってきました。






山の上の方が上千本です。





中千本の魅力は、なんと言っても桜が近いこと。
そして、自分が立ってる位置の上にも下にも真横にも桜があって、桜に囲まれているような感じ。
京都のような寺との調和的な桜もよいけど、山もやっぱりいい。



そして、今日追い続けている、蔵王堂と桜。
このあたりから見るのがいちばんお気に入りです。



前に来た時は、まだ一眼レフを持っていなくて、普通の小さいデジカメで臨みましたが、
ズームに難ありだったので、あまり撮れなかった蔵王堂。
今回は、さんざん撮ったので満足ですー。





山の緑と、桜のピンクの組み合わせもまた好き。



人の大きさで、なんとなく場所の大きさを分かっていただけるでしょうかー。

中千本の中を歩く遊歩道の魅力は、たしかに桜の時期の吉野だけあって、それなりには人は多いんだけど、
参道の人の多さと比べると、全然少なくて、のんびりしていることです。
…ただし、休みの日には来たことがないので、休日にどうなるかは少々不安だが…。
道が細いだけに…。


などと、桜を堪能していると、不意に、未確認飛行物体が…!!


いやちょっとびっくりしましたよ、なんだなんだ!?って。
その倍にいた一同、軽くどよめきましたよ。
観光で飛ぶ飛行船ってのがあるらしい…。
世の中には金持ちがいるもんだね…。
空からの眺めは、また地上から見た吉野とは違った美しさがあることでしょうね。
しかし、自分は地上から見る方が、色々楽しめて好きですけどね。
…決して負け惜しみじゃないですよ!
だって、空からだったら同じような写真しか撮れないし!





飛行船は、かなりゆっくりと、吉野の空を、大量の花見客の注目を一身に浴びながら
優雅に巡っておりました…。
周りの人をふと見ると、皆、空に向かって写真撮ってた。(笑)
まあ私もなのだが…。



この後、前回来た時は満開で最高潮だったらしいのに行きそびれた如意輪寺に行ったのですが、
今回は、如意輪寺周辺の桜はさっぱりでした。
ろくな写真がないので、今回は如意輪寺周辺はアップしません。
またいつか行くことがあれば、その時こそ…!


ってことで、再び、如意輪寺から山の遊歩道に戻ります。


このあたりの車道は、さほど渋滞もなく(所々渋滞はあったけども)まあそれなりに流れてました。
これなら如意輪寺周辺の駐車場まで車で来てもよかったな…。
まあそれは結果論であって、実際どれほどの渋滞になるかは蓋開けてみないと分からないので
怖くて出来ないけど…。





1個前の記事でも書きましたが、吉野の桜はヤマザクラが中心で、花と同時に葉っぱが出ますが、
その葉っぱが赤いので、なんだか、散ってしまってる桜でもそれなりに一見きれいに見える
っていうのが、遠景としては大きいかも…。




桜のバックにも桜。



桜に向かって延びる道。

でもこの辺りなど、やっぱり、けっこう散ってしまってるものも目立ちます。
うーん、もう3日早く来れてたらなあ…。



とはいえ、やっぱり、中千本は見応えがある。
やっぱり次に行くことがあっても、中千本の見頃時期にしてしまうだろうな。



このあたりまで降りてくると、そろそろ中千本も終わり。



最初は上千本付近から見下ろしていた中千本の桜を、見上げる位置です。
まあとにかく見頃過ぎだの何だの言いつつも、大満足の中千本でした。


このあたりで、遊歩道から参道に合流している道があるので、参道に戻ります。

あと、ちょっとだけ続きます。



2.吉野・上千本と水分神社 へ戻る←    → 4.吉野・参道と吉水神社 へ進む 
 
桜の奈良・吉野と宇陀2008編 index 





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/506-76c5861b




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。