スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

初夏の丹後 1.丹後半島ぐるっと1周

2008年5月26日(月) 晴れ時々曇り   

この日はぽっかりと時間が空いてしまった上に、朝起きるとよい天気。
前々からちょっと気になってた、丹後方面にドライブに行くことにしました。
目的は、海と、舟屋と、橋立と、棚田。

…既に計画段階から、日帰りにしては詰め込みすぎってのがよく分かりますね…。
早朝から動いたわけではなく、家出たの8時半とかなのに…。


とりあえず、まず最初に向かったのが、丹後から少し外れますが、福井県高浜町の日引の棚田。
福井ですよ福井。
本当に計画に無茶があるにも程が…。


海と棚田の組み合わせは初めてで、新鮮でした。
山の棚田しか見たことなかったですからね。
この棚田については、棚田コーナーで既に記事にしてるので、
よろしければそっちを見てください  → 日引の棚田 2008.5.26



日引の棚田を見た後、丹後半島へ向かいました。
日引から舞鶴まではすぐだったんだけど、舞鶴から宮津がけっこう長くて、計算が狂ってきた。


そんな中、焦りつつ車を走らせていると、ふと、なんだかすごい長い鉄橋を見つけたので、
ちょっと車停めて撮ってみました。(どこが焦ってるんだよ…。)


最初は鉄橋だけ撮ってとっとと次へ向かうつもりだったんだけど、
どうも遠くから何やら踏み切りの警報音のようなものが聞こえたので
ちょっと待ってみたら本当に列車が来た!(本当、どこが焦ってるんだよ…。)
そんなに本数の多くない路線なのに、ラッキー。

この鉄橋は、北近畿タンゴ鉄道の、由良川橋梁です。
この時は知らなかったんだけど、帰ってから調べてみたら、けっこう名所らしい。
おそらく、もっと見晴らしのいい場所があるはずですが、この時はそんなことも知らず、
とりあえずこの位置からのみ。
本当はもう少し近寄りたかったのですが…。


なぜかこんな札が…orz
しょうがないので、この札の手前ギリギリで撮りましたよ…。


ここを過ぎると、ようやく宮津。
本来なら、宮津を通る時に、宮津側からの天橋立を見て行くつもりだったのですが、
時間がなかったので、天橋立は後から行く傘松公園側から(宮津からだと向こう岸)だけにして
この段階では通過、丹後半島の根元を一気に縦断し、網野町の、琴引浜へ。



ここの海岸は本当にきれいでした。
海もすごくきれいなんだけど、砂もとってもきれい。
鳴き砂なんですよ。素晴らしい自然。
私もこの砂浜歩いてみたかったです…。

なのに…あきらめました。目前にして。

だって、駐車代が1000円て・・・

びっくりしたよ…何度も何度も、100円の見間違いでは!?
見直したものの、何度見ても1000円って書いてある…。
ぼっ○くりにも程が…。

私、行くまでは無料だと思ってたんですよ…。
だって、以前、島根で行った鳴き砂の浜は無料で停められたから。
こんな不便な場所に辿り着いて1000円とは想像もしてなかった。

海水浴に来て、1日いるなら1000円もありだろうけどさー。
まだ海開きしてないし、泳げるような気候じゃないし、せいぜい粘っても30分程度ですよ。
私は少々急いでいたので15分ほどで切り上げるつもりだったんですよ。
15分に1000円、ポンと払えるほど私は心にも懐にも余裕はない…。

せめて時間制にしてください・・・! 30分200円とかで!
そしたら納得できるから。


調べてみると、清掃協力金?とやらだそうだけど、それにしても高すぎるよ…。

で、私、その奥の、空き地?みたいなとこにちょっとだけ停めて、
数枚だけ撮ったわけですが(上の写真もそう)、
空き地と思っていたその場所、帰り際、よく見てみたら

「第2駐車場 有料」 みたいなのが書いてあった…orz

びくびくしながらその場を去ったのですが、
駐車場のおじさん方とも一応目を合わせておいたけど、特に何も言われず…。
(払えと言われたらあきらめた払って、砂浜まで降りてみるつもりだった。)

ま、まあ、車から離れてないし、浜には下りてないしアリですよね…ね?
浜辺に下りるには不便な位置で、誰も停めてなかったし…。

構図がいまいちだったり(本当はもっと砂浜多く入れたかった。)木が邪魔だったり、
そんな中途半端な写真なのは、そういうわけです…。



琴引浜からは、今度は丹後半島西岸を北上します。


名もなき田んぼですが、海のすぐそばまであって、驚き。
こんなの初めて見たので、また車停めて撮影…おかげでぜんぜん進まない。
しかし、こんな位置に田んぼって…台風とか来たら、波はかぶらないんでしょうか?ねえ?


このあたりから、なぜか突然急激に霧だか雲だかよく分からないものが沸き始め、
どんどん曇天に…泣

この日の重要目的地の1つだった、袖志の棚田に着いた頃には、すっかり曇り…。


これも、棚田コーナーで単独記事作ってるので、よろしければそちらで… → 袖志の棚田 2008.5.26
(でも天気がいまいちなので、わざわざ見るほどの写真はないです…。)


その後、本来なら、丹後半島の先端、経ヶ岬まで行くつもりだったのですが、
どんどんひどくなる天気、一瞬ぽつっと来たぐらい、
とにかくこんな天気の中、海見ても絶対冴えないと判断したので経ヶ岬は通過しました…。

経ヶ岬の先は、ぐねぐねとしたちょっと山道。
しかし、そこを越えて再び海辺に出ると、嘘のように晴れていた。
な・なんで…?



ここも恐らく名前もないただの田んぼだろうけど、背景が海ってのはいいなあ…。
でも風が強すぎて、田んぼの水面が波立ってしまってるのがちょっと惜しい。


その後、伊根町にある、新井の千枚田を探して彷徨うものの、全然見つからん…。
いったんはあきらめて、天橋立に行ったり、伊根の舟屋に行ってみたりしたのですが、
その後、夕方、もう一度だけ探してみよう、と、戻ってみたら、何とかそれらしきもの発見。


たぶん…これで合ってると思うんだけど…想像を絶する規模の小ささだったので自信がない。
この時も、本格的に写真を撮ってる人がその辺にいたから存在に気付いたほどで、
本当に目立たない…っていうか、これは見にくる価値のあるもの???
立地的にはかなりすごい場所にあるんですけどね…。
後で、この場所の写真など調べてみたところ、どうも、以前は、もう少し下まで田んぼだったようですね…。
今回は水張ってないけど。
1枚1枚が小さいので、たしかに効率はすごく悪そう…数年後にはなくなってるんじゃ?と思わせるほど。
棚田の実態の厳しさを垣間見た気がしました…。


これは少し離れて見たところ。



こっちは…棚田の一部?それとも別物?よく分かりません…。

この棚田については場所がこれで合ってるのか自信もない上、ろくに写真も撮ってないので
あえて別記事は作りませんでした…。


丹後半島は、実は初めてだったので、全く規模とかが分かってなくて、
想像していたよりも、かなり時間がかかりました。
やっぱり日帰りで来るなら、あと2時間は早く出ないとダメだな、と思いました。

本当は、今回の内容、琴引浜や、経ヶ岬などが見られていたら、
こんなまとめ記事にせず、1個1個で作りたかったのですが、
まあそれは、またいつかリベンジしたら、同じ場所に行くだろうので、
その時でいいかってことで、簡単にまとめました。


天橋立と、伊根の舟屋については別記事にしています。
次記事では、笠松公園から見た天橋立です。


初夏の丹後 index ←   → 2.天橋立(傘松公園から) へ進む 
 




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:2

コメント

素敵な写真拝見

素敵な写真を拝見いたしました。
小生も一度行ってみたくなりました。
気候が良くなる季節ですから、お出かけムードです。
  1. 2009/03/18(水) 08:53:20 |
  2. URL |
  3. 嘯仙人 #BZImufpY
  4. [ 編集]

嘯仙人さん、こんにちは。
どうもありがとうございます。
とてもいい場所なので私もまた機会があれば
行きたいなと思ってます。
特に海はこれからがいいシーズンですよね。
  1. 2009/03/18(水) 21:24:40 |
  2. URL |
  3. かわ(管理人) #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/528-b9ceba69




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。