スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

6月の京都 3.初夏の勧修寺 2008.6.16

2008年6月16日(月) その3

三室戸寺で紫陽花を見た後は、勧修寺へ菖蒲や睡蓮を見に行ってみることにしました。
春に桜を見に来た場所です。  →その時の記事はここ


春は、両側、桜だった白壁沿いの道も、今は緑…。


桜や紅葉の時期は、車を1ヶ所に停めておいて、あとは公共の交通で動くことにしてるんですが、
この日は、まあ6月だし、さほど道も駐車場も混んでないだろう? と思って、全て車移動で回りました。
三室戸寺から勧修寺は公共交通だとどうやっていくのか分かりませんが、
車だったら、30分ほどで着きました。(途中でコンビニにも寄ったので、更に5分は短縮可。)
駐車場も空いていて、普通に停められました。ここは駐車場無料なのが更にイイ!!

ここ、地下鉄の駅から徒歩8分とかいうことで近いってされてるんですが、
駅からの道が日射を遮るものがない場所の連続なので、桜の時期でも暑くてフラフラだったんで、
この時期に駅から歩くなんて個人的には無理…。夏に弱くない人なら普通に大丈夫と思うけど。




緑が眩しいぐらいです。
この日は前に来た時よりも天気がよかったから余計に。



庭の片隅には紫陽花も咲いてました。



本堂の窓にも緑が映っています。



池の横にある観音堂。
ここも春には桜に囲まれてるのですが、この季節になるとそんなことはもう想像もできません。




池のほとりには菖蒲、池の中には睡蓮。
なのですが、睡蓮が…あまりにも密集しすぎていて、目詰まり気味…に見えるのだが…。
これは、ちょっと時期が遅いって事なんですかね…。
花もちょっと少なかったし。
(まあ花が少ないのに関しては、時間帯のせいかもしれませんけどね。
睡蓮が見たいなら、やっぱり朝ですよね。この日来たのは正午頃だったので…。)




睡蓮と、鷺。
慌てていたのでブレまくり。(笑)



菖蒲は満開でした。



水に映る睡蓮。これはなかなか幻想的でよかった。



赤い睡蓮もかわいかったですねえ。


さて、問題はここからです。
前回来た時も、私を躊躇させたこの札…。

これだけじゃ、一体何がどう危険なのか、さっぱり分からん。
一応禁止されているわけではない、行くのは自由って書いてあるから、
そこまで深刻なことでもないだろうというのは一応分かる。
だけど、私、虫系・爬虫類系 がさっぱりダメなので、たとえば蜂が出るとか蛇が出るとか
そういう危険だったら行きたくないし… と思って、前回は行けませんでした。

が、前回、帰ってから調べてみたところ、どうも、この池のほとりにある木に鷺が巣を作っていて、
その辺が原因のようだと分かったので、まあ鳥ならそんなに苦手じゃないからいいか
ってことで、今回はこれを越えて行ってみました。



あの札を越えないと、池と観音堂の両方を見ることができないのです。

どうでもいいけど、勧修寺は、来てる人自体は少ないんだけど、
いったん写真を撮り始めたら全く動いてくれない人が多くて少々参りました…。
この写真にも入ってしまってますが…。
待っても待っても動いてくれないので、あきらめて人入ったまま撮りました…。
「三脚構えて写真撮ってる人」と「写真撮られるためにポーズ撮ってる人」だけは
あまり入れたくないんですけどね…。
三脚禁止にしてほしいよ…でも混んでない場所だから、禁止にはならんのですかねえ…。



池を1周する道ですが、特に危険を感じることもない、普通の小道でした。



しかし、それでも、またこんな札があったりするわけですよ。 怖すぎる。

で、その危険の原因ではないかとされている鷺ですが…。



たしかに、木の上にいた。しかも、思っていたよりもいっぱいいてびびった。
鷺って間近で見るとけっこう大きいし。
でもこの日は、木の上の方にずっといたので、怖くはなかったですけどね。



勧修寺 といえば、2008年のJR東海の「そうだ京都、行こう」の初夏版のポスターになったわけですが。
 →こんなの(JR東海のページです)

…真似して同じ場所で撮ってみたはずなのに、何でこんなに違うのか…orz
(ただ、全く同じではなく、ポスターの方はたぶん脚立かクレーンを使ってると思います。
少々目線が高く、手前の草が入ってないから…。)
時期が私のが遅すぎるのはまあともかくとして、それにしても違いすぎる…。
私のは花の時期を外してるのもだけど、緑がうっそうとしすぎていて、鬱陶しい感がありますね。
水面もちょっと覆われすぎだし。
…次は5月に来てみよう、真ん中のキショウブが咲く頃に…。と、誓いました…。

この場所も、大いに危険 の札を越えないと来れません。




まあそんな感じで悪戦苦闘しながら、池を1周しました。
最後まで、危険はなくてよかった。



ここは人も少ないし、池もなかなかいい感じだし、これで睡蓮がもっといっぱい咲いてる時期だと
もっといいことでしょう。
今回は微妙に見頃がずれてしまっている感があり、見頃時期だときっともっとよさそうだと思ったので、
機を改めてまた是非訪ねてみたいと思います。

桜の時期にも来たけど、ここは池に花が咲く時期の方がよいと思います。
まあそれぞれ個人の好み次第ですけどね。



2.三室戸寺・本堂周辺 へ戻る←   → 4.平安神宮・神苑 へ進む 
 

6月の京都2008 index 



  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/535-4c9c3c44




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。