スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

須磨海水浴場 2008.6.27

2008年6月27日(金) 晴れ時々曇り    気温(神戸) 28.1/21.7

この夏は、長崎の五島へきれいな海を撮りに行く予定だったのですが、
カメラを買い替えたばかりな上に、夏の海なんて撮ったことがない。
先月の丹後はその練習のつもりで行ったものの、見事惨敗。
むしろ、不安が増えただけ、という状態だったので、
再度練習ってことで、須磨の海へ行ってみることにしました。


東の端にある駐車場に停めて、東側から入りました。

いくら空梅雨とはいえ、この時期、そうそう安定してスカッと晴れるものでもない。
だけど、須磨の海水浴場といえば、シーズン中は芋の子を洗うような混みっぷり。
しかも、水着のお姉さんなどがいれば、いくら私が女だからといって、一眼構えてたら怪しすぎる。

ってことで、なんとしても、海開き前の6月中に行きたかったんですが、
なんとかこの日は天気と自分の都合がうまく合ってくれて、間に合った。
7月にはいるとちょっと行きづらいですからね。





須磨なら家から車で30~40分ぐらいで行ける距離なのですが、実は来たのはこの日が初めて。
親が海とかあまり好きではない人なので子供の頃も来たことがないし
自分が大人になってからは、一時期体調を崩した時期があって以来、体質が変わったのか
本当に暑さを受け付けなくなってしまったので、夏の海なんて避けていたのと、
それより何より、毎年毎年シーズンになると、関西版の新聞やテレビで
すし詰め状態の須磨海岸が写るので、ちょっと近寄りたくない場所だったのです。

が、海開き前の須磨海岸は、人も疎らで、想像していたイメージと違いました。
すいてる海岸は、けっこういいかも。




恐らく神戸空港に向かっている飛行機が時々飛んでくる。
(いや、もしかしたら関空か?)



人がいないと、砂浜にもゴミはない。
海には1つだけゴミ浮かんでるのを見かけてしまったけど…。
それでも、想像してたよりはきれいでした。



なぜかこんなところにボート…。
海水浴場のど真ん中だから漁業用でもないだろうし…。
しかし、池や川でもないのにボート??



この木は須磨って感じですねえ。




海の家は、いずれも設営準備中。
まだ営業はしてませんでした。



なぜかテーブルと椅子が1組だけ出てたのですが…これは座っていいものなのか?
それとも、料金取られるのか?
もちろん怖いので座ってません。



砂浜にポツンと立つ自販機のジュース類は、観光地価格…。
ペットボトルが200円、缶が150円。
山の上とかなら分からんでもないが、こんなに交通も流通も便利な場所で、バカな…。




いやー、それにしても、いい天気。
この辺が海の難しいとこで、やっぱり海が輝くのは、スカッと晴れた暑い日。
しかし、暑いと途端に弱る私。そこの折り合いが難しいのです。

いずれにしてもこの日含めて後数日でしたね…私でも何とか浜辺をウロウロできる状態だったのは。
2008年は異常に早く梅雨が明けてしまいましたからね。
梅雨明け前の晴れと、梅雨明け後の晴れって、やっぱり種類が違いますから。

気温も、この日で最高気温28.1℃ なので、何とかギリギリの範囲です。
この直射日光と、砂浜の照り返しを考えると、30℃超えてくるとちょっと私には無理だな…。




遠くに見えてるのは、明石海峡大橋。

で、思いつきました。
せっかくだからついでに、そのあたりの海にも行ってみよ。と。
暑い時は長時間連続で頑張れないので、いったん休憩がてら車に乗ってクーラーに当たり、
体力回復させながら、移動すればちょうどいいじゃないか。
ってことで、次は、舞子に向かいます。  →舞子海岸編へ


海 index


  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/539-38b49db9




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。