スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

五島・長崎 1日目-6 福江島・淵ノ元カトリック墓碑群 夕日編 2008.7.6

2008年7月6日(日) その6

福江島で夕日の名所と言えば、この淵ノ元カトリック墓碑群か、最西端の大瀬崎がよさそうで、
どっちにしようかと一応迷ったのですが、
より惹かれたのが淵ノ元の方だったので、こっちへやってきました。

さっき、場所の下見に来ていたので、何とか着きましたが、それでもまた少し迷った…。
本当に分かりにくい場所だ…。

で、夕日はと言うと、なんだか微妙な状態…。



色も冴えないし、そもそもなんでいつの間にこんなに雲が…。
昼間はあんなにスカッと晴れていたのに、西側の空のほとんどが雲ではないか…。

いったん、太陽は、完全に雲の中に隠れてしまい、ますます地味に。
再び、今度は雲の下から現れたものの、↓こんなの…。

夕日らしい場所は水平線上の一部分だけで、その他は、真っ暗。
海さえも・・・。
な…なんでこんなことに…。
さっきまであんなにいい天気だったから今日の夕日は約束されたと思ってたのに…。


このようなひどい状態で、太陽は完全に沈んでしまいました。
そんなバカな…。


いくらなんでもこれはひどい。こんながっかり夕日、久々に遭遇した。
なんかついてないなあ…と、ガックリ肩を落とし、
でもまあ、自然相手のことには抗えないしね…と思いながら帰途につこうと車を発車して、
実際に1分ぐらい走った頃、ふと気付くと、空がさっきよりも明るくなってきてる。
「え?なんで?」
と、騙されたような気持ちになりながらも、Uターンして、もう1回戻ってみたら…。


なんとびっくり、さっきと同じ場所が全然違う状態に。
時間が後の方が明るいなんて…。日が沈みきってからもう何分も経ってるのに。

ここからがようやく本番、刻一刻と変化する空をバックに写真を撮ることができました。





北を向くと、もうほぼ終了。

でも、西を向くと、空がバラ色。この色は本当にきれいだった!




構図のバランスが少々悪いのは分かってるんだけど、空の色がきれいな場所を入れようとすると
妥協しなければならない面が…。




太陽は沈んでしまっているので、明るさ的には弱いけど、
こういうピンク系の夕空って、地元じゃ滅多に見る機会がなく、ちょっと感動ものです。
さっき、いったん完全にあきらめたのが嘘のよう。
あんなに低かった雲もなんだかいい感じに散って、むしろ雲の存在があるからこそいい感じ
っていう状態に。
これが雲ひとつない快晴だったらこういうふうにはならない。
何が幸いするか分からんもんですね。



それでも、引き返してきてから15分、そろそろ終わりに…。
これで20時ちょうど。
さすが日本の西の端、20時でこれはすごい…。



と、思ってたら、みるみる終了しました。

いやー、でも、見られてよかった!夕焼け!
あの時引き返してよかったです。
あのまま帰ってるのとでは大違いです。


さて、この日の長崎の日没時間は19時32分。で、最後の写真が20時2分。
日没からけっこうな時間明るいものなんですね…。

私、ホテル予約した時に、「19時30分頃に日没なら、20時過ぎにはホテルに着くだろう」と思い、
到着時間を20時頃って言ってしまったのに、もうここで既に20時…。
ここからホテルまではどんなに短く見積もっても30分以上はかかる…おいおい。
しょうがないから電話して「遅れる」って言おうと思って、携帯を見たら、圏外…。
慌てて福江港近くのホテルへ向かいました…本当、焦りました。
ま、結果、特に問題はなかったんですけどね。


最後だけバタバタしてしまいましたが、でもこの日はいつになく、割とのんびりと過ごしました。
2日目に続きます。


1日目-5.高浜海水浴場 へ戻る ←   → 2日目-1.井持浦教会と玉之浦教会 へ進む

五島・長崎 2008夏 index 




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/547-df4adef6




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。