スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

五島・長崎 2日目-8 上五島・矢堅目の夕日  2008.7.7

2008年7月7日(月)その8

若松島にいる時点で18時30分になってしまった。
そこから夕日の名所という、中通島の矢堅目まで、25~30キロぐらい…?
間に合うのか!? と焦りながら走る走る。
でも途中ほとんど信号もないし、交通量も少ないし、
そんなに飛ばさなくても、なんとか日が沈む前に、矢堅目に到着しました。




斜面にはユリが咲き乱れていました。


これは、野生なんでしょうかね? なかなか見事です。
なんだか日本離れした光景です。
あと、北海道の礼文島あたりをちょっと思い出したりもした。
まあ九州と北海道の違いはあれど、離島という重要項目はかぶっているので、
共通するものを感じるのはそんなに不思議ではないけども。



しかし、私は、下調べが全くなってなかった。
実は、1番最初の計画では、福江島に2泊して、上五島(中通島)の方は日帰り予定だったので、
あまり夕日とか考えてなかったのを、
出発前日になって、やっぱり福江島と中通島で1泊ずつしようかな、
と、突然気が変わったので、調査不足だったのだ。

夕日の名所=矢堅目 っていう情報しか入ってなかった。

到着してすぐ気付けばよかったんだけど、
間に合うか間に合わないか焦りつつやって来て、何とか間に合った、という安堵感で、
それ以上あまり考えてなかった。





夕日がこんな状態になってしまってから、気付きました。

矢堅目の夕日 として、紹介されていた写真は、

矢堅目をシルエットに、その向こうの海に沈む夕日
だったのです…。

てことは、私自身が矢堅目にいたんじゃダメじゃん・・・

と。

しかし、沈み始めると夕日は早い。
そもそも、上の大きな夕日の写真の時点で、既に19時30分。これはもう無理だ。

どう考えても矢堅目と夕日を同時に見るには、東側の対岸から見なければならないのは明白。
しかし、

対岸はこんな感じで湾に沿って大回りしなければ着かなさそうで、けっこう遠そうで、
辿り着く前に太陽は沈んでしまうのは確実…。

今から向かっても間に合わないだろう、って事で、観念して、
不本意だけどここで日没を迎えることにしました…。
ここでは、蚊にも食われまくりで、けっこう最悪でした…。


また、よりによって、こんな時に限って、昨日よりも明らかに夕日ランクは上…。
なんてきれいな夕日でしょう。
地元でも、何度か、海に沈む夕日を見に、天気のいい日を狙ってトライしたことがありますが、
これがなかなか、水平線の少し上に雲がわいていることが多く、
こんなに綺麗に沈むことって滅多にないんですよ…。



まあでもこの写真はお気に入りなので、よかったとしよう…。
2008年のマイベスト夕日です。



そうこうしている間に、地味に日没。
すっかり終了となりました。

無念な気持ちのまま、そろそろホテルに向かおうとした時、
ふと空を見るとなんとなくまた明るくなってきたような?
もしかして、いったん終わったと思わせておいて、また明るくなるという、昨日と同じ現象?



今更この場で明るくなった海を見てもしょうがないので、
間に合わないの覚悟で、対岸まで行ってみました。



そしたら。



そうそう、この風景です!
しかも、なんとも見事な夕焼け空!
いったんあんなに暗くなったのが信じられない。



さっきまで、間近で見ていた岩。



沈んだ後の状態でも、これだけきれいに焼けたのを見られたのはラッキーと言うべきか、
せっかくいい夕日だったのに、下調べ不足でしくじったのをアンラッキーと言うべきか。
まあどっちにしても、この状態でだけでも見られたのはよかったけど…。
あのまま帰ってしまって見られなかった ってよりは。



10分ほど、夢中でシャッター切りましたが、沈んだ後の明るい状態はさほど長くなく、
だんだん空も暗くなってきました。
暗い部分も深い青できれいだったんですけどね。
(ちょっとこの構図は岩がど真ん中過ぎてアレなんですが…色がきれいに出てたのであえて載せる。)



最後の方は、ブレブレになりながら…。
灯台は、もっと明るい間に撮っとくべきだった…。


なんだかうまく行ったのか失敗だったのかよく分からない夕日撮影でしたが、
とりあえず空もきれいに焼けたので一応は満足して、この日宿泊のホテルへ向かいました。




途中の道から。
時刻は20時7分。まだ空に明るさが残ってるのがすごい。
五島まできたんだなーと、実感しますねえ。


この日の宿泊は、有川にある、ホテルマリンピア。(↓の全景写真は、翌日撮ったもの。)



前日のホテルよりよかったですかね…まあ値段も少し高いんだけど。
クーラーの効きもまあまあよくて、特に不満はありませんでした。
島をウロウロしてると人は少ないのに、意外とホテルには人がいたのがびっくりでした。
駐車場もけっこう混んでた…。

とにかく長い1日でした。くたくたです。
夕日も見ようと思ったら20時を過ぎるってのが何よりきついです。
夏は日中の時間が長いので、余計にきついのかもしれない…と、この時ようやく気付きました…。
しかし、明日も朝から夜まで走り回りますよ…。


2日目-7.上五島・若松島 へ戻る ←   → 3日目-1.中通島最北端へ へ進む 

五島・長崎 2008夏 index 




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/555-777f66cb




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。