スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

五島・長崎 4日目-2 東山手洋風住宅群 2008.7.9

2008年7月9日(水) その2

孔子廟のすぐ裏手あたりに、東山手洋風住宅群があります。


それにしても、強烈な坂…夏に弱い私としては、修行以外の何物でもない…。
勾配20%っていう標識がでてました…。


とりあえず、この路地を入ってみるとよさそうなので行ってみます。





建物は洋風なのに、塀が思いっきり和風です。



住宅群とかいうからもっと大規模な感じを想像してたんですが、
ん?これぐらい? な印象が少し…。
でももしかしたら私の見方が悪かったのかもしれない…。
下調べが全然足りてない上、時間もいまいち足りない感じ、
しかもそれより何より暑すぎて死にそうで、頭が回らないし、
根性も粘りもなくなっている。これじゃ話にならんわ…。
やっぱり夏の旅行は考え物だ…と、改めて思った…。
五島も日差しは相当きつかったけど、島って海に囲まれてるから割と涼しいんですよね…。

よく分からないまま、オランダ坂方面へ抜けるべく、坂を登ります。
というか、後で知ったんだけど、この辺りも既にオランダ坂なようなのですが…。

こういう、屋根が見えてる感じはよかったです。


とにかくきつくて死にそうだ。
こんな坂、秋や冬なら全然どうってことはないんですがね…。
夏場は体力が冬場の半分以下になりますもので…。




この辺まで来ると、ちょっと達成感…。



この先に、オランダ坂の中心部?が…。
ってことで、オランダ坂は次記事で。



4日目-1.孔子廟 へ戻る ←   → 4日目-3.オランダ坂周辺 へ進む 

五島・長崎 2008夏 index 




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/564-d1612588




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。