スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

祇園祭・宵々山 四条通編 2008.7.15

2008年7月15日(火) 晴れのち夕立  気温(京都)33.0℃/24.8℃

以前から1度撮りに行きたいと思っていた、祇園祭。
しかし、暑さに弱い私が、夏の京都、しかも人ごみの中に突入して大丈夫なのだろうか?
しかも、帰りの時間を考えると、車じゃなきゃ日帰りはきびしい。
駐車場があいてるかあいてないか、以前に、道路が大変なことになるだろうし…。
と思うと、いろいろためらう気持ちもあり、なかなか行けずにいました。
が、今後のことをいろいろ考えると、行くチャンスはあまりないような気がして、
一念発起して、2008年夏、行ってみることにしたのでした。

しかし…。


山科になんとか車を停め、地下鉄乗り継いでようやく四条烏丸に到着するなりどしゃ降りの雨…。
いやーすごい雨でした。
この日もまた昼はいい天気で、雨が降るなんて夢にも思ってなかったので、
しょっぼい晴雨兼用の折りたたみ傘しか持ってなかった私は、
身動きとれず、ビルの屋根の下で30分以上待機し、
ようやく小やみになったのでなんとか出て行って、↑これですよ。
どんよりと鬱陶しい空模様…。
この後も、やんだかと思えばまた降り…を何度か繰り返して大変でした。

ただ、そのおかげで、32~33℃はあった気温は急降下。
26~27℃ぐらいになったので、楽でした。
おかげでぶっ倒れなくて済みました。

瀬戸内沿岸部に住んでる私の地元は夕立なんてほとんどないので
夕立が多い京都が羨ましい…。
京都にも数年、住んでたことがありますが、
夏の過ごしにくさは瀬戸内沿岸部の方が微妙にきついと思う…。


ともあれ、雨も小康状態になってきたので、散策開始です。

これは、長刀鉾。
なんだかまだ周囲が明るいので、雰囲気出ませんねえ。




これは、函谷鉾。
鉾って、屋根の上に立ってる棒?の分も足すと、かなり背が高いんですよ。
これは、まだ空が明るいからちゃんと写ってるからよしとして、
暗くなっても、上まで全部入れようと撮ったものの、
暗すぎて、写真見ても意味不明、上半分真っ暗、ってのが多すぎて泣けました。


      *   *   *


この後、新町通、室町通 あたりの鉾や山を見て、
かなり時間が経過した後、再び四条通。





これは月鉾。
やっぱり、暗くなってからの方が雰囲気出ますね。

ひたすら歩き回り、同じような写真を撮りまくりです。
撮ってる時は同じようなのばっかりだと気付いてないんですが。
でも、普段撮らないような被写体なので、楽しい!
初挑戦だし、時間も限りがあるので、凝ったものが撮れなかったのが残念ですが。

京都に住んでた頃は、全く関心なくて一度も行ってなかったのが勿体無い…。
住んでたところから20~30分、200円ぐらいで行けたのに…。
あの頃は、まだ写真やってなかったからね…デジカメってものがなかったし。

そもそも、デジタルの写真ってものがこの世になかったら、今でも写真はしてないと思うし、
だったら、祇園祭のような真夏の行事には一生行かなかっただろうなあ。
そう考えると、なんだか不思議な縁を感じます。

「写真が」じゃなく、「デジタルの写真が」好きなんですよね…。
真の写真好きな人には分かってもらえないだろうけど、フィルムのカメラじゃダメなんですよ。







函谷鉾、夜編。
四条通には大きい鉾が多いです。



手前が函谷鉾、奥のが月鉾。
こういう遠景もっと撮っとくんだった、と、後で思った。
ろくな写真がなくて、ちょっと残念…。
しかし、所々、邪魔なネオンがありますね…。
きっとけっこうな数のネオンや電気は消してあるんだと思うんだけど、
それって強制じゃなくて自粛なのかな?



そして、長刀鉾 夜編。





やっぱり一番有名?な鉾だけあって、なかなか華やかでした。
写真の最大の弱点は、やはり、音が伝えられないことだと思うのですが、
鉾の上で生で演奏されてるお囃子がとてもよくて、現場の臨場感は素晴らしい。
本当に別世界。
帰り、地下鉄に乗った時は、夢から覚めたような気分でした。


四条通は、道幅が広く、鉾が点在という感じだったのですが、
一歩細い通りに入ると、また雰囲気がガラリと変わります。
私は細い通りの方がよかったですね。
まあこの日は、夕立の影響もあるのか、比較的人でも少なめだったからかもしれないですが。
細い通りで人が押し寄せると、ちょっときつそうなんで…。
ってことで、次は、新町通・室町通 編へ…。



→ 祇園祭宵々山2008 新町通・室町通編 へ進む

祭・イベント index




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/569-8492e037




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。