スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

祇園祭・宵々山 新町通・室町通編 2008.7.15

2008年7月15日(火) その2

祇園祭の宵々山と一口に言っても、かなり広範囲で山や鉾がたてられているわけで、
これまで一度も行こうとしたことすらなかった私、さっぱり見方が分かりません。

まず、四条通から入ったものの、その先どうしよう、って考えていたところ、
どうも、新町通や室町通あたりに山や鉾が多いらしい、との情報を得たので、
よく分からないまま歩きました。
あてもなく歩いていると、地図が印刷されたうちわを無料でもらったので、
それを参考に歩いてみました。かなり便利でした。

とりあえず、私が見た全ての山と鉾をアップしようと思います…。
(後々の参考のためにも…。)




まず、四条通から、室町通の南側に入ってみました。
これは、たぶん、鶏鉾。(違ってたらすみません…。)

…まだ夕立は抜け切らず、空には暗雲が立ち込めたまま…。
けっこういい感じに撮れた、と思ってるだけに空の色だけが残念。
涼しいのはいいんだけどねえ。



少し進んで、綾傘鉾。
これぐらいの時間帯の空の色の時が、一番綺麗なんですが、
とにかくこんなに雲に覆われてては…。

ここを通り過ぎた後、また、夕立がザーッと来て、またしばらく雨宿り…。
せめて、ちゃんとした傘を持ってくるんだった、と、心の底から後悔した…。


パラパラと、雨の降る中、せめて鉾の見えるところへ…と、思って移動した先が、舩鉾。
これは新町通の方。



船の形、で、装飾も立派で、印象的でした。

そして、ここで、ちまき売ってる女の子たちを初めて見た。
地元の小学生ぐらいの子供たち。
「ちまきどうですか~」
と、声揃えて言ってるんだけど…。
これ以後、ここ以外にも、時々見かけたんだけど…。
もちろんこれは伝統行事のひとつつなんだろうけど…。
なんだか可哀想でねえ…。

しかも女の子だけなんですよねー。男の子はお囃子らしい。
個人的には、どちらかやれといわれたら、絶対お囃子のがいい。
せめて選ばせてもらえたらまださー…。
小学生の時、女の子だけが盆踊りの練習させられて、めちゃくちゃ嫌だったのを
ちょっと思い出してしまい、軽くブルーになりました。

ていうか、本人たち、別に嫌だとか思ってないかもしれないのに、余計なお世話ですね…。



更に新町通を南下した先に、岩戸山。



この辺り、ずーっと、四条通よりも南側の一帯なんですが、
この辺りでは、もう、本当に天気が安定せず、降ったりやんだりの繰り返しで、
かなりきつかった…。
傘ささなくても何とかなりそうな程度の降りでも、
カメラ濡れるのは嫌だから少しでも降ってたらさす、ってのがしんどい…。

何も食べるつもりとかなかったんだけど、雨宿りだけじゃ暇なのと、
なんだか疲れたのとで、焼きそば食べたりしましたよ…。
よく考えたらそんなにいうほど時間があるわけじゃないのに、
そういうのでかなり時間をロスしてしまい、最後の方バタバタになってしまった。

縁日とかいっぱい出てて、そういう写真も撮ったんですが、
どれも通行人の顔がバッチリ入ってしまってるので載せられないのが残念です…。






更にちょっと細い道に入って、伯牙山。
この辺りでようやく雨も終わった気がする。




祇園祭にあわせて、屏風祭といって、昔からの町家を公開しているところがいくつかある、
と、聞いていたのですが、ここでその内の1つを発見しました。
わー、入ってみようかなー と思って、よく見てみると、

協力金 大人1人1500円

…瞬殺であきらめましたよ…。ふ…。無粋ですんまへんな…。

それでもけっこう入ってる人はいた。
私もそういうのポンと出せるような、太っ腹な人にいつかなりたいです…。



で、ここから新町通を一気に北上、四条通よりも北の地域に入りました。


放下鉾。






南観音山。





北観音山。




この辺りのは、道の幅が狭いのに、2階建てぐらいの高さの山や鉾が続々とあって、
圧倒される感じがありました。
四条通のような広い通りより、臨場感がより大きい気がする…。

そういえば、今年から、提灯の電気が、温暖化対策とやらで、
省エネの蛍光灯電球とやらに変更になったそうでかなり不安だったんですが、
見た目、どれも全く違和感ありませんでしたね…。
うまいこと作ってあるもんだなと感心しましたよ。
まあ、私は変わる前の状態を知らないからかもしれないけど…。




ここは、窓を開放して、外から家の中の屏風が見えるようになってた家。
きっと恐ろしく値打ちがあるものなんだろうな…と思いつつ、1枚。




今度は、室町通の方へ移動して、鯉山。


今度はどんどん南下します。

で、たぶんこれは、橋弁慶山…。(自信ないです…。)


橋弁慶山といえば、こっちの人形の方がインパクトありました。

弁慶と牛若丸。
山鉾巡行の時には、山の上で弁慶と牛若丸が五条大橋で戦う姿を表した状態で
巡行されるらしい。
この日は、↓このような感じで家の2階部分に飾られてました。



で、更に少し南に行って、山伏山。



ここもまた、橋弁慶山と同じく、ご神体は、山に乗ってなくて、
家の2階に飾られてました。
いろいろあるもんですね…この日までこういうタイプの山の存在を知りませんでしたよ…。




すみません、どこのか分からないけど、提灯。



そして、菊水鉾。



ここのは、提灯がついてなくて、電球剥き出しだったんだけど…なんで???
まだまだ分からないことが多い…。


四条通は大きな通りでビルだらけ、って感じなんですが、
新町通、室町通あたりは、風情も残っていて、
こちらの方が雰囲気を味わうのにはとてもいいと思います。
…混雑している日は大変なことになりそうな気がしますが…。

もう少し見たかったですが、途中、何度も何度も雨宿り休憩を挟んだために
時間もけっこう遅くなってしまったので、切り上げました。
それでも4~5時間立ちっぱなしで、疲れた…。

夏、長時間歩くと、大抵は翌日調子が悪くなるんですが、
今回は夕立があって気温がさほど高くなかったこと、
そもそも夜なので日照がなかったこと、が原因だと思うんだけど、
翌日は普通ーーに元気に目覚めました。
これならまた機会があったら挑戦してみたいですねえ。

やっぱり、夏のあのいやらしい太陽が体質的によくないんだよなあ…。



祇園祭宵々山2009 四条通編 へ戻る ←

祭・イベント index




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:2

コメント

祇園祭は1回も行ったことがないです。
写真を見ていると、賑やかさが伝わってきます。
それにしても、夕方から、夜にかけて、写真は手ぶれもおこさず、
綺麗に撮れていますね。さすが・・・
  1. 2009/06/04(木) 15:34:57 |
  2. URL |
  3. フジモト #-
  4. [ 編集]

フジモトさん、こんにちは。
祭そのものには元々あまり関心がない方だったりするんですが、
祇園祭は、被写体として、かなり楽しいですよ。
今回は初めてだったので、山や鉾を普通に撮るのでいっぱいいっぱいでしたが、
いくらでも工夫できそうだと感じました。

写真ですが、ISOをあげて撮った(800ぐらい。時には1600のもあるかも。)
というのもありますが、提灯がかなり明るいので、意外とぶれません。
とにかくきらびやかでしたよ。
  1. 2009/06/04(木) 23:06:53 |
  2. URL |
  3. かわ(管理人) #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/570-7e2192a1




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。