スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

夏の北アルプス 1日目-3 室堂平・ミクリガ池周辺 2008.8.10

2008年8月10日(日) その3


一の越から降りてきて、室堂平付近に戻ってくると、もう12時40分…。
時間かかりすぎ…。
今日はこの後、弥陀ヶ原にも行くつもりなので、時間を逆算すると、
あんまりゆっくりしてられない気がしてきた。
室堂では、地獄谷あたりも見たかったんだけど、この時点でそれはあきらめ、
ミクリガ池を1週する道の方だけに絞りました。


この辺りまではなんだかんだ言いつつ、晴れベースだったんですが、
次々と雲がわいてきて、だんだん曇りベースに…。
どうも私が行った時期、前後のあたりの時期も含めて、室堂では
朝は晴れ→昼前から雲が増えてくる→昼過ぎに曇り→夕方また晴れ
ってパターンの日が多かったようなんですが、
この日もまさにそんな感じでした。



ベンチがあったので休んで山を眺める…。めちゃくちゃきれいです。
山の上に雲がかかってるのが残念なんだけど、
山肌については、光が当たってる部分と影の部分のコントラストが美しくて、
これは、ちょっと雲がかかってるからこそだろうなあと思う。



そういえば、標高の高いところに行くと、スナック菓子の袋がパンパンになる
と聞いてたので実験してみようと、行きの道中、コンビニで買って、
上まで持ってきてたのですが、期待したほどではなかった…。
まあ少しは膨らんでるけど。
もしかして、一気に上ってきて、すぐ、とかの方が効果的なのか?

お菓子食べてる時間はないので、持ってきて写真撮るだけとってまたしまう。
なんという、非合理的な…。


少し休んで、元気になったので、歩き始めると、
まず見えてきたのは、ミドリガ池。



ミクリガ池は有名だけど、ミドリガ池ってなんだかちょっとマイナーだし、
たいしたことなかろう、と思ってたんですが、想像してたよりもかなりきれいでした。
天気がちょっと残念な状態なのが惜しい…。



そして、ミドリガ池と、散策路を挟んで逆側にあるのが、ミクリガ池。


思っていたよりも雪がいっぱい残っててびっくり。


上の方の道を人が歩いてるのが見えますでしょうか。
雪の層の高さが分かるかと…。






下の方に血の池。
山にかかってる雲がかなり邪魔なんですが、でもまあ、これぐらい見晴らせれば十分。
緑の絨毯みたいできれいです。
この辺りも歩いてみたかったけど、今回は、上から写真撮るだけで納得しましょう…。
200ミリのレンズならまあこれぐらいには寄れるので…。
次の機会があれば、雄山やめてこっち方面に行ってみたいですね。




更に進むと、なんだか広場? 休憩できるようにベンチもある場所に出ました。
ここからは地獄谷の眺めがよいらしい。





しかし、下調べの足りない私、どこが地獄谷なのやら、いまいちよくわからず、
しかも、逆光だわ、曇ってるわ、雲が地獄谷から出てる蒸気?と一体化してるわ、
何が何やらよく分からん状態で、いまいちポイントの絞れてない写真しか撮れなかった…。


そして、ふたたび、ミクリガ池。


道はミクリガ池の周囲をぐるっと回ってるので、いろんな角度から見られます。
角度によって、かなりイメージ違います。



この期に及んで、まだ登り道…(;´Д`)



しかし、登った先からみた風景が美しかったので、納得。
ちょっと上から見るぐらいの方がきれいなのかな?
ちょうどこの時、少しの間、雲が途切れて日が差して、美しさ、数倍増し!



しかし、その真後ろで、池とは違う方向を向いて、何やら人だかりが…。

そっち方面、特にこれといって何もないと思うんだけど、一体何事???
と思ってとりあえず近づいてみると、どうも、雷鳥がいるらしいとのこと。

で、見てみたら、いたいた、本当にいた。



親子の雷鳥がいるではないですか。保護色で見づらいけど…。
けっこう遠かったのでどっちもトリミングです。
特に2枚目はほぼ等倍なので、かなり荒いです。

出発前、山に行くとなると、カメラは軽い方がいいし、
山を撮るなら遠景が主だろうし、望遠側が短くてもいいから、
軽さ優先で18-55ミリのレンズをつけてこようかかなり迷ったのですが、
そっちにしとかなくてよかった…と、心の底から思いました…。
でもやっぱりこういう時は、300ミリがほしくなるなあ。




さっきは一瞬晴れてたのに、また曇ってきてしまいました。
この状態もかなりきれいだったですが。
同じ曇りで太陽が隠れていても、空に青い部分が見えていると、
それはそれで独特の美しさがありますね…。
まあこの場合、遠くの山には日が当たってるからよかったんですけどね。



もうちょっと粘って天気待ちしてみるか、やめとくか、迷ったんですが、
ダメだった場合のリスクを考えてしまい、待つのやめて進むことにしました。



空の青い部分も徐々に増えてきてる気がしたので、かなり迷ったんですけどね…。
でもやっぱり弥陀ヶ原にも行きたいなら、この辺で切り上げるしか…。



室堂ターミナル前。最初に着いた時にも写真撮った場所。
この構図は、太陽の角度的に午後のがいいんですよね。
ただ、午後は人が多くて撮りづらいという難点があるのですが…。

しかし、天気待ちやめて、次に進もう、と、ターミナルに戻ってきた途端、
なんだかぐんぐん天気が回復して来てるような…。
しかし、今更、またミクリガ池まで戻るのもなんだかめんどくさいし…
ってことで、予定通り、弥陀ヶ原に向かうことにしました。


1日目-2.室堂~一の越 へ戻る   → 1日目-4.弥陀ヶ原 へ進む (作成中)
 

夏の北アルプスindex 






  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:2

コメント

ミドリガ池、ミクリガ池付近の写真ももう少し青空だったら池に映り込んで素敵だったのにね。
でも、まあまあのお天気で欲を言えばきりがないですね。
この後は、弥陀ヶ原ですね。
私は、弥陀ヶ原ホテルに泊まったんですよ。いいお天気でホテルの回りの散歩が
素敵でした。
後を楽しみにしています。
  1. 2009/06/07(日) 18:03:48 |
  2. URL |
  3. フジモト #-
  4. [ 編集]

Re:

フジモトさん、こんにちは。
今回は、雨には1度も降られなかったものの、ちょっと残念? ぐらいの天気の日が多かったですね。
でも、子供の頃に行ったひどい状態を思えば…。
山や池が見えるだけで、かなり満足でしたよ。
でも、機会があれば、またいつか、すっきり晴れた立山を求めて再訪したいなと思います。

弥陀ヶ原ホテルに泊まられたとは、羨ましいです!
憧れますが、なかなか…。
早朝の山は素敵でしょうねえ…天気がよければ星もきれいだろうし。
これもいつかきっと実現したいです。
  1. 2009/06/08(月) 20:25:32 |
  2. URL |
  3. かわ(管理人) #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/574-3b63783d




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。