スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

夏の北アルプス 2日目-3 白馬夢農場 2008.8.11

2008年8月11日(月) その3


栂池自然園から下界へ降りてくると、既に14時。暑い。めっちゃ暑い。
下に停めていた車も恐ろしい暑さになっていた…。
それはともかくとして、時間が中途半端すぎる。
この時間からはもう大雪渓には行けないし、どうしよう?
とりあえず蕎麦でも食べながら考えることにしました。


白馬駅近くの、そば神だったと思うのですが…たぶん。
最近どうも店の名前を失念することが多いな…。
お昼時だと行列できたりするようで、この日はお盆直前の夏休み時期ってことで、
けっこう不安だったんですが、まあさすがに14時過ぎてたら駐車場も停められ、
席にもすぐつけたのでよかった。
けど、私は1人だったからカウンター席ですぐだったけど、普通の席の方はこの時間でも
ちょっと待ってる人がいましたね。

例のごとく、私は蕎麦の味が分からない女なので、「うん、蕎麦だな」って感想で…。
(誤解ないよう言っときますが、まずいってわけではないですよ、決して。
うどんならあれこれうんちく言えるんですが、蕎麦の味の違いってものが分からなくて…。)




さて、悩んだ結果、とりあえず、白馬夢農場に行ってみることにしました。
みねかたスキー場の近く…らしい。
(みねかたスキー場の位置を私自身が知らないので何の目印にもならなかったが。)
大出の吊り橋のすぐ横を通ってる道を、更に山の方へ進んで行くといいです。



駐車場入口のところで、入場料も払う仕組みでした。500円。
専用の駐車場なのに、そこから数分歩きます。しかも微妙に登り。
前日に立山で肉離れ寸前になり、この日の午前は栂池自然園で死にそうになってる私の身には
そこそこ堪えます。(通常の状態なら全然たいした距離ではないですよ。)




何でここに来ようと思ったかというと、
ここでは、ラベンダー畑の向こうに白馬の山々が見えるというので。

でもねえ…まあ、こんな基本的なこと、分かってはいたんですよ。地図を見たら一目瞭然。



午後にここから白馬の山々を見ても、思いっきり逆光でいまいち なんですよ…。

山に露出合わせたら手前が真っ黒になるし、ラベンダーを残そうとしたら、山が本当に薄く…。
特にこの日は、晴れてはいたものの、山の方にはガスがかかってる感じで、スカッとしてなくて、
尚のこと…でした。

本当、常識ですよね。
遠景で白馬を見たかったら絶対に午前。そんなの誰がどう考えても分かる。
でも午前中は山の上に行きたいので、日程的には午後しかなく…。
まあ、ここはあくまでもついでに来たって感じの場所なんでもういいけど…。
そもそも、ここは、ラベンダーよりも、菜の花の場所ですしね…。


遠景がどうにもこうにもならないので、ラベンダーの花写真を撮ったりしてごまかします。


ラベンダーなら、家の庭にも咲いているので、こういう写真は家でも撮れるのだが…。
っていうか、家のラベンダーの方が、花付きがいいような気が…。



よく咲いてる部分を選んで撮ってますが、全体ではけっこうスカスカでした。
富良野のラベンダー畑みたいなのを想像していたのですが、程遠かったです…。

もしかしたら、時期的に少し遅かったのかもしれませんねえ。



ちょこちょこと、他の花も咲いてました。


何かよく分からないけど、オレンジ色の花。


ちょっと奥には、蕎麦の花。



16時少し前なので、影になってる部分もだいぶん多い。



なんだかすごい勢いの入道雲。
立山でも思ったんだけど、こんな勢いで雲がわいてたら、雨降るのか?と思えば、
気付けばなくなってたり…まだまだ夏の山のことはさっぱり分かりません。



もっと天気がよくて、午前中で、山が見えたりしたら、いい場所だろうなあ、とは思う。



入場料を払った時に、アイスかジュースの無料券をくれたので、ちょっとだけ休憩したり。



戻りの道にも、蕎麦の花がありました。


ちょっと…想像していたよりは小規模だったかも…花が思ったより少なかった。
山もうすらぼんやりとしか見えなかったし。
今回は500円はちょっとお高い…と思ったです。

ていうか、そもそもここは、菜の花の場所なので、この時期より、そっちのがいいんでしょうね。
菜の花の時期なら山に雪残ってるし。
今回は本当の実力を見ることができなかったので、菜の花の時期の再挑戦を心に誓いました。
(で、2009年5月、ほんとに行きました。その旅行記はかなり先になると思いますが…。)


さて、時間は16時10分過ぎ。
既に昨日からの疲労が溜まりまくり、1歩も歩くのが嫌な状態で、
後から冷静に考えれば、もうさっさとホテルに入ればいいじゃないかって思うのですが、
どうにもこうにも貧乏性な私は、こんな時間にホテルに入ってしまうのは勿体無い、と思い、
もう1箇所、今度は、姫川源流まで行ってみました。


2日目-1.栂池自然園 花編 へ戻る ←   → 2日目-4.姫川源流 へ進む 
 

夏の北アルプスindex 






  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/578-b9c8204a




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。