スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

紅葉の信州 1日目-3 芳ヶ平湿原 2008.10.13

2008年10月13日(月) その3

「紅葉の信州」って題名なのに、最初からいきなり群馬ばっかりですみません…。

白根山の駐車場から、なんだかんだ、1時間20分ぐらいかかって、芳ヶ平に着きました。
2.8kmで、この時間はかかりすぎ…写真撮りながらだと、どうしても…。


芳ヶ平に着くと、さっきまでの、荒涼とした感じはすっかりなくなるから不思議です。
そして、さっきはあんなに遠かった芳ヶ平ヒュッテもすぐそこです。
(写真に入ってる人は、知らない人です…。)

このヒュッテ、着いた時にはその辺に何人か人がいたので、
帰りにまた撮ろう と思って、この時は、上の1枚しか撮らなかったんですが、
帰る頃、ちょうど雲が出てきてしまっていて、陰鬱な写真しか撮れなかった…orz

…こんなの。 大きく載せる気にもならん。
やっぱり風景との出会いは一期一会というか…。
今、って思った時に撮っとかないとなあ…と、改めて思いました…。


で、芳ヶ平に着いたものの、見所ってどのあたり?と思って考え込んでいたら、
通りがかりのおじさんが、湿原がよかった、というので、行ってみました。




色鮮やかで素晴らしい!
見る方向によって、色合いが違ったりして、それがまたいいんですよね~。
湿原を一周できる遊歩道になっていて、木道が整備してあり、とても歩きやすいし、
そして、適度にすいているし、ここは本当によかったですよ。



風もなく、池にきれいに色が映るので、なお綺麗でした。
箱庭的な美しさ って感じでしょうか。



池のあたりを抜けると、視界が広がります。
このあたりから見た、山の紅葉がとてもよかった!






このあたりから、少しずつ、雲が出てきて、時折、太陽を隠すのですが、
それはそれで、光と影の変化がついて、逆によかった気がします。
これぐらいの雲ならば。



紅葉もいいけど、ここはワタスゲも咲くそうで…一面ワタスゲの時期はいいだろうなあ…。
ぜひそんな時期に行ってみたいものだけど…そう簡単には行ける場所じゃないですしねえ。
特にワタスゲの頃は天候が難しい時期なので、なおさらハードルが高いし。
まあ、いつの日か。




そうこうしているうちに、だんだんと、曇ってる時間が増えてきました。
空の大半は雲がなく、きれいな青空なのに、
太陽の周りにだけしつこく雲がかかっていて、光があまりきません。
途端に風景が暗くなってしまいます。
あんなに鮮やかだった緑や黄色や青が…。



湿原を1周する遊歩道、と言っても、短い距離なので、
再度晴れてきたら、さっき撮りこぼした分を撮りに、もう1周しようかなと思って
しばらく待ってみたのですが、一向に晴れてはすぐ雲が…の繰り返しなので、
あきらめました…それでもうだうだと長い時間いたんですけどね…。

まあでも、着いてすぐの段階では本当に文句なしの快晴だったし、十分に堪能できました。
これからまた白根方面に戻って、次は、せっかくなので湯釜に行きます。



1日目-2.白根~芳ヶ平 へ戻る ←   → 1日目-4.白根山・湯釜 へ進む 
 
信州紅葉2008index 









  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:2

コメント

紅葉、青空、湿原、秋の被写体としては申し分ないですね。
湿原の小さな沼に写り込んでいる空、紅葉が素敵ですね。
日本の絶景は、西100選しか手元にはありません。東100選を買おうかな。
  1. 2009/06/27(土) 08:47:04 |
  2. URL |
  3. フジモト #-
  4. [ 編集]

フジモトさん、こんにちは。
秋は空気も澄んでいるので、春のように霞むようなこともなく、
ますます景色が美しく見えるんですよね。空の色は大事です。
特に2008年の10月は晴天が多くて最高でしたよ。

日本の絶景 私は両方持っていますが、東の方が好きな写真が多いです。
  1. 2009/06/28(日) 00:01:55 |
  2. URL |
  3. かわ(管理人) #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/590-d00fb963




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。