スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

紅葉の信州2日目-1 志賀高原 曇天の木戸池 2008.10.14

2008年10月14日(火) 曇りのち雨  気温(長野)17.4℃/10.1℃

信州紅葉2日目。
この日が最大の問題だったのです…天気予報はズバリ雨。
どの予報を見ても資料を見ても、この日の雨は逃れられそうにない。
たいした降り方ではないと思われるけど、降ってない時間帯も鬱陶しい雲に覆われているだろう。
それは2日前、旅行の出発前から分かってたので、日程を遅らせようかとも思ってたんですが、
1日でも早く行かないと、白根山や横手山付近の紅葉が終わってしまいそうだから
13日からの日程のまま強行したんですよね。

この日と、翌日も雨予報だったのですが、長年の天気予報ヲチ歴による?勘から、
翌日は天気予報は外れて晴れるのではないかと推測していたので、
まあ、この日は、下見と移動の日、に徹することにしました。

とりあえず、まずは、前日時間切れで終わってしまった、志賀高原の木戸池から。


※かなり暗めの曇天につき、写真がしょぼいので、いつもより小さめ画像でお届けします。
クリックしても大きくなりません。

正直、こんな天気の日は、そんなに早起きする必要などないのですが、
今にも降り出しそうなので、雨が降るまでに見れるだけ見ておきたいという気持ちから
結局この日も5時起き、6時前には長野市内のホテルをチェックアウトして、
ここに着いたのは6時半ごろ。
こんな曇天の早朝にわざわざ早出する人もなく、ひっそりとしていました。
1人だけ、人に会ったかな…程度。



もちろん乗る人もいないボート。
っていうか、ここ、後日、晴れの日にも来たんだけど、ボートは出てなかったような。
いつ誰がどういう状況で乗るものなのか?
夏なら賑わうんでしょうかね?


とりあえず、池の周りに道があったので歩いてみました。





風さえやんでいれば、風景が池に映りこみ、それなりには見える。
でもやっぱり晴れじゃないと空が白くて冴えないし、
なんと言っても紅葉の色が沈んでしまってどうしようもないです。



こういう場所も、曇ってたらつまらないんだけど、
晴れてたらかなり爽やかで良い感じだと思うんですよ。


適当なところで引き返して車に戻るとします。



曇りも曇りなのですが、どうも、一番いい感じに見える場所というのが、
朝は逆光なのが、ここの弱いところ…。
朝一で来たのは失敗だった。
まあこの天気だから逆光も何もないけど、
それでも少しは光がある方向というのは分かるわけで…。

ま、後々のために、ここは、朝は向かない ってことが分かっただけでも、
下見としては、収穫あり、ですかね。


本当なら、田ノ原湿原へと続く道があったので、せっかくだから歩いて行ってもよかったのですが、
車をこっちに置いてしまってる以上、田ノ原湿原まで歩いて行ってしまうと、
また同じ道を歩いて戻ってこなければならないわけで、なんだかかなり無駄があるような気がして、
歩いて行くのはやめました。
(すぐ近くなのですが、このあと、車で行きます。)



まあ、なんとも地味な木戸池でした。
ここには後日また来る予定で、紅葉の進み具合のチェックのために寄った、
っていう意味合いもあるので、この日についてはこれでいいんですけどね。
この日の紅葉具合は、まだほんの少し早いような? と、感じました。



1日目-7.志賀高原・平床の夕景 へ戻る ←   → 2日目-2.志賀高原・やはり曇天の田ノ原湿原 へ進む 

信州紅葉2008index 







  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/595-6943be55




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。