スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

紅葉の信州4日目-1 米子大瀑布 山道編 2008.10.16

2008年10月16日(木) 晴れ 気温(長野)20.6℃/6.9℃

この旅行に行く前、何気なくつけていた、地元のローカル番組で、
なぜか地元じゃない、長野県須坂市の米子大瀑布を紹介していて、
興味が沸いたので調べてみたら、けっこうよさそう、しかも日程的にちょうど見頃になりそう。
メジャーどころばかりじゃなく、こういうマイナーなところもぜひ行程に組み込みたい、
と思っていたので、ぜひ行くことに決定しました。
参考…須坂市のHPでの紹介ページ 

が、ここ、途中の道が狭く、さらに、駐車場も十分とは言えないようなので、
必要不可欠な条件として、平日の朝に行くこと。これだけは外せない。



ってことで、この日も、朝6時には出発です。
本当は5時半には出たかったんだけど、前日の疲れが…。
私の車のナビには、悲しいことに、米子大瀑布は存在しないので、
その近くと思われる適当な場所を目的地セットし、後は勘で動くことに…。
(大抵はそれで何とかなる。が、人には行き方とか説明できません…。)
途中まで、本当に、何もない、田園の中をひたすら走ります。


そろそろ不安になり始めた頃、↓こんな案内板が出てきます。

これが出てくればもう安心、後は迷う場所はないです。
ただし、突然山道になり、道幅は狭くなります。
私がここに到達したのは7時少し前でしたが、その時間だと対向車も後続車もなく、
走るのに困る場所は全くありませんでした。

むしろ、なにも早朝出発なんてしなくてもよかったんじゃないか?ぐらいに
思える空きっぷりでした。
(後で、それはとんでもない間違いで、やはり早朝に行っといてよかった、と思うことになりますが。)


最初は眺望悪かったんですが、途中からきれいに山が見えてきました!



ズームで。


更にズームで。


なんだかすごい紅葉です! 険しい山に、紅葉が張り付いている感じ。
ちょっと霞んでますが、こういう日は逆にこの後よく晴れる気がします。雲もないし。

道幅が狭いので、ゆっくり写真撮るとかは無理です。
この日も、前後に全く車が来てなかったので撮りましたが、
もし車が来ても、いつでも発車できるように、車の中からちょこちょこ
慌てて撮った、って程度しかできませんでした。
ここらでちゃんとした駐車スペースがあったら、下りてゆっくり撮れるんですけどね…。




ところで、気をつけておきたいのは、ここは、10月の土日祝はマイカー規制があること。
(あくまでも2008年のことであり、今後どうなるかは分かりませんが。)

マイカーは、一切入れないらしいです。
それだけは御免だ…。同じ道走っても、時間が倍はかかる。
それはともかくとして、何が嫌って、始発が8時30分発(到着9時25分)という中途半端さ。
それだと、着いて、歩いて、滝見て、戻ってきて、更にシャトルバスに乗って駐車場まで着くと
どう考えても昼を過ぎてしまう…。
下手したらここだけで1日がつぶれることに…。
なのに往復1500円もかかるという。
せめて始発を6時30分か、最悪でも7時にしてくれればまた話も別なんだけど…。

なので、今回、最も平日に行かねばならなかった場所は間違いなくここです。
まだ分からないけど、道路事情見てたら、将来的に紅葉時期は平日もマイカー規制になりかねないので
ここだけは絶対今年行きたかったし、天気も晴れてほしかったんですよね。

まあ逆に平日はシャトルバスがないので、マイカーじゃない人は逆に土日のがいいかもしれませんが。






絶景を堪能しながら、30分ほど山道を走り、駐車場到着。
景色がきれいだったので、全然長く感じませんでした。

駐車場に着いたのは、7時30分頃。
途中、5分ほど道に迷いましたが、だいたい長野市中心部から1時間30分ぐらいかかりました。
思ってたより時間がかかってしまった。
駐車場には既に10台ぐらいの車がありました。
人は2人しか見かけませんでしたが…。

一応70台停められるそうですが、この時間で既に10台埋まってるとなると、
やっぱり人が動き出す時間になるとけっこう危ないかも…と思った。



で、駐車場からは、歩いて登りです。

0.8km っていうと、すぐって気がするでしょう?
私も最初はそう思ってたんですよ。



とにかく歩き始めます。
さっき、2人、人を見かけたから入っていく勇気が出たけど、
なんだか山はこの時間でもまだ薄暗くて、熊、出そう? と思って少々ドキドキしながら…。
それにしてもこのあたり、ほとんど紅葉してません。大丈夫なのか?
そういう意味でも不安になる…。

でも、ちらっと、上の方が見えると、ちゃんと紅葉している。


こ、これならきっと大丈夫ですよね。
空もかなりすっきりしてきました。
さっき、車でのぼってきてる段階では、まだまだ朝のモヤッとした空だったのが、
この時間になると、くっきりした空に変わるんですよねー。7時40分です。



渓谷に近づいたり離れたりしながら進みます。
けっこう登りが多くてきつい…。


はー、だいぶん歩いたな! と思った頃に案内板発見。


え・・・スタート地点は、0.8kmだったような?

てことは、まだ、200mしか進んでない ってこと???

…こんなにガックリする表示はなかったですねえ…。


でも、ガックリばかりもしてられないので、進みます。
というのも、この日、朝一で来たのは、道や駐車場が混むからってのもあるけど、
滝自体が朝の方がいいっていう情報を仕入れてたからなんですよね。
道や駐車場が混むなんていわれても、しょせん平日だし、そんなに混まないだろう
と、侮っていたので、むしろ、滝を朝に見たくて早く来たって要素の方が強い。
(休日のシャトルバスが嫌なのも、始発に乗っても朝早く到着できないからだし。)

なので、もたもたしてられません。
休憩など取ってるまもなく登ります。




このあたり、紅葉はまだだけど、色づいてきたらけっこうきれいだろうなあ。
あと、もう少し日が当たってれば…。
もう少しゆっくり写真撮りたい気もしましたが、とにかく急いでいるのでスルーです。



あと400メートル…。まだ半分しか来てないのか…。
それにしても、ここはとにかく進まない…。
こんなに進まない道、知らんわ…ってくらい進まない。
この表示があるたびに、ガックリする自分がいる。




木が多い場所を通ってるから暗いんですが、それを抜けると、かなり明るそう。
ちょっと上がってきたからか、少し紅葉っぽくなってきました。

木が多くて薄暗い森や山道を歩くのは、
風が来ないので暑い上、途中の道も単調で、写真撮るべき場所もなく、
写真を撮るという名目で休憩をとることができないので基本嫌いなんですが、
この時間は涼しかった上、急いでいたので写真タイムなんかとってる暇ないんで
逆にちょうどよかったです。




やっと最後のポイント…。
200メートル刻みにあるんだけど、どの区間も、
「本当にさっきの場所から、まだ200メートルしか来てないの・・・???」
って思う場所ばかりでした…。
見るたびに疲れが倍増する案内板って…。




ここは滝が2つあるんですが、1つめの滝が見えてきました。
まあ、道進むとまたすぐ見えなくなるんですが。
そもそも、この滝は、ここから見るのが一番ってわけじゃないし、
とにかく急いでいることだし、ササッと数枚撮って更に進みます。



気付けばけっこう高い位置にきてます。
そりゃ疲れるはずだ…。
とにかくもうクタクタですよ。
休みつつ登るとそう大変でもない気もするんですが、
急いで歩いてるのでとにかく疲れる…。



そして、やっと奥の院に着いた~!!!


と、喜んだのも束の間、すぐに、絶望のどん底に突き落とされるものを見つけてしまいました。



ベストビューポイント! (徒歩10分)

いやあ、泣けましたね…ふ…。
あと400m…200m…だいぶん進んだからあと100mかな…なんて感じで
そう考えるのだけを支えにきていたのに…。

あまりにショックで、奥の院の写真をまともに撮っとりません…。
ここで少し休んでから行けばいいものを、
私は、このベストビューポイントからの風景が見たくて来たわけで、
その場所は朝の方が条件がいい、となると、ゆっくりしてられない。
奥の院やその周辺はまた後で戻ってくる事にして、更に進みます。




奥の院から先は、いったん下り。
ああ、下るとまた登らなきゃならないじゃないか…勿体無い…。
この川は、滝からきてる川かな?



少し進むと、さっきのとは違う、もう1つの滝が見えてきました。
紅葉もきれいです。
…しかし、さっきから気になってるんだけど、どっちの滝も、既に影???



滝を少しアップで。

ちょっと不安を抱えつつ、ここを越えると、すぐにビュースポットです。



3日目-8.夕刻の乗鞍高原 へ戻る ←   → 4日目-2.米子大瀑布 眺望編 へ進む 
 
信州紅葉2008index 







  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/609-a3bf7f96




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。