スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

紅葉の信州4日目-3 米子大瀑布 滝編 2008.10.16

2008年10月16日(木)  その3

米子大瀑布のベストビューポイントはとりあえず堪能したので、
次は不動滝を見ることにしました。



順路の順に行けば全て見ながら一周できたものを、
一刻も早くベストビューポイントに行きたかったがために変則的な動き方をする羽目に…。
本来なら引き返すことなんてないんですが、仕方ないので来た道を引き返します。



奥の院に戻ってきました。



さっき、来る時にスルーしてしまったというのはこれ。
奥の院の裏にあります。



これが不動滝。
近くで見るとかなりの迫力なのに、写真に撮ると迫力がなくなるのは…なぜ? 泣
そもそも、影ってのがきびしいんですよね。
滝って影の場所が多いですよね…まあ山の中だからしょうがないんだけど。

ここ、見る場所が狭いので、人が一斉に来るとけっこう大変なことになりそうでした。
私が行った時は、3~4人しかいなかったので問題なかったですが。


そして、この滝のあたりからの紅葉も、また素晴らしいのです。


こういうの、滝と一緒に入れられたらなあ…と思ったんですが、できませんでした。


遠くの山もまさに秋色。



滝をアップで。
ああ、これが順光ならなあ。
まあ、滝を撮るというのに、三脚は置いてきたので(山道がきつそうだったから…)
その時点で本格的な滝撮影はできないわけなんですけどね。


さらにもう少し歩くと別の展望台があるというので行ってみました。
(なんだか、着いたと思ったら、その先がまだある、というパターンの連続で、
ここでは精神的に疲れました…笑)


ここも見事に影。
だけど、これは見てよかった。
撮影条件悪いから写真はいまいちだけど、これぞ秘境の滝って感じでとてもきれいでした!
ここまで来てるんなら、ぜひ行きましょう。




滝も見たので、戻ることにします。
またベストポイントへいってその先の道を…とも思ったんですが、
どう考えてもそっちの方が距離も長いし、険しいらしいし、けっこう歩き疲れていたので、
来た時の道を引き返すことにしました。



奥の院の横を通り、来た時の登山道?へ。この時点で10時。
なんだかんだと駐車場に到着してからもう2時間半も経っている。
けっこう急いでるつもりなのだが…。



帰る時、かなりの人数の登ってくる人と会いました…。
…早めに来て本当によかった…と、心から思いました。
駐車場のこともあるし、ここは絶対なるべく早い時間に行った方がいいです。


下る途中で見た、権現滝。



行きも同じような構図で撮ってたけど、帰りの方が、紅葉に日が当たっていてよかった。
滝はどっちにしても日は当たってないですが。



行きは全くの影状態だった渓谷にも日が当たっていてとてもきれい。



下りはかなり得意なので、すたすた降りますよー。



これも行きにも撮った場所だけど全然イメージが違うので、1枚。
ここは、朝は朝なり、今は今なりのよさがありました。

行きは奥の院まで35分、帰りは20分弱ってぐらいでした。
(奥の院からビュースポットとか、奥の院から滝とかの時間は入れてません。)


駐車場に戻ってきてびっくり。
もう既に車は満車状態で、出る車がない限り、入れない状況になってました。
駐車場付近でもゆっくり写真撮って~とか思ってましたが、
なんだか雰囲気的にそんなのんびりできる感じでもなかったので、
ちょっと慌てて出る羽目に…。



帰り道の紅葉。

更にびっくりしたのが、駐車場に入れない車が、列を成して待っているわけですが、
まず10台ぐらい並んでて、それだけかと思っていたら、
またしばらく距離をあけた先に、10台ほど、
そのあとまたしばらく距離をあけて、その先に50台ほど…
その先にまた40台ほど…

と、恐ろしい数の車が待っているじゃないですか…。
朝7時30分には、1台も会わなかったのに。
ずらーーっと並んでる車を写真撮りたかったけど、さすがに怖くてできませんでした。笑

ちょっとずつ道あけてるのは、道幅狭くて離合困難な場所は、
交通整理をしている人がいて、あけてあるみたいですね。
これはコストもかかるし大変だと思う…というか、
米子大瀑布の遊歩道、普通に歩いて1周1時間30分だそうで、
写真撮る人はもっとかかるだろうし、
あんないい広々とした場所があるなら弁当広げる人もいるだろうし、
一人あたりの滞在時間がかなり長くなる場所だと思うのですよ。

10時30分の時点で100台ぐらい待ってるとなると、
この人たちは一体何時に入れるのだろう? と、こっちが心配をしてしまう…。
道が狭いからUターンして引き返すのもなかなか至難の技だし。

こりゃ、休日にマイカー規制が入るのはしょうがないな、と思いました。
道路自体が混むわけじゃないので、駐車場さえもうちょっと広ければねえ…。



なんだかんだと、この旅行の6日間、混んでたのは、
白根山の湯釜と、ここ、米子大瀑布の帰り道 だけだった、という…。
その他の場所が予想以上に空いてる場所ばかりだったので、余計に意外でした。
関西ではあまり知られてないと思うんですが、
長野の地元の人の中では有名な場所なんですかね…。



4日目-2.米子大瀑布 眺望編 へ戻る ←   → 4日目-4.志賀高原・木戸池 へ進む 
 
信州紅葉2008index 








  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:2

コメント

こんにちは
米子大瀑布は見応えのある風景ですね。
紅葉もきれいし、空も青く申し分ないお天気なのに、滝が太陽が当たっていたら、素敵な写真が撮れたでしょうね。
浮動滝、権現滝、最後の不動滝もすてきですね。
途中の案内標識の距離は標識の通りだったんですか、私たちが歩くのは標識を頼りに歩くことって
けっこうありますからね。歩いても、歩いてもという感じですが・・・・
  1. 2009/07/23(木) 10:15:37 |
  2. URL |
  3. フジモト #-
  4. [ 編集]

フジモトさん、こんにちは。
米子大瀑布は日当たり的にかなり立地がきびしいです。
この時間が最高という時間帯がないような気がします…。
むしろ次の機会があれば、あえて曇りの日に行ってみたい気も…。
でもそしたら紅葉の鮮やかさがなくなってしまいますが。

途中の距離表示ですが、いくらなんでも違う距離が書いてあるとは思えないので、
多分その距離であってるんだとは思うのですが、
けっこう登りがきつかったのと、ずっと木に覆われた場所で単調だったのとで
長く感じた気がします。
  1. 2009/07/23(木) 11:36:23 |
  2. URL |
  3. かわ(管理人) #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/611-e69590eb




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。