スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

閑谷学校・櫂の木紅葉 朝編 2008.11.12

2008年11月12日(水)快晴   気温(和気)19.3℃/2.3℃

前夜、ライトアップを見に行った、岡山県備前市の閑谷(しずたに)学校の櫂の木の紅葉が、
予想以上によかったので、翌朝、今度は日中の紅葉を見に行くことにしました。
開門は9時なのですが、開門と同時に入るのはもちろんとして、
その前に、外から見える風景も撮っておこうってことで、8時30分頃の到着で。
駐車場が既に開いてるか心配でしたが、停められました。
さすがに開門30分前というと、ガラガラで、好きな場所に停め放題でした。


まず、駐車場付近から。
この前日までは1週間ほどぐずついた天気が続いていたのですが、
昨夜から晴れに転じ、この日もスカッと晴れ。

雨や曇りの翌日の快晴は特にいいですねえ。
まあちょっと晴れすぎてて撮影が難しいってのもあるんですが…。



これは、ちょっと高い場所から、中を見てみました。
開門前だから人が居なくて気持ちいいです…。




ちょっと近づいてみます。

というのも、早く着いて、見たかったのは、↓これ。



正門から見える紅葉。

この門は、見学者が入れる門ではなく、見学者の門はもっと横の方にあるんですが、
入場できる時間帯になると、この門と紅葉の間に人が入ってしまうので
なかなかうまく撮れそうにないのだ…。
見学者用の門が開く15分前ぐらいに扉を開けて中が見えるようにしてくれます。



うーん…ちょっと中央がずれてますね…。

でも、ここでの撮影、けっこう大変なんですよ…。

だって、↓こういう状態だから…。


いやあ…正直、こういう状態になってるとこに潜り込むのは非常に苦手で、
そもそも、興醒めというか…やる気がなくなるんですが、
まだ中には入れない状態だったのでトライできたって感じでしょうか。

群がるカメラマンもだけど、それにも負けず門の前で記念撮影する強者などもいて、
なかなか撮影に苦心しました…。



そうこうしているうちに、開門時間になったので中に入ります。


人がいない状態で撮れるのは、最初の数分だけです。



真正面のこの位置には、三脚がずらーり…。

その状態って、またも私がものすごく気持ち的に萎え萎えになるシチュエーションなのですが、
ここでうっかり木に近づくと、怒られるんで、近寄ることもできず、
しょうがないから私もその一団に混ざって撮りました…。

正直、この時点の雰囲気は最悪だった…。
この空気に全く気付かず、うっかり木の真下に行ってた人に、罵声を浴びせるカメラマンがいたり…。
一体何様なんだろうと…。
私もこっち側に混ざって写真撮ってると、その罵声浴びせてる人と同類に見られてしまうんだろうな
と思うと、それだけで鬱…。
こういう人の多い場所はいっそのこと三脚禁止にしたらいいのに…。
じゃないと、一眼レフそのものが禁止になりそうで本気で嫌なんだけど…。

紅葉はきれいなんだけど、また行きたいかっていうと、
ちょっと躊躇してしまう場所ですね…。
まあ、別の日だったらそんなことはなかったのかもしれないけど…。




しばらくすると、人も増えてきたので、私もちょっと木に近づいてみることができました。
さっきまでの気持ち悪いピリピリムードもなくなり、のんびりと撮影開始です。




木の下に入ってみたり。
それにしても大きい。
この日は、一応見頃できれいだったけど、ほんの少し遅いかな???ぐらいの状態で、
散ってる葉もけっこう多く、最盛期はもっとすごいんだろうと思う。



葉っぱのアップ。
この櫂の木、中国・孔子廟より持ち帰られ、移植された…らしいですが、本当なんですかねえ?
どうも遥か昔過ぎることっていまいち信じられんタイプでして…。(だから歴史は大の苦手。)
木の大きさから察するに、相当昔のことだと思うし…。




それにしても鮮やかな色。



さて、紅葉は、逆光の方が映える という法則のもと、2本の木の真ん中の階段を上り、
上から見てみたんですが…。



う~ん…なぜか、不発…。
いや本当、なんでだ??
とりあえず、逆光で撮るのはあきらめた。


次は、ライトアップ時は入れなかった、講堂の方へ行ってみます。


昼間に見ると、屋根の備前焼の瓦も、尚更美しい…。



上がれるのは廊下までですが、紅葉が床に映ってこれまた美しい…。



なかなか見事な床紅葉状態です。



人が途切れるのを一応待ったんだけど、
右の方、人の影が入ってしまってるのが、私の中途半端なところだ…。



講堂の廊下から見る櫂の木。
この櫂の木、広場から見ると、真北、講堂のあたりからでも北東、
とにかくほとんどすべて北側に見える感じになるので、
特に、太陽高度の低いこの時期は時間帯は選ばないと思う。
写真撮るには大変都合のいい場所です。



櫂の木、さらにアップで。




この位置は、ライトアップの時のがよかったかな。



屋根と木をズーム。





再び、木に近づいてみました。



さっきよりもさらに人が増えている…。
でも、光の当たり方は、さっきよりよくなってる気がする。
この時点で、10時30分ぐらい。

昨日もライトアップで撮ったけど、縦構図で講堂との絡みを…。




赤い方も黄色い方も捨て難かったので両方…。





黄色の木の方がアップ写真多いですが、決して赤い方も悪いわけではなく…
なんていうか、赤の方は、実物はなんとも言えない微妙な色合いでとてもきれいだったんですが、
私の技術ではその微妙な色を写しきれなくて、つい黄色の方を中心になってしまってる次第です。
赤い方の木も本当にきれいです。
なんと言っても、木の存在感そのものがすごいので、やっぱり直接この目で見るのが一番です。



赤と黄色が交わってる部分。
これまた絶妙な色合いが美しかった。
本当はもっと引いて撮りたかったんですが、人多すぎて、断念…。



時刻は10時50分。
みるみる人が増えていく…さすがにちょっと写真撮るのも困難になってきたので、
そろそろ立ち去ることにしました。
10時30分過ぎると急に増えた気がします。観光バスが着いたりして…。
まともに見られるのはやはり9時台だと思う。

しかし、9時に入って1時間50分…。
そりゃ昨夜のライトアップが1時間しか見られなかったのは、時間が足りないはずだわ…。
三脚撮影だとさらに時間がかかるのに…。
あ、写真撮る人じゃなければ、所要時間そんなに要りませんよ。
30分もあれば十分ではないかと。



ってことで、帰途についたのは11時頃。
まだ早いので、ちょっと遠いけど、せっかく岡山に来てるんだし、なんといってもこの天気、
このまま帰るのは勿体無いので、
ちょっと遠いけど、今見頃だという、奥津渓へ行ってみることにしました。


閑谷学校 櫂の木紅葉ライトアップ2008.11.11 ←   → 紅葉の奥津渓2008.11.12

 
紅葉index









  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:2

コメント

私も思いました、罵声を浴びせるカメラマンがいちばん邪魔してたように思います。長~いこと陣取って、そのうえ罵声・・
   仲間に加わりたくないと

同じ日に行ってましたぁ   
   快晴でしたねー
  1. 2009/10/22(木) 22:39:40 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

同じ日に行かれてましたか。
最近、特に、ああいうカメラマンが増えた気がします。
本当に残念です。

でも、天気は本当にきれいな晴れでしたね。
  1. 2009/10/24(土) 03:22:55 |
  2. URL |
  3. かわ(管理人) #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/639-2413abaa




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。