スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

紅葉の天滝渓谷 2008.11.14

2008年11月14日(金)霧のち晴れ   気温(和田山)19.5℃/6.5℃

竹田城を見た後、この日は、前々から気になっていた、
兵庫県養父市大屋町の、天滝渓谷の紅葉を見に行ってみることにしました。

しかし、ここ、NHKの兵庫ローカルで、この時期の夕方に、紅葉見頃情報が出るから
名前を知っている程度…。
NHK情報も、画像が出るわけじゃなく、文字で「見頃」とか書いてあるだけ。
天滝の写真は、ネット探ればいろいろ出てくるものの、紅葉のものはさほど多くない。
更に言うと、見頃の時間が分からない。
滝や渓谷って、時間帯外したら、真っ暗になってしまい、
目で見たらきれいなはずの場所も、写真に撮るとさっぱりってことはとても多いのに。

とにかく、情報の少なさ故、ここをメインの目的地として行くには遠すぎてリスクが大きすぎる。
が、竹田城のついでに来た、というのなら話は別。
距離的にもそんなに遠くないし、既に竹田城では目的だった雲海も見られている。
仮に天滝を壮絶に外したところで、そんなにダメージはない。

などと、予防線を張りながら、天滝渓谷に向かいました。
和田山を過ぎた頃から、すっかり霧はなくなり、快晴です。

そして、駐車場に到着したのが10時10分頃。
15台ぐらいの駐車場でしたが、まだ、あと数台、空いてました。
(でもここ、けっこう満車状態が多いらしいです。
ここに停められない場合は、更に下のレストハウスに停める事になります。)



駐車場に、このようなマップがありました。
天滝まで約1.2km…らしい。
天滝までは一本道なので、地図など頭に入れなくても着きますけどね。


それはともかく、どうしよう と思ったのが、↓これ。



えっと…。これって、山登りだったの…?
めっちゃ軽装なんですが、大丈夫なのか???

しかも、熊まで出るの???

しかも、天滝まで40分かかるとは…。
1.2kmを普通に歩けば、20分あれば余裕で着きますよね。
それが、40分かかるってことは…。

・・・想像していたよりも、かなりハードなようです。
先日、大台ケ原で体力の限界を感じた私はすっかり自信をなくしているので、
余計に不安になります。

しかし、せっかくここまで来て、
しかも、せっかくうまく駐車場にも停められたんだから、行くしかない。



駐車場を出るとすぐに登山道開始。
このような感じの道が続きます。
スタート地点に立ったときは気が遠くなりました。

でも不思議と、そんなにきつくなかったです。
割と平らな部分も混ざってたし、勾配もさほどきつくないし。
一見、かなりきつそうに見えるんですが、死にそうになる場所は特になく…。
大台ケ原 はおろか、米子大瀑布 よりも楽でした。
ちょっと自信が復活しました。
やはり大台ケ原が強烈だっただけで、以前よりも体力ついてると思う。
あとやっぱり、大台ケ原はリュック背負ってたけど、ここはウエストバッグだけだったことと。
どうも私、リュックにかなり体力奪われる体質って気が…。

※きつい・きつくない は、かなり個人差があると思いますので、あまり参考にはされませんよう。
 特にこの時の私、気候的に得意な時期な上、ここは常に日陰で苦手な直射日光も浴びず、
 しかも10月にいろいろ鍛えた直後なので、体力MAX状態ですので。



天滝までの1.2km、常に登山道の横には渓谷があり、時々滝などもあり、爽やかです。
マイナスイオンですねー。気持ちいいです。11月の山の空気って、ホントいいわー。

道中のこういう滝もひとつひとつじっくり撮ればそれなりに撮れそうだけど、
肝心の天滝に早く着きたい(見頃の時間帯が何時か分からないので…)のと、
あまりに薄暗すぎて三脚なしだときびしそうなので、あまり撮りませんでした。
いくら、この道がめちゃくちゃきついわけじゃないとはいえ、
さすがに三脚持って歩くのはきつそうだし、
ずっとこの先も、この辺の滝を撮る機会はないだろう…。


山の中はあまりに薄暗く、本当に天滝のあたりは紅葉してるのかなー と、不安になりつつも
時々日の当たってる場所が見えて、そういう場所はとても鮮やか。


それにしてもいい天気。
朝に霧が出る日は、その後の天気は最高 ってことが多いですからねー。



更にどんどん登ります。
それにしても、薄暗い場所が続きます。
この日は晴天、紅葉も見頃だったためか、人がちらほらいたのでよかったですが、
全く誰もいなかったらちょっと怖かったかも…。(特に熊が…。)
このような好条件でも、人の数は知れてるし…。
もう少し有名なのかなと思ってたけど、やっぱりマイナー場所なんですかねー…。
ただ、その割には、来てる人、軽装のハイキング気分的な人ばっかりだったし、
そんなに本格的って場所でもないんですが。




これは天滝じゃないですよ。
途中の道、本当にたくさん滝がありました。
滝にも1つ1つ名前がついてるようなんですが、
いろいろありすぎていちいちチェックしてられない状態…。(すみません…。)
上の方に見えてる紅葉に期待しつつも、天滝自体がこういうふうに
影になってたらどうしよう…という不安も大きくなってくる。






そんなこんなで、ひたすら日陰の中、歩くこと50分…。
余裕発言の割に、本来の所要時間より10分多くかかっているけど(でも写真撮りながらだし…)
とにかく50分、歩いた先には…。


突然、空が開け、目の前には天滝が!!!




滝自体もかなりすごいんだけど、
今までずっと日陰の日の当たらない森の中を歩いて来ただけに、
突然色鮮やかな世界になったことにちょっと感動…。



付近の木々も光り輝いております…。


更に階段を上って(最後の最後にこれがけっこうきつい)、
違う角度からの天滝。


何がよかったって、太陽の向きです。
信州でもいくつか滝を見たけど、いつも逆光だったり、既に影に入ってしまってたりで、
そういうのはいくら立派な滝でもどうもインパクトが弱いんですが、
今回は時間帯もよく、澄んだきれいな晴れでくっきり、青空もきれいで、
さまざまな気象条件が揃ってたので、更に迫力があったんはないかと思う。
正直、けっこう立派な滝だとは聞いてたものの、ここまでとは思ってなかった。



滝の周囲を、紅葉が彩ります。






しかし…残念だったのは、私の、滝撮影の経験と知識の少なさ…。
もっと上手な人が撮ったら、もっと迫力のある写真になってるんだろうな…と心底思う…。
実際の滝は、この写真などよりも、もっと迫力あったし…。

せめて前日に付け焼刃でもいいから滝撮影の基本だけでも調べてくればよかった、
と、後悔しました…。
前日は、竹田城で雲海が見られるか? の方に気を取られていて、
気象系のことばかり調べていました…。




滝の横の方はこのような感じ。
この後、もっと紅葉するのか否かは不明。
山だからこの程度かもしれません。



水しぶきがかかるかかからないかの微妙な場所。
もっと近づけたんですが、水しぶきがかかって、新品カメラが壊れるのが嫌なので
中途半端な場所までで…(苦笑)



まさに、天滝 って名前がぴったりだな、って思いながら…。


実はこの天滝のコース、天滝の先に、まだ高原とか俵石とか、ちょこっと見所があるんですが、
私は、今回は最初から、天滝までで引き返そう と考えていたので、
ここまでで戻るつもりだったんですが、
この先に進む道を見てると、その道の途中からもまだ滝が見えそうだな、と思い、
もう少しだけその先を進んでみました。(これまた上り坂。)


さっきまでは天滝を見上げる感じが強かったのですが、今度は真横から見る感じ。
それはともかくとして、ここからの紅葉がとてもよかった!


さっき、下から見た時は、紅葉少なめ? 色も地味? まあでもこんなもんかな…。
って感じだったのが、ほんのちょっと登っただけで、なぜか真っ赤な紅葉に囲まれた滝に…。
下からだと見えないのが不思議。




鮮やかな赤→オレンジのグラデーションも、素晴らしい…。
あのまま引き返さないでよかった!
更に進んだ って言っても、せいぜい50mほどなんですよ。
その先にこんなきれいな紅葉に包まれた滝が待っているとは…。
紅葉の時期に行かれる方は、天滝を展望する場所から、更に少しだけ
道を進んでみることをオススメしますー。



それにしても…本当…もっと滝撮影の勉強をしてくればよかった…。
次に滝撮影する時は絶対勉強していこう。
と思いながら、それ以降、滝に行く機会は全くなくなってしまったが…。


最後に、正面から。


この写真は展望台から撮ったものですが、
この展望台のところ、到着した時、記念撮影をしてる人がいたので、
ま、後で、帰る時に撮ればいっか、 と思って、後回しにしていたのですが、
いざ、帰るときに撮ろうと行ってみると、ちょうど20名ぐらいの団体様が到着、
その展望台のベンチに座り弁当を広げ始めまして…。

ベンチが滝の方を向いているので、展望台から写真撮ろうと思ったら、
その人らの前に入って、視界を塞ぐ感じで撮らねばならず、全く落ち着いて撮れませんでした…。
でも弁当終わるの待ってられないし…。
っていうか、こんなとこにまで団体様が来るとは…。
最初は人ちらほらでいい感じだったのに…。

ま、もう、帰るだけなのでいいんですけどね…。


滝周辺でそれなりにゆっくりした後は、さささっと下山しました。
行きは50分かかりましたが、帰りは25分で下りられました。



下りてきて、駐車場見ると、満杯…。
というか、溢れている…。
写ってないけどまだ他にも道にも停まっていて、これ以上はどう考えても無理です。
いやー…いい時に来たなと思いましたよ…。

ま、この写真に後ろ姿が写ってる人たちと、そして私が帰ったので
この後2台空くんで、そうやって回転してくのかもしれませんが…。
でも到達するのに時間のかかる場所だから、あんまり回転がよくなさそうなんですよね…。


ともあれ、紅葉といい、天気といい、絶好の条件で滝が見られて、なかなか満足度高かったです。
滝は、南東方向を向いているようなので、午後遅めとかじゃなかったら、
それなりにいい感じに見られる場所なのではないかな、と思いました。
見頃時間帯は長そうなイメージでした。




紅葉早めの高源寺 ←   → 紅葉の阿瀬渓谷

 
紅葉index









  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:4

コメント

紅葉の天滝はいいですね。私も天滝には2回行きました。最後の展望台までの坂、階段がきついですね。展望台から上に行ったことがなかったのですが、少し上に行くと素敵なアングル、紅葉ですね。
今度、行ったら展望台の上に行ってみます。
  1. 2009/09/11(金) 21:28:37 |
  2. URL |
  3. フジモト #-
  4. [ 編集]

フジモトさん、こんにちは。
フジモトさんも天滝には行かれたことがあるのですね。
最後の階段はきついですよね。
展望台より更に上の場所からみる滝も、よかったですよ。
ほんの少し上に行っただけで見え方がかなり変わります。
次に行かれたらその時は是非!

  1. 2009/09/11(金) 22:36:30 |
  2. URL |
  3. かわ(管理人) #-
  4. [ 編集]

天滝はその名の通り、まさに天から落ちてくる
ような滝ですよね。私もお気に入りの滝の一つです。
  1. 2009/11/14(土) 16:49:31 |
  2. URL |
  3. しゃけ #-
  4. [ 編集]

しゃけさん、こんにちは。
天滝、いいですよね!
暗い山道をけっこう歩いた先に、ようやく空が見えたところから
落ちてくる滝は、素晴らしいシチュエーションですよね。
今年は行けないままオフシーズンになりつつありますが、
またいつか機会を見つけて行きたい場所です。
  1. 2009/11/15(日) 00:08:29 |
  2. URL |
  3. かわ(管理人) #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/645-5a65db5a




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。