スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

紅葉の滋賀1 湖東三山・西明寺 2008.11.26

2008年11月26日(水)晴れ   気温(彦根)13.8℃/5.5℃


近畿の主要紅葉名所(特に京都)の見頃は、ほとんどの年は、11月最終週です。
なのに、例年、この時期はなぜか天気がよくないことが多い…。
この週、予定がつく日でまともに晴れたのはこの日だけでした。

その貴重な1日を、どこへ行くか、かなり迷ったのですが、あえて京都はやめ、
滋賀県の湖東三山と永源寺、という、まるでバスツアーのようなコースを行ってみることにしました。
これもまた、来年からはどうなるか分からないから、
平日に行けるうちに行っておきたい場所だったので…。
まあ京都は去年も一昨年も行ってるし、一番見たかった場所は見頃がまだだったので
翌週に行けばいいか、って気持ちもあったし。

湖東三山では、いちばん見たかったのは金剛輪寺、なのですが、
金剛輪寺は地理的に、三山の真ん中に位置しているので、ここを朝一で行ってしまうと
動きに無駄が…ということで、一番北の西明寺へまず行き、
そこからどんどん南下することにしました。



今年は、11月17日に、京都でも西明寺ってところに行ってますが、もちろん全くの別物です。

湖東三山の各寺の素晴らしいとこは、なんと言っても、拝観が、朝の8時から!! ということ。
大抵の寺は9時から…早いとこでも8時30分から…ってのが主流なので助かります。
その時間には、阪神地区辺りからの団体ツアーは、まだ辿り着きません。

しかも、到着したのは7時50分だったのですが、既に入れる状態でした。
何という親切な…。いい意味で田舎というか、心が温まりますねえ。

ただ、計算外だったのは、写真見てお分かりのように、暗いこと…。
天気は晴れてるんです。が、山が迫っていて、太陽がまだ山の影で、光が来ないんです。
これだと晴れた日に来た意味がない、という暗さですよ…。


ところで、朝早く来てるのなんて、ほとんどが写真撮影目的の人です。
ここは三脚禁止じゃないのか、みんな三脚で撮っててけっこうそれ避けるのが苦労しました…。
まあそれはしょうがないとして、ここでも、通路を外れ、植え込みに入り、
苔を踏みつけて写真撮ってるふとどき者が居ました…。
写真撮影目的の人が数人居ると、必ずこういうのが中に居るんですよねえ…。
しかも、本来分別のあるはずのお年頃の方が…。
本当、1人がこういうことすると、こっちまで同類にされかねないからやめてほしい…。




石段を登って門をくぐると、本堂やら三重塔やらがあるのですが、
それも、全く日が当たらず、このような残念な状態です…。
(大きい写真を載せる気にもならない。)



三重塔の周辺は、紅葉もいい感じだっただけに、尚更残念。



鐘楼の周りにも、いい色づきの紅葉が。
ああ、これで日が当たっていれば…。



ただ、この日は、色づいてる部分についてはけっこういい色だったし、
けっこう肝心な部分が色づいていたので、時期としては悪くなかったけど、
まだまだ色づき過程のものも多く、全体としては、まだちょっと早かったかな?
という印象。
でももしかしたら、日が当たってれば、全体的にももっと紅葉してるように
見えたのかもしれないですが。




下り道、本堂の屋根を入れて。
紅葉と、苔の対比がきれいでした。



同じあたりの位置から、三重塔も。
紅葉の色が少々残念です。
それにしても、既に8時20分なわけだが、一体何時になったら日が当たるんだろう???

本命の、金剛輪寺を朝一に行きたい、と思ってたけど、
こんなになかなか日が当たってこないんなら、2番目に行くことにしといてよかったです。




ただ、やっぱり、朝一でくることのメリットは、この人の少なさ…。
静かで雰囲気は満点。
前日雨が降ったので、尚更、しっとりとしてよい雰囲気でした。





紅葉越しに、山門。
ここの紅葉は、見頃ちょっと手前かな…。




こういうあたりは、きっと光が差し込めば、まばゆいほどの美しさになるんだろうなあ、と、
容易に想像できます。





石段の途中に合流。
ちょうどこの時、門の付近は人が途絶えていました。
こういうのは本当、朝の特権。

門前の紅葉の色が、とてもよかったので、それだけでもこの日ここに来た価値ありです。
ここでは二天門がいちばん見たかったから。
まだ太陽が山の影にある状態で、この色はかなりよいです。





下りてくると、庭園の方もけっこう色づきよさそうに見えたので、
入ってみることにしました。



しかし、こっちも、日当たりが…orz
こりゃあかんわ、と思って、すぐ出ました…。


なるべく早い時間に、次の、金剛輪寺に着きたい、という気持ちがあったのと、
1日で4寺、本当に回れるか不安でもあったので、そろそろ帰るとします。
最後に、もう1度、石段と二天門の方を振り返って…。


暗い中、紅葉だけが真っ赤に浮かび上がる様子は、とても幻想的でした。



更にズームで。
またいつか、機会を改めて、ゆっくり来たいと思います。





ここで撮った、最後の1枚。
ようやく日が当たり始めました。
もう少し粘れば、きっともっといい写真もいろいろ撮れたんじゃないかと思うんですが、
もう9時です。
ここより混雑するであろう金剛輪寺に、早く行かねば、と、気持ちが焦り、
粘るのはあきらめ、移動しました。


なんだか、三山を制覇するためだけに来た、って感じになってしまった西明寺…。
あまりにものひどい扱いに心が痛むよ…。
いつの日か、また滋賀に来ることがあって、その時、ここが一番見頃だったら、
もっとちゃんと見たいと思います…。




京都2日目-9 圓光寺ライトアップ  ←   → 滋賀2 湖東三山・金剛輪寺(前編)参道と庭園 へ進む


紅葉の京都・滋賀2008index













  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/668-2b62eab2




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。