スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

紅葉の滋賀2 湖東三山・金剛輪寺(前編) 参道と庭園 2008.11.26

2008年11月26日(水) その2


湖東三山を北から巡ることにして、1番に西明寺に行った後、次は金剛輪寺に来ました。
西明寺からは、車で5分ぐらい? かなり近くてびっくりしました。

ここは、三山の中でも一番規模が大きく、休みの日などは駐車場も満杯、渋滞も起こったりする
と聞いて、かなりびびってましたが、かなりスムーズに着きました。


これはバス用駐車場。ガラガラです。
普通車用も空いていて、近くに停められました。
ただし、どちらも帰る頃にはいっぱいになってましたが。
やはり、混みそうな場所には、早い時間に行く、ってのは大事です。
まあ早いと言っても、着いたの9時10分ですが。



門の辺りも人が居ません。
三脚持込禁止 の看板がちょっと邪魔…。
まあ、三脚禁止自体は有難いですけどね…。
もう最近、禁止じゃない寺社や庭園などで写真撮るのが苦痛で苦痛で…。
禁止にしてくれると、安心して入れますよ。




参道も、この時間なら、ひっそりとしています。
静寂な雰囲気がいいです。
が、残念ながら、9時でもまだ日が当たらない…。


↓同じあたり(門~入口付近の参道)、帰りに撮ったものです。


門の横の燈籠。



参道もこんなに色が違う…。
同じものとは思えない…。





このあたりは、特に、背の高い木が多くて、朝と昼の落差が激しいと思う。


帰りは12時頃ですが、光が当たってとてもきれいでした。
やっぱり紅葉は、光が当たると300%ぐらいの価値になります。
ただ、やはり、人をよけて撮ろうとすると、思った構図で撮れない…。
精一杯よけても、完全に人がいないのは無理だし。
まあ、三脚禁止なのだけが救いだけど…。
(三脚で写真撮ってる人が入っちゃうのが一番最悪だと思ってるんで…。
彼らは、一旦止まったら動きませんしね…。)


      *   *   *


参道を少し行くと、途中で名勝庭園があります。
最初に、一気に、本堂や三重塔のあたりまで登るか、
それとも、先に庭園を見てから登るか、かなり迷ったのですが、
上まで行って、じっくり堪能して下りてきてからだと、
庭園がだだ混みでろくに撮れない状態になってる気がしたので、
先に寄って行くことにしました。


しかし、まあ、庭園も、日が当たってないと、色も沈みがち…。



額縁風に。
こういう赤は日が当たってたらきっとかなりきれいなんだろうなあと思いながら。




庭園は、さらに奥に進んだ所。




まあこういうのはこういうので、しっとりと情緒があっていいんですけどね。
ちょっと手ぶれしている、というのは、まあ置いといて。



この時間でも、木の上の方、日が当たってる部分は、とても鮮やか。



でも、やっぱり、あまりに日が当たってなかったので、ちょっと残念で、
この後、更に登って上まで行って、その帰りに、また同じ場所を通ったので、
昼頃にも庭園に寄ってみました。



朝とは全く違う、鮮やかさに驚き。
日が当たった方が鮮やかだろうとは思ってたけど、ここまでの差とは。
とても良質な赤の紅葉で、かなりの見応えでした。




朝は撮る気にもなれなかった池の側の紅葉も、昼には目の覚めるような色。
特にオレンジ色系の色づきの木が、より日当たりに左右される感じですね…。
ただし、この時間帯は人多すぎて、道などが入る構図では撮れない…。
構図の自由度は絶対に朝です…。
本当、思うように行かないなあ。




上を見て撮る分には混雑も問題ないです。
色づきもいいし、葉の量も多く、まさに見頃です。
金剛輪寺については、本当に、見頃ぴったりに行けたと思います。
葉の量が多いのは、まだ散ってる葉がないからってのもあるんですが、
2008年は台風が上陸ゼロだったのも大きいんでしょう。



素晴らしい色の紅葉…。



本当、これで人が少なければねえ…。
とにかく観光バスで来てるツアー客の多さに、けっこう辟易としましたよ…。
来てる人の90%以上はツアー客だと思う。平日だから余計にかも…。
個人的にはツアーに参加するってのは拷問のようなものなんだけど、
好きな人って多いんですね…。
まあここは、自分で運転できなきゃ、ものすっごい不便な場所なんで、しょうがないけども。



庭園を出て、さらに参道の続きを登ります。



ここから先の、参道は、かなりすごかった。




道の両側に、ずら~~~~っと地蔵が…。
千体地蔵っていうらしいです。
人も少なく、なんとも言えない雰囲気。
夕方遅めの時間だったらちょっと怖そう…。


大量に居る所もありました。




これだけ並ぶと、かなりの迫力です。
登る時は特に、まだ人が少なかったので、本当に雰囲気ありましたよ…。




庭園から先の参道がけっこう長くて、微妙にのぼりなんで、大変そうなんだけど、
地蔵に気を取られてたら、そんなに苦もなく、到着しました。


なんか、団体ツアーの人については、バスだけに許される?ルートみたいなのがあって、
参道のかなり上の方まで、乗せて行ってくれるらしい…。
ちょうどバスが入ってるところを見て、「こんなとこまでつれてきてくれるのか!?」
と、唖然とした。
(たぶん、帰り(下り)は、自分で下りるんだと思う。つまり普通は往復歩くべきところ、
片道だけ歩けばいい、というふうになってる様子。)

何という特別扱い…。
まあ、そんなに手取り足取りしてもらっても、おもしろくもないし、
行きの参道は、そのおかげでひっそりした雰囲気を味わえたのでいいですけどね…。





そうこうしていると、二天門。

ここをくぐると、ようやく本堂です。


後編に続きます。


滋賀編1 湖東三山・西明寺 へ戻る ←   → 滋賀編3 湖東三山・金剛輪寺(後編)本堂周辺 へ進む

 
紅葉滋賀2008index













  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/669-c582875e




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。