スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

紅葉京都3日目-2 宝厳院 2008.12.1

2008年12月1日(月) その2


天龍寺をぶらっと歩いた後は宝厳院へ。
去年、一番最後にライトアップを見に来て、想像していたよりもよかったので、
今年は昼間にもぜひ見たい、って、楽しみにしていたのです。



宝厳院の入口に着いたのは8時50分。
もちろん、「10分前ぐらいから入れてくれないかな」なんていう、淡い期待を抱いて、でしたが、
甘かったです…。

びっくりしたのが、けっこうな行列になっていたこと…。50人ぐらい並んでた気がする。

よりによって、この2日前の土曜の朝、テレビ(全国ネット)で、しっかり紹介されてしまったんで
嫌な予感がしてたんですよね…。
テレビの紅葉特集は、JR東海のキャンペーンポスターと同じぐらい迷惑だからやめてほしい…。
(あと、新聞に載る写真も…。)
こっちは去年から楽しみにしていたのに、たった2日前の放映で、台無し…。



9時になったので入ります。

で、順路を歩き始めたのですが…。


・・・なんだか、どうも、色が冴えない気がする・・・。
2日前にテレビで見た時にちょうど見頃だったから、嫌な予感はしていたものの…。



なんだか、「赤い」ってよりは、「茶色い」のです…。
去年は、11月30日に来ていて、その時は、まだ黄色いのが目立っていたから、
ここは遅めだと思い、油断していたよ…。



この辺も、明らかに見頃過ぎてます…特に右側のあたりなど…。



しょうがないので、色づいてる所を、大きく写してごまかします…。
しかし、私は、広角写真のが好きなんだ…これじゃ、ダメなんだ…。



でも、順路を進んでいくにつれ、徐々に良くなってきました。




赤じゃなくて、オレンジ色だけど、苔との配色がきれい。



茶色い葉も少なくなってきました。やれやれ。




まあ、もう少し葉が赤かったら、緑と赤のコントラストがもっときれいだったんですけどね。



…なんて思ってたら、更に少し進んだ先に、真っ赤に色づいた大きな木が。


この色この色!
この発色が見られれば大満足。


ちょっと角度を変えて、庭と一緒に。


向こうの方のちょっと淡い色づきの木も、こうやって見ると効果的。
そして、苔の上に落ち葉。
京都の紅葉を見に来たな~って気分が味わえて満足ですー。
よく見ると、向こうの方を人が歩いてるのが入ってるのが少し残念ですが…。
まあ遠いからいいや…。




2008年、幾度となく撮った紅葉のアップの写真では、この日のこれが一番お気に入り。
こんなきれいな色の紅葉がここで見られるとは思ってなかったよ。



木の根元は落ち葉の絨毯で、真っ赤。




待ちさえすれば、人が途切れそうなら待つんですけどね…。



でもとてもとても途切れそうにないので、進みます。





順路最後の方、このあたりは、色づきはオレンジ系だけど、
背の高い気が多くて、圧倒されました。




ところで、さっきから気になってたんですが…。
天龍寺にいた頃は、雲ひとつないスカッとした青空だったのに、
いつの間にか、空は雲優勢になり、けっこう日が遮られる時間が増えてきてるんですが…。
高雄に行った日の二の舞にならないか、不安に…。


庭を順路に沿って1周した後、到着した時よりはすいてきていたので、
もう1周しようかな、とも思ったんですが、今日の大本命は、次の厭離庵。
天気が心配なので、一刻も早く向かった方がいいような気がして、もう1周するのはやめました。


門を出たあたり。

来た時はこの辺も混んでましたが、帰る時にはひっそりと。
大抵の場所は、朝一が一番人少ないはずなんですが、本当、ここは例外でした…。


最後に、紅葉のトンネル。

色とりどりで、とてもきれいでした…。
バックの山も色づき、借景としてとても効果的。
ちょっと光が弱いのがやや残念…。

とにかく天気が気になるので、次、急ぎます。


京都3日目-1 天龍寺 前庭 へ戻る ←    → 京都3日目-3 厭離庵 へ進む

京都紅葉2008index











  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/676-12945968




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。