スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

紅葉京都3日目-5 護法堂弁才天 2008.12.1

2008年12月1日(月) その5

護法堂弁才天の紅葉が見頃で、発色もよいという情報があったので、
化野念仏寺を出た後、立ち寄ってみることにしました。
わざわざここだけに行くのは少々考えてしまいますが、
化野念仏寺からは割と近いので。



バス道に出て、しばらく歩くと、護法堂弁才天っていうバス停があるので、
そこから、山の方?に少し入るとすぐにあります。
とても小さい場所なのですが、手持ちのポケットサイズの地図にも何とか載っていました。

で、紅葉はというと・・・。


たしかに見頃で色もきれいが、
一番いい色の赤のきれいな紅葉には、日が当たらない状態・・・。

うーん…残念…。
見頃だけに、残念さがアップ…。
ここに着いたのは12時30分頃だったので、それぐらいの時間ならどう転んでも大丈夫だろう
って思ってたのが甘かった…。



しかし、後ろの黄色い紅葉は日を浴びて、輝いておりました。
その場に居た人は、自分入れて5人ほど。
ひっそりとした雰囲気がとてもよかったです。



ここも、落ち葉と苔が美しかった。




散り紅葉も美しいけど、けっこう落ち葉もあったので、見頃はやや過ぎ、でしょうか。
色褪せはなかったのでまだまだきれいに見られる状態でしたが、
2~3日早かったらもっと豪華だったことでしょう。



日の当たってる部分はとにかく鮮やかでした。


さて、私は、この後、大沢池に行きたかったんですが、
またバス道へ戻ってちゃんとした道を歩いた方が確実だということは分かってたんですが、
「徒歩移動だし、道が通れなくなったら引き返せばすむことでは?」と思って、
近道と思われる、細~~い道を歩いていってみることにしました。




最初はね…よかったんですよ。
排気ガス浴びながらバス通りを歩くよりは、こういう道の方が風情があるんでは??
なんて思って…。



しかし、だんだん薄暗くなってきて…。
竹の落ち葉が積もった感じの道で、ふわふわして気持ち悪い…。
なんか、虫とかでてきそうで。



進むほどに、風情どころか、ただの荒廃した道に…。
ああ、舗装された道を歩きたい…。あともうすぐなはず。

と思った矢先、道幅いっぱいの、長さ2メートルぐらいにわたる水たまりがあり、
靴をぬらす羽目になり…泣けました…。
それどころじゃなかったので、その水たまりの写真を撮り忘れた…。

よっぽど引き返そうかと思ったんですが、その数十メートル先には、この竹やぶをぬけ、
舗装された道路が見えてたので、また今まで来た嫌な道を引き返す方がより苦痛だと思い…。

とにかく懲りましたよ…。
次に同じ機会があれば、バス通りから行きます…。
あの水たまりも何とか渡れたけど、いくタイミングが悪かったら、もっと大きくて深い
水たまりになってる恐れだってあるし、怖くて行けんわ。


更に嵯峨野の道を少し歩けば、大覚寺。


大覚寺の紅葉って、11月20日の段階でも既に見頃だと思ってたんですが、
まだきれいでした。息の長さにびっくり。まあいろいろ見頃時期の違う気があるんだろうけど。

今回は大覚寺には入らず、更にその東側にある、大沢池へ行きます。
逸れは次記事で。



京都3日目-4 化野念仏寺 へ戻る ←    → 京都3日目-6 大沢池 へ進む
 
京都紅葉2008index











  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/679-289bea1d




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。