スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

OSAKA光のルネサンス・光のフェスティバルゾーン編 2008.12.15

2008年12月15日(月)

去年から気になっていた、OSAKA光のルネサンス。
どの程度の規模なのか、どの程度の混雑なのか、さっぱり分からないまま、
初挑戦してみました。

神戸で昼のルミナリエを見たあと、
三宮から梅田へ出て、まずはニコンでカメラの清掃をしてもらい、その後、地下鉄で淀屋橋へ。
淀屋橋のあたりの中之島周辺が、メイン会場である光のフェスティバルゾーンなのです。



開始時刻は17時だったんですが、着いたのは16時58分。
ここまで計算どおりなのも珍しい。

しかし、計算外だったのが、意外と明るいこと…。
先月末、京都では16時50分ぐらいでもっと暗かったのに…。
やはり盆地と平地では、暗くなる時間が違うのかな…。






とりあえず、この、中之島イルミネーションストリート というのが、
光のルネサンスを象徴する光のアーケードだそうなので、行ってみたんですが、
ルミナリエのイメージで臨んでるものだから、距離の短さや、幅の狭さ、しかも低さに、
え?? あれ??? と。
この時点で初めて気付きました。

ルミナリエより、かなり規模は小さい…。

いや、しかし、たいした混雑もなく、悠々と見られるのはいいんですけどね。
ただ、一方通行じゃないのか、向こうからも人来るし、ごちゃごちゃしてます。

まだ明るくて、イルミが余計に目立たないから実際よりしょぼく見える ということも
考えられるので、しばらくその辺を様子見がてら、一周してから、
再びここのイルミに戻ってくる事にしました。



この建物は、中之島公会堂。

これは文句なく、きれいでしたねー。
空の色もこの時間帯がベストだったと思う。



これは、クリスタルアーチ というらしい。(ブレ写真ですみません。)

事前に見ていた写真では、もっとすごいイメージだったんですが、
意外と小さく、ひっそりしてました…。
時間帯によっては記念写真撮る人がいるかもしれないけど…。
写真ぶれてるから余計貧相に見えてしまってすみません…。

あ、ルミナリエみたいのを想定していたので、三脚持ってきてません。
全て手持ちですので、手ぶれはもう必須だと思っててください…。
(その割には、中之島公会堂などはうまく撮れたと思うんですよ…。)

三脚ですが、当然禁止だろうと思ってましたが、大丈夫のようです。
イルミネーションストリートだけは、ちょっと人が多いので無理ですが、
その他の場所では、余裕で立てられそうです。
次に行くことがあれば、持って行くかも。





この、橋のライトアップもきれいでしたね。
これは、橋の欄干にカメラを置いて撮りました。



このツリー、ザ・ワールドリンキングツリー という大仰な名前がついてるし、
事前にネットで調べた時はもっとすごいのを想像していたので
実際見ると思ってたよりは地味でしたが、でもまあ、いいことは、いい。

それよりも、クロスフィルターを持ってくるの忘れたことに、この時初めて気づいた…。(遅い。)



で、最初の、イルミネーションストリート に戻ってきたわけですが。


周囲は暗くなってて雰囲気は出てきたものの、なんか、さっき見たときより地味なんです。
なんでや!?  と思ったら、
音楽に合わせて約20万球のイルミネーションが踊っているように点滅するショータイム
とやらの時だけが派手な状態になるらしい。
最初、開始すぐの時はその状態だったようだ。
ま、これは、30分おきに、15分間やるので、ちょっと待ってれば遭遇できます。
つまり、全ての時間の半分はショータイム とやら、残り半分がこの状態ってことですね。


とりあえず、少し待とう、と、その辺を撮影。



これは、イルミネーションジュエリー といって、
さっきのイルミネーションストリートの割と近くにあって、まあそれなりにきれいなんですが、
常に、誰かが、このどこかで記念写真撮ってて、ろくに撮れず…。
この写真も、中央に人が入ってますが、これでもまだましな方なんです…。
そういう事情で、さほど写欲は沸きませんでした。


ようやく18時になったので、ショータイムが始まります。やっと本番です。



が、しかし。
さっきも書いたのでくどいですが、
音楽に合わせて約20万球のイルミネーションが踊っているように点滅するショータイム
なのです。
そう、音楽に合わせて、イルミが色が次々変わったり、ついたり消えたりするのです。
つまり。
あ!この状態を撮りたい!
と思ってシャッターを切ったら、その瞬間、大抵既にダメダメになってるのです。
もちろん、露出もめちゃくちゃです。 ↓こんな感じ




撮っても撮っても、これじゃ、ショータイムじゃない時の方が、まだマシじゃないか!!
って写真を連発・・・orz
もうね、疲れたよ私…。
せめて同じ状態を5秒維持してほしい…。めまぐるしく変わりすぎ。

それでもだんだんパターンが読めてきて、ついに来た!気合の一枚!
勘だけでシャッターを切った瞬間、明るく点灯、露出もなぜかぴったり!
と思ったら、画面内にイチャイチャカップルが、すっと入ってきて、
画面のほとんどをふさいでしまったり…。 
カップルとか、死語ですか? いいんですそんなことどうでも。
この瞬間、私の心が折れる音が聞こえました…。もういいよ…。



その後、やけくそで何枚か切ってみて、それなりには撮れたのもあったけど、
明るさやタイミング的にはやっぱりその時のが一番だったのだ…しくしくしく。





一応、なんとか撮れたのはこれぐらいです…。

せめてずっと続いてるんならもっと粘った気がしますが、
15分で一旦終わり、また15分休憩 なんて、待ってられません。
そもそも、秒単位で不規則に変わるイルミって時点で、難易度高すぎ。
それを手持ちで、鹿も手持ちじゃぶれるからと、2秒タイマー使って撮って、
うまく撮れる方がおかしいってもんです…。
もうイルミネーションストリートはあきらめて、
この会場のもうひとつの目玉、ウォールタペストリーを見ることに。
なかなか規模が大きそうで、期待大な感じなのです。

が。



まだ18時15分だぞ!!!

20時15分にはルミナリエの入口にいるつもりの私に、

どうしろって言うんだ!!!


(いや、ハシゴってのがそもそも無理があるんだが…。)


土日祝は、18時から30分おきに計6回行われるこの催し、
平日は、20時と20時30分の2回だけという…。
回数少ないのに時間が近いのがまたなんとも…。



・・・しょうがないので、何も映されていない壁を撮ってきました…。
うん、この建物もなかなか重厚な感じでいいんですよ? いいんだけどさ…。
でもここ、かなり混むそうで、待っててもベストポジションで見られるとは限らないし、
そういうの聞いただけで気持ちは萎え萎え、今後も見ることはないかもなあ…。


まあとにかく、なんだかこう、モヤモヤした気持ちというか、
スッキリしない何かを抱えた撮影となりました。
いや、まあブログネタとしては決して悪くないのだが…。

やるからには、時間帯的に短くなってもいいから、MAXの状態を維持してほしいわ…。
何時からやります、じゃあ、またそれを待つための待ち時間が発生するし、ストレス…。


あえてよかったことと言えば、ここが大規模すぎて時間を取りすぎたら
ルミナリエに間に合わなくなる、という心配をしてたのですが、
それが杞憂に終わった、ってことぐらいですかね…ふ…。

いや、まあ、でもこれはこれでアリだとは思うんですよ。
ルミナリエなどはやっぱりすごいけど、混雑も半端ないし、
こうやってのんびり見られるイルミってのもあっていいと思う。
最初からそういうつもりで来てれば、全然OKな範囲です。



会場を去り際、さっきのツリーを今度は横から。



さてこのOSAKA光のルネサンス、他にも会場があるってことで、
気を取り直して、この後はウェストライトパーク会場にも行ってみました。


それは次回に。


→OSAKA光のルネサンス・WEST LIGHT PARK編

夜景 index











  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/689-ef1e11c1




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。