スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

紅葉京都 名残編 下鴨神社・糺の森 2008.12.18

2008年12月18日(木) 晴れ時々曇り 気温(京都)13.3℃/5.7℃

毎年、行きたいと思いながらも、この時期は、ルミナリエもあったり、
普段暇なくせにこの時期だけは忙しかったり、で、なかなか行けずにいた、嵐山の花灯路。
もしかしたら今年が私の行ける最後のチャンスかもしれない、と思って、
少々無理して出かけました。

で、せっかくなのでちょっと早めに行き、もしかしたら少しぐらいなら残っているかも?と、
遅めの紅葉で有名な、下鴨神社の糺の森(ただすのもり)へ寄ってみました。


参道入口のあたりから。

着いてみてびっくり。
少しぐらいなら残ってるかもとは期待していたものの、ここまで残ってるとは思ってなかった。

まあ、もちろん、11月下旬頃の各名所の鮮やかな紅葉と比べると、くすんでいる感はあるし、
葉もそれなりに散って隙間が多いものの、これも風情、と思える範囲内。
12月18日でこれだけ見られれば上等です。
私が、色づき途中の紅葉よりは、終わりかけの紅葉の方が好きだからっていうのも
大きいだろうけど。



中には、けっこう鮮やかなものもありました。
ま、葉の密度はスカスカですけどね。



晩秋の(というか、もう冬なはずだが…)もの寂しい情緒がとてもいい…。
不思議なもので、11月末に紅葉を見に行ってこの状態だとがっかりするのに、
今回は、とても感動している自分…身勝手な話ですが…。
でも、糺の森自体が、終わりかけの紅葉が似合う場所って気もするんですよね。





紅葉真っ盛りの時期のように混雑していることもなく、人も少なめなのが、またポイント高い。
紅葉はそもそも、あのお祭り騒ぎのような混雑って似合わないんですよねえ。




遥か向こうに鳥居が見えてきました。





紅葉を撮りながら、更に進みます。



そして鳥居。

右側のあたり、紅葉があるんですが、日が当たってなくて全く目立たないのが残念…。


下鴨神社は、この1年で、来るの3回目だったのと、駐車料金的に1時間以内に戻りたかったのと、
花灯路の開始に余裕を見て行きたかったのとで、今回は、神社自体はさらっと見ただけ。




それにしても、人がいなくて、雰囲気がいい…。
12月って観光客の少ない時期ですからねえ…やっぱり冬最高。
しかし、もう1時間早くきとくべきだったが…そしたら日も当たってたかもしれないし。
この時期の15時過ぎはもうダメですねえ。




駐車場に戻りながら撮ったもの。けっこう気に入った場所。
落ち葉が既に茶色いけど、もう少し早く、赤い時期に行けたらもっとよかっただろうなあ。





こうして、ひっそりと、京都は冬に向かうんだなあ…といった、
晩秋の雰囲気たっぷりな糺の森でした。
京都のよさは、こういう時期にこそある!と、思いましたよ。
(いや、真冬のひっそりと、かつ、凛とした感じもいいのだが…。)

いつもは怒涛のような紅葉巡りを終えた途端、いきなり全て終了、って感じで
個人的に紅葉の時期を終えるのですが、
こういう、紅葉が終わっていく様子を見るのも、新鮮でよかったです。
来年からは、終わる時期にもまた行ってみたいなー、と思いました。

長々続いた2008年の紅葉ですが、これで本当に最後です。
本当に2008年は、たくさんの紅葉を見ました。
天候に恵まれたというのもあり、いい条件で見られた場所が多く、
見頃ピークに行けた場所も、ちょっと見頃を外した場所も、今思うと、どこもよかった。
それでもまだまだ見たい場所がたくさん。
また来年も、素晴らしい紅葉にめぐり合えますように。


4日目-3 日向大神宮 へ戻る ←  
 
京都紅葉2008index




この日は、この後、嵐山の花灯路へ行ったのですが、それは次記事で。
 → 嵐山・花灯路2008 





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/692-2e70de88




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。