スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

新舞子 撮影後記 2008.12.29



新舞子の撮影ですが、周囲を見渡すと、皆さん、本格的な撮影の人ばかり。
1人カメラ2台とか、バズーカ砲なんて当たり前、って感じで、
お気軽な18-200のレンズなんぞで撮ってるのはたぶん私ぐらい…。

しかも、夜明け時点では暗かったから我慢して三脚使ってたけど、
途中であまりのストレスに、明るくなってからは手持ちに切り替えたんですが、
手持ちで撮ってるのも私1人…といった状態で、
とにかく気後れする場所で、リラックスして撮るのはまったく不可能でした…。

もっと広い場所なら、少々撮影の条件が悪くなってもいいから、
私はその群れからちょっと離れた場所でひっそり撮るんですが、
ここは、いい場所ってのは限定されていて、
そこから外れると、手前の木などが邪魔をして、全く見られない状況ですので、
しょうがないから、その中に入って撮らねばならないのがきつかった…。

周囲がすごすぎてプレッシャーがかかってくると、全然自分のリズムで撮れず、
よけいに写真がしょぼくなった気が…orz
特に、手持ち撮影に切り替えるのに、ちょっと勇気がいったもので、
もう手持ちで十分な明るさになっていながらもしばらく三脚を使ってた時間帯
ってのが、けっこうあって、それが痛かった…。
結局切り替えるんならもっと早く切り替えときゃよかったよ。
そしたらもっと自由な構図で撮れたのに。

そういった点では、竹田城の方が、私レベルの素人もけっこういて、気楽でした。
私、別にプロでもないので、気楽に楽しく撮るのが一番と思ってるんで、
ここはちょっとしんどい場所でした。
そりゃいい写真を撮れるに越したことはないけど、辛い思いをしてまでとは思わないんですよね…。
いい写真を撮るより、いい景色を見ることの方が大事なもんで、
撮影に神経使いすぎると私的には本末転倒なんですよ…。
こういう考えな時点で、ここにいるのが間違ってる的な気持ちというか。

まあ、もう少し場を踏んで、少しはそういうのにも慣れたいですが。



そして、やはりというか。
雰囲気が悪いだろうというのは覚悟していたものの、やっぱりいた。
私が到着して、空いてる場所を探し、既にいくつか三脚が並んでいたので(人はいない)
その隙間に無事三脚をセットし、一安心、と思っていたら、
数分後、写真サークルの長みたいなおじさんがやってきて、
「ここ、後から人が来るからどいて。」
と、命令調で言いやがった。
こっちは、「ハァ!?」ですよ。
頭数どころか、三脚数すら揃ってないくせにどけというのか?
何で後からのこのこやってくる奴のために私がどかなきゃいかんのか?
スーパーの特売タマゴでさえ、頭数は必要だというのに、
一人で限られたスペースを何人分も場所確保とは、非常識もいいとこ、卑怯すぎる、

と思ったんですが、こっちは1人、向こうは複数。
いくら正論を言ってみても、こっちが悪者にされるのは必至。
このあと数時間この場所に居なければならないわけで、その間ずっと嫌な思いをする羽目になる。
と思って、ムカついたけど移動しましたよ。
まだ他にも辛うじて場所空いてたしね。
(もちろん、他に場所がなかったらテコでも動かない。)
まあこの程度のことは想定内ですがね。

それでもしばらくはイライラしてしょうがなかったんですが、
太陽が昇ってきた時、その人、
「うわー・・・しまった・・・そんなとこから昇るか…。もっとあっちの方がよかった・・・。」
と、けっこう悔しそうに言ってて、
明らかに私が移動した場所の方がよかったので、
ザマーミロと思いましたよ。ははは。

移動後の場所は、両隣、変な人でもなく、話しかけてくる人でもなかったので、
なかなかいい位置取りだったんで、まあもう許そう。



あと、これもやはりというか。
足元、吸殻だらけ…。
なんでこうなるかなー…と思い、それもちょっとイラッと。
タバコ吸うのはまあ許すとして、吸殻ぐらい持って帰れよ…。
本当、マナーっていうか、人としてろくでもない写真愛好家が多すぎて、
時々心底うんざりします。



まあ、風景は素晴らしいんですが、撮影自体は、けっこうな苦痛も伴います。
見られる日数があまりにも少ないので、よけいギスギスした雰囲気になるんだと思うんですよね。
私にとって、写真は、もっとリラックスできるものであってほしくて、
もっと、のんびりと撮りたいので…。
そういう意味では、理想と真逆、かなり敷居の高い場所です…。

でも、家から近いし、無駄足になってもいいからってつもりで、
また挑戦はしてみたいです…。
せっかくこんなすごい場所が近場にあるんだから…。
展望スペースがしんどかったら、下に降りて撮ってもいいし…。


まあ、いろいろと思った、新舞子の干潟でした。






  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:2

コメント

新舞子干潟の撮影

こんにちは
新舞子の干潟の撮影に一度行きたいと思っているのですが、撮影場所の位置がわかりません。
どのあたりなのでしょうか、それとレンズは何ミリぐらいのレンズを皆さんは使っておられるのでしょうか。
でも、ブログを読ませていただくと、場所は狭くて、三脚を立てる場所取りがすごいようですね。
  1. 2009/12/22(火) 16:01:47 |
  2. URL |
  3. フジモト #-
  4. [ 編集]

Re: 新舞子干潟の撮影

フジモトさん、こんばんは。
干潟は、新舞子荘の近く(100メートルほど東側)の
高台の広場から見ることができます。
もし機会があれば、1度、明るい時間帯に前もって行ってみれば
すぐにここだと分かるんじゃないかと思います。
今の時期は夕日もいいですし、ドライブがてらにでも。
(夕日側では、こんな感じの干潟は見えませんが。)

私が行った日は、潮の加減が一番いい時期というわけではなかったので、
到着時は、まだ場所の余裕はありました。
が、潮がいい日は、ものすごいことになるようです。
場所はそれなりの広さはあるのですが、人が多過ぎるのです。

レンズですが、どういう写真を撮りたいかによります。
遠景を撮りたいなら、ある程度の広角、
干潟をじっくりとズームで撮るには300mm以上あった方が
いいんじゃないかと思います。200mmではちょっと足りませんでした。
カメラを2台持ってきてらっしゃる方がけっこう居たので、
遠景と望遠を分けているのかもしれません。

是非1度行って、写真見せてください!
  1. 2009/12/23(水) 00:46:27 |
  2. URL |
  3. かわ(管理人) #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/698-3735fe39




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。