スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

雪の宮津・天橋立 2009.1.13

2009年1月13日(火) その2

雪の舞鶴の煉瓦倉庫群 からの続きです。
その後は、天橋立に向かいました。
雪の天橋立は1度見たいと思ってたんですよねー。


西舞鶴で、北近畿タンゴ鉄道に乗りかえです。
この列車は特急?か何かで、本来なら特急料金だか指定席券だかを買わなきゃ乗れない車両の
ようなのですが(鉄道に詳しくないのでよく分かってないけど…)、
途中までの区間は、普通列車もかねている、ということで、
天橋立までで下りる私は、普通料金で乗れました。
めっちゃ快適で素晴らしい車両でした。

ただ、西舞鶴での乗りかえが連絡が悪く、30分ほど待たねばならなかったのが不便でしたが…。



途中の車窓風景もなかなかで、雪景色を楽しみながらの列車の旅です。
北海道のような大自然の雪もいいけれど、こういう風景もまた新鮮。
列車自体も空いていたので、のんびり写真を撮ったりしながら過ごします。



が、しかし、進んでいくにつれ、雪がやんできた…orz
せっかくの日本海が見えてきたのに、海雪が見れなくて残念だ…。

いや、まあ、そんなことはどうでもいいのだが、天橋立よ、どうなる…。

西舞鶴で無駄に30分も列車待ちをせざるをえなかったのが心底痛い。
いや、それ以前に、車さえ使えれば、早朝着なども可能なわけで…。
近畿の雪景色は、早朝が勝負なわけで…。
この日、どんなに頑張っても、舞鶴着が9時半だった時点で既にダメなのだ。
やはり、雪巡りをするには、スタッドレス必須だな…と、痛感しました…。

天橋立駅に着いた頃には雪はやみ、あられになっておりました…。


駅を降りた後、先に展望台に登るか、先に天橋立の松林部分を歩いてみるか迷った挙句、
先に松林を歩くことに。


雪の松原はよいですねえ。
これで、木の上にも雪が積もってれば尚いいのですが、バサバサ落ちてきます…orz
しかも、最初はあられだったものが、だんだん雨になってきました…。
もう泣くに泣けません…。
さっき、東舞鶴駅で、傘を壊してしまったので、尚更泣くに泣けない状況です…。
ゆがんだビニ傘を肩に挟みつつの撮影ですよ…。

やっぱり車で来るか、泊まりでもないと、なかなかきびしいなあ…。
でも、夜中になってみないと降るか降らないか分からんので、
泊まりで行くっていうバクチはできない…。



砂浜の雪。
こういうのは見るの初めてかも…。
雨とミゾレの間ぐらいのが降ってるんですが、もっと融けてしまうかもと思ってたら、
意外と融けないようで、助かりました…。
これで、砂浜の雪まで融けてたら、来た価値半減ですからねえ。



もっと進んでみたい所だったんですが、
何しろ、天候が天候で、もし本格的な雨にでもなってしまったら、
展望台からの眺めが悲惨になってしまう気がして、
とにかく一刻も早く展望台に向かわねば、と、
とりあえず、駅からちょうど1km歩いた所で引き返しました。





来た道戻りつつ撮った写真。
山も雪化粧できれい…海も、こんな天気だけどきれいなんですよねえ。
晴れてたらもっときれいな色のはず。

   *

さて、ここから、今度は線路挟んで山側へ、天橋立ビューランドへ登って、
上から天橋立を見ます!

ビューランドへ行くには、リフトかモノレールがあるんですが、
なんと、この日はモノレールが運休中…なのでリフトで…。
天気が悪い日はちょっとツライ…。

上から見た天橋立は、こんな感じ。

…うん、まあ、50点ぐらい…?

理想としては、松の木に雪がかぶっていて、天橋立全体が真っ白、というものだったんですが…。
でもまあ、砂浜部分とか、手前の家の屋根とかは白いってのと、
くっきりきれいに見えてるのとで、とりあえずは許容範囲?
(あまり雪が降りすぎてても、真っ白に霞んでしまって見えないから、それはそれでNG。)

松にも雪が積もってる状態を見るのはかなり難易度が高いようで、
そもそも、のこのこと、昼過ぎに到着してる時点で既に無理…。
降雪中だと霞んでしまって見晴らしが悪いし、晴れてくると融けてしまうし、
夜の間ににそれなりの量が降った翌朝、がいいってのは分かるんだけど、
そんなもん、年に何回あるか…。
雪予報が出てても、あまり降らなかったり、みぞれだったり のケースも多いので、
こんな暖冬の年に狙って行こうなんて至難の技です…。


5月に行った時は、傘松公園から見たんですが、
個人的には、今回の、ビューランド側からの方がダイナミックな感じで好みかなと思いました。
まあ、天候の関係もあると思いますが。
あと、日の当たる向きも、こっちの方がきれいに見えそう、と思ったです。



股のぞきの台。
1人だと恥ずかしくて、とてもできないが…。



ふっと一瞬晴れ間が見えた瞬間。
海の色が突如変わった。
黒かった木の色も緑に変わった。
あまりの変化に驚き。
でも、個人的には、冬は、特に、雪がある日は、モノトーンの方が好きですねえ。



・・・なんて言ってたら、今度は急激に暗くなってきた。



バラバラとあられが降ってきました…orz
こんな本格的なあられに遭遇したの、初めてだわ…。

天気もこんなだし、いつまでいても同じような写真しか撮れないし、なので、
そろそろ降りることに…。



最後の1枚。ちょっと気に入ってる。




帰りもリフトで下ります。
帰りの方が風景が圧倒的にいいんですよねー。
ただ、やはり天気が…。
上ではあられだったけど、下っていくにつれ、普通の雨に…。
一応リフトに屋根ついてるけど、あまり効果はなく、でも、傘さして乗るわけにもいかず…。
カメラが濡れるのが心配だったので、モノレールさえ動いてれば絶対モノレールに乗ったよ…。


   *

何とか下りてきた後、まだ列車まで時間があったので、智恩寺(文殊堂)へ。




もうね、このあたり、本降りの雨ですよ…。
雨だけでもアレなのに、壊れたビニ傘しか持ってない私は、ゆっくり見る気にもなれない…。
びっくりしたのは、こんなにひっそりしてるのに、今日1日どこへ行っても寂れた雰囲気だったのに、
突然、ここで団体ツアーが来たことですかね…。
本当にどこにでも出没するなあ…。




境内もそこそこに、海側へ出て、知恵の輪?を見て、終了することにしました…。


帰りに、天橋立駅で、「お助け傘」ってコーナーがあって、
傘がない人が自由に使える傘がおいてあったんで、この傘、壊れてるけど、そこに寄付してきました…。
壊れた傘なんて、逆に迷惑??
でも、私もそれで1日過ごしたし、ないよりはマシかなって…。


帰りは、豊岡経由、
天橋立→(北近畿タンゴ鉄道)→豊岡→(山陰線)→和田山→(播但線)→寺前→(播但線)→姫路
のルートで帰り、4時間かかりました…16時過ぎに天橋立を発車、姫路駅着20時10分頃…しんどすぎる…。
車なら2時間で帰れるのに…。

でも、朝のルート(福知山経由)より、豊岡経由の方が味があってよかったです。
福知山辺りって、大阪のベッドタウン的に開発されてんだろうなあ…って雰囲気がねえ…。




豊岡駅。
なんか、舞鶴や宮津より、雪の量が格段に多い気がするんだけど…気のせい?


丸1日使って、朝5時半に家を出て、帰ったのが20時過ぎてて、
で、回れたのが、煉瓦倉庫と天橋立だけ…。
関西で雪を見ようと思ったら、かなりの根性が必要だ…と思った1日でした。
まあ、とりあえず、それなりの雪景色が見られたからよかったけど、
これで壮絶な空振りだったら気絶もんだな…。


日本海側の雪は、この日よりも、この2日後(15日)の方が更によかったようなのですが、
私、15日は、金剛山に行っておりました…。
金剛山と舞鶴・宮津の日程を逆にしておけば、もっと充実してたような?
結果論ですけどね。


舞鶴はかなりいい条件で見られた(残念だったのは時間不足だったことだけです)のでともかくとして、
天橋立は、今回自分的にはあくまでも50点だったんで、
いつの日か、真っ白な橋立を見るまでリベンジしたいな、と思います。
雪の降りしきる松原も歩きたいし。


雪景色 index







  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:2

コメント

 今度私も丹後地方に雪景色を撮影に行こうと計画していますので
参考になりました。
  1. 2011/01/07(金) 19:28:30 |
  2. URL |
  3. yokota #-
  4. [ 編集]

Re:

yokotaさん、はじめまして。
今年は割と近畿地方寒い冬なので、私も再訪したいなと思ってます。
お互い、うまく雪景色がみられるといいですね!
  1. 2011/01/08(土) 00:43:57 |
  2. URL |
  3. かわ(管理人) #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/700-22de63b3




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。