スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の信州2009 3日目-2 美ヶ原・霧氷撮影編 2009.2.3

2009年2月3日(火) その2

朝食の後、ホテルの企画で、霧氷撮影バスというのが出る、と聞き、
もちろん参加しました。
これは、霧氷のよさそうなあたりまでバスが出てくれて、
各々、好きな位置で下ろしてもらって、思い思いに撮影し、
2時間後ぐらいにまたバスが拾いに来てくれる、という、
私的には、理想そのものの企画です。
もちろん無料なんですよ。
1泊2食で松本からの送迎もあって、さらにこんな企画まであって16000円は
本当に値打ちがありました。

撮影しない人は、雪上車に乗って、美しの塔へ行くっていう企画もあったので
それに参加したりしてるんですかね?
あと、有料だけどスノーシューとかもあった様子。


しかし、好きな位置でおろしてもらう、と言っても、どこがベストポジションなのかが分からん…。
ので、適当に…。


今思えば、割と下の方で下ろしてもらって、その後上って行ったのですが、
逆にした方がよかったかなー…。
いずれにしても、2時間なんてあっという間です。
いろいろ考えてる間もなく、撮影撮影。



ううむ、ちょっとピンボケ。難しい…。




こういうのも、霧氷って言っていいのかな???
それにしても、この2日で、一生分の霧氷を見てる気がする。
2009年は暖冬だったというのに、
寒かったはずの昨年、阿寒湖でもダメだったのが嘘のよう。





動物の足跡発見。




この形の木が、クリスマスツリーみたいでお気に入り。

ちょっと疑問に思ったのが、この日の霧氷って、この日の朝についた物なのか、
前日のが残ってたのか、どっちかな??? という…。
前日の方が霧氷がすごかったことは事実。
↑この木も、下の方は落ちちゃってるし。





でも、このあたり見てると、たっぷり新鮮な感じで霧氷がある気がするんで、
やっぱり新たなもの???
まあ、どっちでも、きれいに見られさえすればよいのですけどね。



いろんな氷のつき方があるものです。



全然、霧氷になってない場所もあった。





逆にこっちは重そうなぐらいの霧氷。
この違いはどこから来るのか??


と、まあ、この辺まではのんびりマイペースで霧氷撮影を楽しんでいたんですが…。


ふと、我に返れば、なぜか空にはうっすらと雲がかかり始めている…。

・・・さっきまであんなに晴れてたのに・・・泣
まだ9時40分。こんなに早く曇ると分かってたら、もっと最初から飛ばしてたのに…。
と、思ってももう遅い。
この時間からは、太陽が雲に隠れたり、また出てきたり。
けっこうな時間、光待ちをする羽目になり、撮影効率が途端に落ちました…。




この場所が、一番印象的だったかも…。
ここも結構、太陽待ちました…けど、それでもちょっと光が弱い。
この後、完全に曇ってしまいました。



ちょっと引いて、更に1枚。
上の写真と同じ場所だけど、時間が30分以上違います。
上の写真撮った後、曇ってしまったのであきらめて進みかけたんだけど、
なんだか晴れ間が見えそうになってきたので、また戻って撮った。

ここを快晴状態の時に撮りたかった…。
いや、少しでも光がきてるだけ、まだよかった、と思うことにすべきか…。


その後は、また天気、持ち直し、青空も見えてきました。


しかし、あと、20分ぐらいしかない!!


最後の方は、撮っては走り…の、繰り返しですよもう…。
かなり疲れました。
途中の30~40分ぐらいが曇ってしまったのが、本当に痛かった…。



でもこの日は、晴れてる時も、前日ほどのスカッとした晴れじゃなかったですけどね…。


   *   *   *

霧氷撮影から戻った後、帰りの送迎バスまでまだ時間があったので、
更にホテルの周辺、歩いて見られる範囲でちょこちょこ撮影しました。


霧氷の山の向こうに、うっすらと、北アルプス。
もっと天気がよくて、くっきり見えてたらめちゃくちゃ素晴らしかったに違いない…。



霧氷だらけ。
ホテル周辺からだと、間近にってのは少ないんだけど、
遠景ならなかなかいけます。



これが送迎バス。霧氷撮影もこのバスで。(2台あります。)
よくこのバスで、積雪しまくり、凍結しまくりの冬の美ヶ原に登ってこられるものだ、と、
感心します…。



そして、丸1日の、美ヶ原滞在も終わりです…。
すっごいいい天気だったら後ろ髪引かれる思いだけど、
帰り際、ますます曇ってきてたので、もういいかな…な、気分でした。


松本までの送迎バス、電車の人は松本駅までなんですが、
車の人は、郊外のワイナリーに、車を置かせてもらっているので、私はワイナリーへ。
帰りのバス、諸事情で、ワイナリーに行くバスが別便で出たんですが、
ワイナリーへ戻るのは私だけだったんで、貸切状態でした。


今度は、ちゃんと、手元にカメラも持ち、車窓風景撮る気満々だったのですが、
前日見事だったあたりの霧氷も全て落ち…。
天気もパッとしない状況…だったので、ほとんど撮らず…。



      *   *   *


松本へ戻った後、翌日は白馬に行くつもりだったので、
さすがにノーマルタイヤじゃ危ないだろうと思い、レンタカーを借りることにしました。
自分の車はトヨタレンタさんが預かってくれるということだったので。

一応電話で予約して、借りる時間を17時からの24時間にしたんで、
17時までの間が暇だな…ってことで時間つぶしのため、松本城に行ってみたんですが、
普段、城は見飽きるほど見てるので、特別な感慨もなく、何の感想もなし…。


これも天気がよかったら、バックに山が見えたりして、全然感想変わるんだろうけど、
こんな曇天じゃどうしようもないわ…。
城だけを単純に比べたら、姫路城とは全く規模が違うし…。
堀の水もなんだかやけに汚いし…。
そもそも城には飽き飽きしてるので、わざわざ旅先で見ようってのが間違い…。

とにかく、まあ、でも天気でしょう…。
景色は天気で決まる、と、つくづく思ったです。
この旅行、曇天だったのは、この日の午後だけだったんですが、
まあ、どこかで曇りが来るのなら、このタイミングが一番よかったかな…とは思う。




結局、30分以上前にトヨタレンタに行って、ま、手続きしたり、荷物積み替えたり…。
レンタカーって、早めに行ったら早めに貸してくれますしね。
(17時からの24時間予約で、16時30分から借りても、返却時間が早まるわけじゃないし。)


この日は、大町の某 Kロイヤルホテル に泊まりました。
いまいちでした…。もう泊まることはないだろう。
ホテル内には高くて量の多いコース料理しか食べられる店はなく、
周囲には飲食店もコンビニもなく、
そもそもおなかがすいてなくて、異常に疲れていたので、
食事は取らず、19時にはとっとと就寝しました。(早すぎ。)
ま、おかげで、疲れはバッチリ取れました。

別に、御飯抜きはそんなに辛いことと思ってないのでいいんだけど、
でも、一品料理もメニューの中に入れとくべきだろう?
さほどおなかすいてなかったのでパスタとかサンドイッチで十分だったのよ。
一品料理が食べられるレストランはないのかフロントで聞いてみても「ありません」と。
「バーで、おつまみのようなものならございますが」ですと。

なんか、変に偏っていて、その偏り方が、私と逆方向に偏ってるって感じで、
合わなかったですねー…。




3日目-1 冬の美ヶ原・早朝編 へ戻る ←   → 4日目-1 白馬大橋の朝 へ進む
 
冬の信州2009index









  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/711-9438b7bb




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。