スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の信州2009 4日目-2 白馬・大出の吊橋 2009.2.4

2009年2月4日 その2


朝、白馬まで来ていたのに、一旦大町のホテルへ戻り、朝食食べてチェックアウトして、
再び白馬まで戻ってきたのは9時を過ぎていた…。
いかん、ちょっと出遅れている。

実は、冬の、青鬼集落へ行ってみようかと、途中まで向かってたんですが、
向かってる途中の段階で、意外と雪が深くなってきた…。
白馬大橋のあたりでは、道路は雪なし、積もってる場所も5センチ程度だったのですが、
この辺は道路ですら10センチ以上積もっていた…。

この時、私はまだ1度も青鬼集落へは行ったことがなく、
どれぐらいの険しい道か分からなかったので、勇気がなくて、
結局、登り始める前に引き返しました…。
にっちもさっちもいかなくなったら困るし。
今だったら、どんな道か知ってるし、雪道も少しは慣れたので行ける気もするんですがね。


まあ、雪道初心者に青鬼集落はハードルが高すぎるだろう、ってことで、
無難に大出の吊橋へ行ってみました。


実は、大出の吊橋は、以前に来た時は夏で、山も霞んでいて、
たいしたことないやん…ぐらいの感想しかなかったんですが、行ってみてびっくり。
この快晴!
山のきれいさと言ったら!!
こんなに山々が美しく見渡せる場所とは知らなかった。

春は空気がよどんでて山がくすんでるし、夏は山がすぐガスってしまってさっぱりなんだけど、
いくら暖冬とはいえ、腐ってても冬は冬、空気の澄み方が違う。
秋も空気は澄んでるけど、秋は雪がないので、山の神々しさが全く違うし。

視界の中の山、全てきれいに雪があって、空真っ青でくっきりクリアー…
こんなのは、よっぽど条件揃わなきゃ見られないものだと思ってたんだけど、
冬なら見られるのですね…とにかくこの場所は冬に限る…と、心から思った。
もっと寒かったら尚いいんですけどね。



ちょっとズームで。

しかし、写真を撮るのは難しい…。
実はこの当時の私、カメラに、「アクティブDライティング」という、
白とびや黒つぶれを軽減する機能がついているにもかかわらず、
その機能をオフにしていたので、山が白とび気味…。

更にいうと、雪の反射で猛烈に眩しくて、液晶がまともに見られず、
露出オーバーになってることに気付かず、白っぽい写真量産で、
後で補正するのが大変でした…。




惜しいのはやっぱり、雪の少なさですよね…。
ここ数日の晴天続きで屋根の上は無理にしても、手前の土手にはほしかった。



でも背後の山は、本当にさすが。
これまで、何でこの場所がそんなに撮影ポイントみたいに言われてるのかさっぱり分からなかったけど、
やっぱりいいわ…。

また人が少ないのが尚いいのです。
春・夏・秋は、そこそこ人多い場所なんですけど、冬は本当に人が少ない。




これは橋を、縦に見たところ。
吊橋とは言いながら、あまり吊橋っぽい渡り心地ではなく、しっかりしてます。
(その辺は、やや、風情に欠ける。)





橋と山を強引に組み合わせて何枚か…。かなり無理があるけど。

まあつまりアレです。
この場所、山がきれいに見えていい場所なんだけど、
いまいち構図がワンパタになってしまい、
ワンパタ構図以外だと、どうもあまりいい写真にならない…。



画面右の方の背の高い数本の木も印象的でした。
いつか、この木が白くなってる時に来られることを目標に…。



帰り際、逆側から吊橋を見たところ。
逆側は、背後の山がアルプスじゃないので、地味…。
っていうか、本当に雪が少ない…。
こっち向きでも、雪があればもう少しきれいだと思うんだけど…。

とりあえず、この場所のよさを初めて認識できた、冬の大出の吊橋でした。



青鬼に行かなかったので、予定より時間が早く、10時20分。
どうしよう?
実はかなり迷っていたのですが、これだけ天気がいい上、時間もあるのなら、
勇気を出して行ってみようかな?ってことで、次は八方尾根へ行ってみます。




4日目-1 白馬大橋 へ戻る ←   → 4日目-3 白馬・八方尾根 へ進む
 
冬の信州2009index









  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/713-5d292f47




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。