スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

雪の比叡山延暦寺・東塔 2009.2.17

2009年2月17日(火) 晴れ時々雪  気温(大津)5.0℃/-0.6℃


早朝に京都を軽く巡った後は、いよいよ本番の比叡山へ。
比叡山ドライブウェイはタイヤ規制だったのであきらめて、
当初の予定通り、滋賀県側に回り、坂本ケーブルに乗ることにしました。


ケーブル坂本駅。
かなりひっそりとしています…。天候は曇り。
それでも駐車場は台数が少なく、休みの日だったらきびしそうな気も…。



延暦寺駅の情報が出てたけど、意外と標高低いのですね…。
しかも、坂本と2℃しか違わない…。
坂本はほぼ雪なし状態なんだけど、大丈夫なのか?
まあ2℃差といっても、氷点下とプラスの違いは大きい気はするし、
一応頂上は雪ってなってるけど、不安がぬぐえない。


しかし、その不安は、ケーブルでちょっと登ると一掃されました。


中腹辺りで、すでに、かなりの雪国。

これにはびっくりしました。
ほんのちょっとの標高差でこんなに違うものだとは。
最近は平地の雪がめっきり減り、残念でならないのですが、
それも、ちょっとの差でのことかもしれませんね…。
なんとか、もうちょっとでいいから寒い方に傾いてもらいたいものだ。



そんなことを考えつつ、雪の延暦寺に入山。
この辺、雪がないわけではなく、除雪されてるだけです。
坂本側から入ると、まずあるのが、東塔のエリアです。



延暦寺といえば、根本中堂。
・・・実際には、とても重厚で存在感があり、雪の効果も加わって静寂な感じで、
とても素晴らしかったのですが、写真に撮るとしょぼくなってしまうのは私の腕のせい?





中も大変よかったのですが、写真撮影禁止だったので、中の写真はなし。



根本中堂の向かい側にある文殊樓。



正面の階段は通行禁止になっていたので、横の方へ回ってみた。

時々、木に積もった雪が、風に巻き上げられて降ってくるのですが、
けっこうそれが細かいパウダー状で、きれい。



やっと登ってきたところ。



そして、文殊樓の前から見た、根本中堂の屋根。
大きな木々の向こうに屋根 っていう構図がなかなかよかった。
(やはり写真に撮ってしまうといまいちなのだが…。)
これで地面も雪だと尚いいのだが…。
やっぱり朝、京都に寄らずにまっすぐこっちにくるべきだったか。



こういうの、金剛山でも見たかな。


根本中堂から、さらにちょっと進んで行ってみました。







しかし、どうも、根本中堂を見た後だと、建物的にもいまいち何かが足りない気がしてしまう。
しかも、雪的にも、ちょっともう終わりはじめているようで、
みぞれのようなものが降ってはいるんだけど、融けてるものの方が多い気がする。
今回の雪もこれで終了か…。

冬以外だと、ループバスたるものがあって、西塔や横川にもバスで行けるんですが、
悲しいことに、冬季は休み…。
八瀬ケーブルといい、何でこんなに冬をないがしろにするんだ…orz
着いた当初は人もほとんどいなくて、静寂感が良かったのに、少しずつ人も増えてきた。
もう帰ろうかなとも思ったものの、まだ12時30分だし…。

などと思いながら、案内表示を見ていたら、横川は遠すぎて無理そうだけど、
西塔になら、歩けそうな距離では? という気がしてきた。
まあこの後の予定もないし、無理だと思ったら引き返してくればいいんだし、
行けるとこまで行ってみようかな、と思い、
とりあえず西塔を目指してみることにしました。

→ 比叡山延暦寺・西塔 へ続く


雪景色 index







  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/717-878a2d11




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。