スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の道東2日目-3 網走夕景とサンセットクルーズ 2009.2.26

2009年2月26日(木)その3


阿寒パノラマコースに乗って、網走に着いたのは15時頃。
とりあえず、砕氷船おーろら号のサンセットクルーズに乗るか否か決めるため、
海の様子を見に行ってみました。

ところで、そもそも、この日、釧路から網走に直行せず、
阿寒パノラマに乗って、いろいろ巡りながら網走に行くことにしたのは、
流氷の状態もさることながら、天気予報があまりよくなかったからなのだが…。


網走は思いっきり、晴れ・・・。
これなら、天気の悪い屈斜路湖とか硫黄山とかウロウロしてないで、
とっととこっちにくればよかった・・・。
ただ、まあ流氷はさっぱりダメですけどね。
これは、鱒浦付近の海岸から。


なんだか残骸と、あと、沖の方に、細い線のように見えてる流氷帯があるのみ。
こりゃあかんわ…。

これじゃ、砕氷船に乗るのは勿体無いな、と思い、
翌日の北風に期待して、とりあえず今日は、前々から気になっていた、
高台にある「しおさい公園」ってのを探しておくことにしました。
流氷が寄ってきてから探してたんじゃ、時間のロスが痛いし、
こういう流氷のない時に、そういう下調べをしておいた方がいいですしね。

が。

これがまたなかなか見つからない…気象台の近くとか聞いてたんだけど、
さまよえどもさまよえども見つからない。
そんな時、ふと、海が見える場所に出てびっくり。


高いとこから見ると、流氷がめちゃくちゃ近い。
これだとすぐそこでは???
ちょっと目線の高さを変えるだけで、こんなに違いがあるとは。
天気もよくて、海も真っ青、なんかすごいきれいなんだけど。



流氷帯の中を航行する砕氷船も、しっかり見えている…。
・・・やっぱりサンセット便、乗ろう。



砕氷船に乗ることにしたので、時間切れ。
結局目的の公園の場所は分からないまま終わってしまいました…。
ま、でも、ここからの眺めもなかなかきれいだったので、いいですけどね。



なんだか怪しい看板が立っとりました。
ロシア語だと思うんだけど、網走でそんなにロシア人って見かけないと思うんだけど…。
観光客が行かないような場所にはいるのかな??
外国人といえば中国人や韓国人ばっかよ?
でも、この看板がハングルとかだと台無しなので、まあいいけど…。
(ロシア語だと、「最果てに来たな~」感たっぷりなので、許せる…。)


そんなわけで、サンセットクルーズの出航15分前に乗り場へ。
もう既にほとんどの人は乗り込んでいて、待たずに乗船。
この便は、大抵すいてるんですよね。
団体ツアーもいませんしね。
2便あるおーろら号ですが、サンセットは1便だけのようだ。

前の便が戻ってくるところを、出航待ちの間に撮影。
港とはいえ、水面が海とは思えない凪ぎっぷり。
流氷の海って感じでわくわくします。



そして、いざ出航~!
夕日がとてもいい感じ!!
しかし、もうすぐ沈んでしまいそうな嫌な予感…。
流氷帯に入るのが先か、太陽が沈むのが先か、かなり微妙です。




そして、流氷帯に突入しました。
けっこういっぱいあるではないか!

しかし、この日は、夕日は見られたものの、空が全然焼けず…。
夕焼けに染まった流氷が見たくて、サンセットクルーズに乗るのに、
全然焼けない…っていう、前回と同じパターンに…。



振り返って太陽の方を見た感じはこんなの…なんか違う…。
しかも、もうすぐ太陽は隠れてしまう。

そもそも、網走って、東側に海がある土地なんですよね…。
なので、あまり海と夕日のいいポイントがないような…。
朝日の方が圧倒的にいいのだ。
サンセットクルーズに乗っては失敗してるのは、この辺が原因なような。

サンライズクルーズはないのが勿体無くてしょうがない。
ま、朝日は、陸地からでもけっこういい感じでみられるのでいいけどさ。




挙句、太陽は、突如沸きあがってきた雲に隠れてしまいました…。
辛うじて海が染まってるのが唯一の見所…?




ろくな残照もないまま、地味に日が暮れてきました。
サンセット便に乗ると、後半はひたすら地味です。
でも、私が乗ったのは、2月26日。
流氷観光もかなり後半です。
2月の前半だったら、もっと日没時間は早いはず。
ってことは、まともに見られる時間はもっと短いし、
流氷帯に辿り着くまでに日没ということもありえそう…。
なんとかもう15分、出航時間が早まらないものですかねえ…。



もう、こんなのほとんど、夜ですよね…。
だんだんシャッタースピードも遅くなってくるので、
動いてる船から撮るのは厳しくて、写真はあまり撮らずに後半はのんびりと。

あ、でも、この便は本当にすいてるので、
半分の時間が使い物にならなくても、損した感は全くないです。
ゆったりと流氷が見られるのはこの便だけだと思うので、値打ちはありますよ。



そうこうしているうちに、網走港に戻ってきました。
さっきよりも更に、海が止まっている…。



そして、下船する頃にはすっかり夜。(といっても17時30分。)

そういえば、2009年から、砕氷船乗り場が変わってました。
妙に近代的?な、小ぎれいな建物になってました。
前よりも、駅には近づいたので、何とか歩いてもいけるかも?(それでも歩くと遠いですけどね。)
でも、個人的には前の場所のがよかったですけどね…。
前の場所なら、砕氷船乗り場のすぐそばからでも一面流氷の海が見られたけど、
たぶん、新しい方の場所からだと見られないんで…。


ま、とにかく、もっとダメだろうと思っていた流氷ですが、
思っていたよりはるかにいい感じで見られたのでそこそこ満足。
ていうか、こんなに見られるなら、朝、釧路から網走へ直行すべきだった…。
これが最大の失敗。


夜、PC開いて見た流氷速報はこんな状態。
網走以外、ほぼ接岸してるやん…。
出発前はこんなにいい感じじゃなかったのに。
やはり前日、ダウンしていて、ちゃんとチェックできなかったのが痛かったな…。

ただ、やはり紋別以北はダメな様子…。
ギリギリまで、紋別に行くかやめるか迷ってたんですが、
やはり今回は紋別はあきらめることにしました。
翌日はウトロの宿を予約してたので、おとなしく早めにウトロに入ろう…。


  *


この日の宿泊…東横イン網走駅前
新しいホテルなのできれいでなかなかよかったです。
冬料金は破格値、4000円で、無料朝食付き。駐車料金も冬は無料。
ついでにいうと、レンタカーも、東横インと提携してて割引のを利用し、
安く借りられました。泊まるの1泊でも、3日間割引料金で借りれるという高待遇。
コストパフォーマンス最強だと思う。


2日目-2 硫黄山~屈斜路湖 へ戻る ←   → 3日目-1 夜明けの流氷・二ツ岩 へ進む
 
冬の道東2009index













  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/723-615ddeeb




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。