スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の道東3日目-1 夜明けの流氷・二ツ岩 2009.2.27

2009年2月27日(金)その1


今回の流氷旅行で、今までとは一番違うところ、
それは、3日間に渡ってレンタカーを借りているところ に尽きます。
車があれば行動範囲が格段に広がる…。

そして、これもまた、車がなかった今までは、決して見られなかったもの。

夜明けの、流氷の海…!
(いや、この写真じゃ、まだ早すぎて、流氷?どこ?状態ですが…。)
でも、2009年の旅行では、いい夜明けを見ることができました。

この時間は、まだ、電車もバスも始発前だし、いくら早起きをしようとも
今まで夜明けの海って見られなかったんですよ…。
この日の場所は、二ツ岩。(二ツ岩だとバス自体がないかも。)

ま、この場所の前にはホテルとかもあるんですけどね。
でもこんな場所のホテルに泊まってしまうと、前日と翌日の動きが制約されちゃうし…。



明るくなり始めてから、日の出まで、けっこう長かった。
この時間帯はパッとしない…。
流氷は、岸の方に打ち上げられているものがかなり多かったけど、
沖にはほとんどなし。
所々に、大きめのが残ってましたが。




海の向こうは知床半島。
知床連山がかすかに浮かび上がってます。
それにしても色が良くないなあ…。



ようやく、日の出間近。
太陽が出てくると思われるあたりから、放射線状にオレンジ色の光が広がる…。
手前のゴロゴロとある岩みたいなのは、流氷ですー。


そして、ようやく、日の出。

ああ、天気は最高なのに、これで流氷がもう少しあればなあ…。
返す返すも2008年にレンタカー借りなかったことが悔まれる。
いや、でも2008年は、網走にいた日は天気最悪だったから同じか…。
なかなかうまくいかんもんですね。



いい感じにちょっと焼けました。
しつこいけど、海の向こうは、知床半島です。
風向きや、潮の流れ、地形の関係で、こっち側は流氷があまりなくても、
知床半島側にはびっしりなんですよね。
でも、こっち側からじゃないと、朝日は見られないんですよね。
なかなか難しいものです。



この風景の中、人は数人しかいなくて、
そういうのも北海道の魅力だなー…。



流氷とつらら。




二ツ岩 っていう地名の出所であろうと思われる二つの岩。
手前は打ち上げられた流氷です。







だんだん太陽の光が強くなってきてしまい、太陽を撮るのが厳しくなってきました。
いい時間帯は短い…。






海を流れている流氷は少なかったけど、
まあそれでも流れ着いてるものだけでもこれだけあればそこそこ満足な二ツ岩でした。
流れ着いた上から雪が積もると、ますます流氷なんだか岩なんだか分からない状態になるんですけどね。




本格的?に冬の北海道レンタカーデビューもしたことだし、
これからもまた、ここには朝日を見にくることでしょう。
流氷と天気と両方揃うまで、挑戦してみたいです。




2日目-3 網走夕景とサンセットクルーズ へ戻る ←   → 3日目-2 常呂~斜里~ウトロ へ進む
 
冬の道東2009index













  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/724-bd7e4344




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。