スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の道東3日目-2 常呂~斜里~ウトロ 2009.2.27

2009年2月27日(金)その2   気温(ウトロ)3.1℃/-10.2℃


朝日を見て、ホテルで朝食を食べた後、
この日決めていたのは、夕方にウトロのホテルに着く ってことだけで、
それ以外は何も決めてなかったので、
あえてウトロとは逆の方、北の方へちょっと向かってみました。





ここは、常呂の中心部よりやや手前(網走寄り)の展望スペース。
去年、常呂交通ターミナル裏からの流氷が見事だったものの、
天気が悪くて写真的にはさっぱりだったので、
リベンジに来たつもりだったんですが、びっしり接岸ではないようだ…。
まあ、海がきれいな青なので、こういうのもきれいではあるんだけど、
この時の私は、びっしりじゃなきゃ許せない気分だったので(苦笑)
これ以上北へ行っても流氷は減るばかりだろうと判断、
また来た道を引き返し、とっとと知床へ入ることにしました。



その道中で、今年もお決まりの北浜駅。網走と斜里の中間ぐらいの駅です。



・・・今年も壮絶にスカだった・・・。
この場所でびっしり接岸してるのを見られたのは2008年ぐらいだなあ…。
こんなに接岸率が低いのに、「流氷の名所」化してるのは納得できんぞ。
でも、接岸したら、見事なんですけどね…。


さて。
ここまでの私、今日はとてもいい天気で、1日快晴が続く、と、思い込んでいたのですが、
知床方面に近づくにつれ、なんだかだんだん微妙になってきました…。


これ…斜里岳なんだけど…なんか空にうすーーーく雲がかかってて、全く冴えません…。
今まで何度もこれより素晴らしいのを見てきただけに…。
やっと今年は自分で運転してきてるから、思う存分写真が撮れると思ったのに
ちょっとがっかりな感じです。(今まではバスの車窓からだったんで…。)



続いて、以久科原生花園。



ここも、車じゃなきゃなかなか来られない場所。
楽しみにしていたのに、なんだかえらい霞んでるんですが…。
遠くの山々の霞みっぷりといったら泣ける。
流氷そのものは、けっこういい感じだけに、残念だ…。
いや、もちろん、もっとベタ曇りよりははるかにいいですけど…。




何とか無理やり空がきれいな方を向いて撮ってみた、防風林。




これは…海別岳…かな…たぶん。



そして、更にしばらく走ると、私が3年前から狙っていた絶景ポイント。


同じ構図だけど、更にちょっとズームで。


流氷に埋め尽くされた海、そして、背後には真っ白な知床連山がドドン、と。

過去、ウトロではしっかり接岸した流氷を、晴れの日に何度か見られているので、
もう今年はいいかなー、と思いつつ、
それでもやっぱりウトロを旅程に組み込んだのは、ここが見たかったからなのだ。
ここも、過去、バスの車窓から、ろくに写真も撮れずに悔しい思いをした場所なのだ。

でも、やっぱり天気がねえ…。いや、晴れは晴れできれいなんですよ。
ちゃんと山も全部見えてるし。
でも、晴れレベルが低い…なんかスカッとしてない…。
過去に、車窓から指くわえて見てた時の方が、天気は圧倒的によかった。

ただ、それでも、やっぱりこの風景を、車降りてゆっくり見られたのは嬉しい…。
最高の贅沢です。何度見てもいいものだ…。
今回は、流氷も薄かったことだし、またいつか、もっと迫力のある流氷と、
そしてスカッとした青空の下、この風景が見られるまで、ここには来よう。

ていうか、この場所って、午後の方がいいのかもなあ…。
次の機会があれば、午後に寄ってみることにしよう。



その後、オシンコシンの滝やウトロ港なども見る予定だったのですが、
なんだかんだでもう11時。
でも、更にその先にあるプユニ岬には、絶対に午前中に行っときたい。
(午後は超逆光なんで。)
ってことで、ひとまず、オシンコシンやウトロ港はすっ飛ばして、先へ進みました。


通り過ぎてからウトロ方面を振り返ったところ。
大きな岩がいくつかあるあたりがウトロ港です。
この辺は、流氷も更にいい感じ。
やっぱり、「遠景にすると海だか陸だか分からん」ってぐらいの状態じゃないとねー。



画面奥の、流氷の海に突き出ているのがプユニ岬。


しかし・・・。


いざ、プユニ岬まで上ってみると、とてつもなくいまいち・・・。
11時30分頃なんですが…そろそろ逆光?
それもだけど、さっき、斜里のあたりにあった、鬱陶しい薄雲か?
向こうの方が空が白くて、さっぱりダメだった…。



まあ、気象条件もあるんだろうけど、
それ以前にここは、去年も一昨年も、いい状態のを見すぎている…。
過去にあまりに素晴らしいのを見すぎてると、
それを越えない限り、がっかりしてしまうんですよね…。
この風景も、もしかしたら、初めて見たのなら感動したのかもしれないのに。

最近、特にその傾向が強くなってしまって、よくないことだなあ…と思うものの、
でもやっぱりしょうがないですよねそれは…。



写真撮ってる後ろでは、鹿が何か食べていた。
もう珍しくもないが。
やる気がないせいか、露出も適当で、なんか暗いです…。



これは羅臼岳?でいいのか??
プユニ岬では、流氷よりも、こっちのがかなりきれいでしたね。
ていうか、この時間に、この山って、こんなにすっきり見えるものだったのか…。
まだ逆光の時間と思ってたんだけど、この写りからすると順光なわけで。
やっぱりどうも私が思ってる東西南北がちょっとずれている気が。
よって、プユニ岬にくる時間帯は見誤った感じです。

いずれにしても、プユニ岬からの流氷は今年は外した、ってことで、
数枚だけ写真撮って終了。また、ウトロ方面へ戻ります。




降りてきたあたりから再度プユニ岬をパチリ。



この日もやっぱり流氷ウォークの人は居ましたね。
前はやってみたかったんだけど、最近はそうでもないな…。
(流氷ウォークもしょせんツアーですからねえ…。団体行動のできない典型B型なもんで。
車で好きに走ってる方が楽しいと思う。)



けっこう見所の連続で、普通に走れば45分ぐらいのところ、2時間ほどかかりました。
でも、いたるところになんだかんだと車が停められる場所があり、いい道です。
やっぱりここは自分で運転するのが一番楽しいですね。
いったん吹雪いてきたりすると恐ろしいことになるんでしょうけどね…。

せっかくなので、車と流氷の記念撮影もここでしておきました。


次は、わざわざ来た道を戻って撮った、オシンコシンの滝とウトロ港です。


3日目-1 夜明けの流氷・二ツ岩 へ戻る ←   → 3日目-3 オシンコシンの滝とウトロ港 へ進む
 
冬の道東2009index













  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/725-a967421a




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。