スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の道東4日目-2 野付半島2009.2.28

2009年2月28日(土)その2  気温(標津)-1.5℃/-5.8℃

網走、斜里周辺は天候が思わしくないので、
思い切って、知床半島より南側へ行ってみることにしました。
2008年の悪夢が頭に残っていて、晴れてくるだろうと思いながら晴れを待って時間をつぶしていたら
結局1日中曇ったままだった、って事態を想定してしまい、怖くなって、
それなら今既に晴れている場所へ行った方が気が楽だわ…と。

ただ、この年は流氷が少なく、羅臼方面や根室海峡は全く流氷なし状態だったので、
流氷は全く期待しない方向で。
ただ、いつかこっち方面の流氷も見たいと思ってるので、
実際に冬に自分の運転でどれぐらいの時間で行けるのかも知りたかったんで、下見半分という感じです。

ウトロからなら、夏だと知床横断道路を通ると、羅臼なんて近いものなのですが、冬季は通行止め。
一旦斜里まで戻って、峠を越えて、標津まで出てからじゃないと行けません。

で、けっこう大変な峠越えをして標津に着いて、その後、羅臼にいくか野付半島に行くか、
かなり迷ったのですが、
流氷のない羅臼に行っても見るもんないか…と思って、今回は野付半島に行ってみました。



予報通り、こっち側は快晴。
峠を越えてる時は雪がざんざん降っててどうなるかと思ったのに、山を越えた途端、快晴になってびっくりした。

標津から野付半島をずーっと、海見て走るのですが、
とにかく時間が読めないので、止まって写真は後回しにして(同じ道を戻るし)
先に行けるだけ行きました。



行った先には、けっこう立派な、野付半島ネイチャーセンターがあり、
ここの駐車場に停めて、トドワラを見に行ってみることに。
センターの人に聞いたら、長靴なら行けるけど、雪が深いところがあるので
普通の靴じゃ無理かもしれないというようなことを言われたんですが、
ま、行けなくなったらそこから引き返そうってことで、とりあえず足跡のある範囲で行ってみました。




しかしねー・・・。
駐車場のある所から、トドワラって、遠いんですよ…かなり…。
普通に歩いてもけっこう遠いのに、歩きにくい雪道だから余計に遠い。
しかも、とにかく、何もない荒野って感じの場所なので、気が遠くなる…。
こんなに晴れていて、雪原が眩しいぐらいに明るいのに、
視界を見渡す限り、人が全然居なくて、静か過ぎて、なんか怖かった…。




20分ぐらい歩いて、ようやく、トドワラ の標が。
しかし、ここは、まだ、トドワラの入口に過ぎない…。
ここからじゃ、まだまだ遠くに見えてるだけって状態。
ようやく半分ぐらいまで来たかな、ってぐらいの距離です。



しかし、トドワラ…近年風化が激しいとは聞いてたけど、本当に残念な状態で…。
何でこんなことになってしまったのか…な状態。
ただ、ここは、草の緑と立ち枯れた木の白のコントラストがきれいなので、
冬向きの場所じゃないんですけどね。
立ち枯れた木は減っても、倒れた状態の木ならもう少し残ってると思うし、
それらは冬は雪に埋もれているものも多いだろうし。




途中、木道が出ている場所は歩きやすかったです。
この辺は湿地帯なんでしょうねえ…冬にはよく分からん状態だが。




桟橋方面?へ行く木道は、壊れてました…。
水害被害にあって壊れたそうなんだけど…何で直さないんだろう…。
流された部分が、そのまま置いてあるのがなんか怖いんだけど…。

ま、私が行こうとしてた方の道は大丈夫だったんですが。


で、とりあえず、一応目標としていたつもりの地点へ。







まあなんとか、トドワラらしいかな…と思える風景を撮ってみた。
けどやっぱり、風化の激しさは想像以上でしたね…。
夏にもまた来てみたいけど、場所が不便なだけに、
ここを日程に入れると1日余分に日を取ってしまうのがなかなか難しくて行きづらい場所なんでねえ…。
(冬だったら、流氷待ち、天気待ちで、こういった時間ができたりもするんだけど…。
流氷の多い年なら、ここらでも流氷見られますしね…。)



そして、また、荒野を見ながら元来た道を戻ります。
さっきより更に天気がよくなってきたような気がする。
しかし、本当に広くて、視界は360°、そして人いない、こんなの北海道ぐらいじゃないですかね…。
あ、でも、最初は私だけだったけど、その後、2組ほど人には会いました。



まあ、こんな場所を歩く機会もそうそうないと思うので、
これはこれで貴重な体験だったかな…と思うことにしよう。
ただ、時間取りすぎだけど。もう昼を過ぎている。
そろそろ網走方面に戻らないと…。


野付半島を走る道。

帰りは北向きなので、眩しくなくて走りやすいし、空の色はきれいだし、
とても快適なドライブ。



海の向こうに見えているのは、国後島。
さいはて感がありましたねえ。



国後島をズームで。
流氷が多い年は、この海も流氷に埋め尽くされることもあります。
たとえば2008年などもそうだっただろう…。
なんで、2008年、網走で天気待ちで腐ってる時にこっちに来てみなかったのか。
羅臼や根室方面なら晴れてた可能性だってあるし、網走からも日帰りで行けるのに、
たった1年前、そんなこと思いつきもしなかったのが痛い。
まあ、運転に全く自信がなかったからなんだけど…。
もう少し早く挑戦しとくべきだったなあ…。






こっちはナラワラ。だと思う。
道路から見ただけだけど。
でもトドワラよりいいんじゃないかなって思う。
ただ、午後になると逆光でうまく撮れなかったけど…。

雪の部分と、水が残ってる部分とがなんだか絶妙で、自然の美しさを感じました。

天気がいいもんだから、写真だけ見ると一見暖かそうですが、めちゃくちゃ寒かったですよ…。
晴天の割には風がかなり強くて、体感温度は更に寒かった。
日差しがあるので車の中は暑く、うっかり手袋するの忘れて外に出たら、
とてもじっくり写真撮るどころではなく、慌てて車に戻りました。


さて、そろそろ午後だし、そろそろ網走も天気よくなってきてるかな?
ってことで、網走に戻ります。


4日目-1 朝のウトロ(不発…) へ戻る ←   → 4日目-3 能取岬 へ進む
 
冬の道東2009index













  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/730-055d28fb




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。