スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

桜の京都1日目-1 六角堂 2010.3.30

2010年3月30日(火) 晴れのち曇り、夜再び晴れ  気温(京都)10.7℃/0.6℃


2010年は桜の進行が読みにくい年でした…。
2月の末に異常な暑さにみまわれ、その後もダラダラ高めの気温が続き、
かなり早め進行が予測されていて、実際開花まではかなり早かったんですが、
3月後半に一転、急に寒くなって開花が止まってしまった。
前年も似た感じでしたが、前年と比べ、気温が高い時の高さ、低い時の低さが更に極端で、
この日も、前夜にうっすらと雪が積もったという寒さでした。

3月30日は、好きな場所はまだまだ見頃には程遠い状態で、
見頃になっているのは早咲き系の枝垂桜ぐらい。
私は、八重紅枝垂は好きだけど、早い方の枝垂桜はあまり好きではなかったりするんですが、
それでも天気予報は晴れだったし、平日に行ける間に醍醐寺はもう1度見ておきたいなと思っていたので、
例年になく早目の花見スタートとなりました。

   *   *   *

醍醐寺は拝観が9時から、ってことで、朝一でまず1箇所どこかないかな?と思い、
やっと思いついたのが六角堂。
ここは早朝から入れます。といっても着いたのは7時ごろですが。


地理的には、烏丸通のすぐそば、御池と四条の中間点ぐらい、
町のど真ん中にあるお寺です。
周囲には、コインパーキング多数で、短時間の駐車なら安いんで、車でも行きやすいです。
すぐ向かい側にあったコインパーキングは、朝8時までなら1時間100円の破格値でした。
(8時~22時は20分200円なんですがね。)



六角堂の桜といえば、この御幸桜。
この桜は早咲きで、いつも私が京都に花見に行く頃には見頃を過ぎており、
なかなか行く機会がなかったのです。

この日も、既になんだか色抜け気味でしたが…。
それでもきれいに咲きそろっていました。
3日ほど早く行けてたらもっとよかったのかな。






それにしても、迂闊だったのが、ビルに囲まれていることを知っていたにもかかわらず、
朝一で行ってしまったことだ。
天気はめちゃくちゃいいのに、ビルで影になってしまい、日当たり悪すぎ!!
基本中の基本ではないか…。
ここは日の高い時間に行った方がいいと思います…。

私のカメラ、元々、ホワイトバランスが、桜をあまり得意としてないんだけど、
日陰になってるもんだからますますおかしくなってしまい、
ここに載せてる写真のほとんどが、補正しまくりです…。



それでもやっぱり、下から見上げると、さすがの迫力。



同じような写真ばかりで申し訳ない…。



桜を撮ることに夢中で、本堂をほとんど撮ってないことに後から気付いた。
向こうに見えてるのが本堂。
小さい寺だというから境内含め、もっと小さいのを想像していたのですが、
本堂は、かなり歴史がありそうな感じで、重厚な雰囲気で、大きく感じたし、
境内は私が想像していたのの3倍ぐらいの広さだった…。

街の真ん中、ビルに囲まれた場所にこんなお寺があるって不思議です。さすがは京都。


それにしてもこの段階ではとても天気がいいですねえ…。
次は醍醐寺に向かいます。


→ 1日目-2 醍醐寺・参道 へ進む
 
桜の京都2010index













  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/737-048ac61e




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。