スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

桜の京都1日目-4 醍醐寺・伽藍 2010.3.30

2010年3月30日(火) その4

醍醐寺、霊宝館を出て、次は伽藍へ行きました。


入口の門。
それにしても、すっかりいい天気に…この天気が1時間早ければね…。

さて、醍醐寺に来たことはあるけれど、伽藍は初めて。
一体何の情報だったか、桜の数がさほど多くないとか聞いた気がするので、
前回は入るのやめたのです。
でも、某所で、五重塔と枝垂桜のコラボを見て、これは行かねば!と、
今回は、3箇所の共通券にしたのでした。


その、最大の目的の、五重塔と桜…。

まさにイメージどおり、いや、それ以上!
霊宝館の枝垂れとはまた全然違うタイプで背も高く、迫力ありました。
しかも、どうもいろいろと見頃外し気味だった霊宝館とは違い、
こっちの桜は、まさに見頃! 今が旬!って状態で、とてもきれいでかなり感動…。

ただ、構図的に、この桜の前に立って記念撮影をする人が後を絶たず、
どうしても下を切らねばならなくなってしまうのだが…。
↑の写真も、実は、下の方に、人の頭頂部が写りこんでいたので、トリミングした…。
私のカメラ、ファインダーの視野率が100%ではないのです。98とかそんなんだったかな?
なので、ファインダーで人の頭が入ってないことを確認していても、
実際に撮れた写真には見事に頭が…ってことが多い…。



記念撮影する人々が途絶えた瞬間に慌てて撮影。
右側の建物の横を歩いてる人がはいってますが、まあそれはいいんです…。
問題は、桜の木の前に立ってポーズ取ってる人なんです…。



一応縦でも…。

記念撮影する人々もだけど、ここはカメラマンも多くてやや疲れました。
どっちも苦手なんですよ…。
霊宝館より、この五重塔の方が気に入ったので、こっちを朝一で入っておけばよかったな。
でもまあこの日については、朝一は曇ってたのでダメだったんだけど。
あと、ここも、朝ほど逆光の気がするし。


なんとなく人が多いのに疲れたので、とりあえず更に奥に進んでみました。


奥の方は、人もまばらだが、桜もまばら。



池などもあったり。これは弁天堂でしょうか。
ただ、ここは、どっちかというと紅葉の名所らしい。


そして、金堂。

建物のすぐ横あたりに、やたら満開な枝垂桜があるので近づいてみることに。





さほど大きな木ではなかったですが、やっぱり近くで見ると満開の桜はいいですねー…。




金堂の横の方から、入口の門付近を見ると、続々と人が入ってくる…うわー…って感じ…。
時刻はもう10時45分。
朝の人の少ないボーナスタイムは、完全に終わっている。


伽藍を出るまでに、ふたたび五重塔の見える位置で、しばし桜を眺めることに。

さっきよりも、更に日の向きがよくなっていて、天気も安定してきていて、
いい感じになっておりました。







しかし、やや天気よすぎ、影がきつすぎて、撮影はちょっと困難…。
いや、ま、贅沢な悩みなんですけどね。




桜にメジロ。
今年はどこに行っても、メジロがいっぱいいました。
桜巡りは何年も前からしているけど、今年ほどメジロを見たことってないぐらい。
まあこの写真じゃ小さい上に黒つぶれしていて、何の鳥か分からないですけどね…orz
(でも目視でメジロであることは確認してますので…。)




最後に、未練がましく、桜まみれの五重塔を一枚…。



出口の門の手前から…。
参道の桜がきれいに見えていて、まさに春爛漫。
でも、こんなにいい天気でも涼しい ってのが、この日のよかったところ。

      *   *   *

たしかに伽藍は桜の密度的には少ないけど、
やっぱり五重塔の場所は、素晴らしかった。
絵葉書的写真になってしまうけど、醍醐寺で1番好きな風景かもしれません。
霊宝館では、もう醍醐寺は、人も多いし、今年で最後にしようかな…
などと思ったんですが、伽藍に入って、やっぱりまた来たいかも、と思いました。


次は、個人的に、オマケな気分で三宝院です。



1日目-3 醍醐寺・霊宝館 へ戻る ←   → 1日目-5 醍醐寺・三宝院 へ進む 
 
桜の京都2010index













  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/740-fce1f977




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。