スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

桜の京都1日目-6 大石神社 2010.3.30

2010年3月30日(火) その6

醍醐寺から京都市の中心部へ戻る途中、大石神社へ行ってみました。

ここも前々から気になってはいたのですが、見頃が早すぎて、いつも行く時期と合わない、
公共の交通ではなんだか不便そう…ってことで、機会がなかったのです。
とはいえ、車で行くのもなかなか大変で、道がわかりにくくて苦労しました。
けっこう細い道も通らなきゃならなかったし…。


同じ場所を何度も何度もぐるぐると迷った挙句、ようやく到着した大石神社。
駐車場がまた分からなくて、悩んだんですが、この鳥居の更に奥でした。
無料だったし、空きも多数でした。



参道のソメイヨシノは、見頃はまだまだ先、この時点では、開花~3分咲き程度。
ここから見頃までは1週間ぐらいかかるでしょう。



でも、目当ての枝垂桜は、既に満開でした。



更にズームで。


しかし、この枝垂桜は、むしろ、既にちょっと遅いかな、って気も少し…。
なんだか色がくすんでいる…。
開花直後の方がたぶんもっときれいなはず。

いや、まあ、天気の影響もあって、醍醐寺にいた時は素晴らしいスカッとした青空だったのに、
なんとなく薄雲がかかってきたような、微妙な状態だったんで、そのせいかもしれないんですが。



こうやって、写真だけ見てると、空も青いし、一体何の不満が!? って感じなんですが、
なんか、目で見ると違うんですよ…やや霞んでいる感じというか、クリアじゃなくて。



大石内蔵助の像もありました。




ここでも、桜に、メジロがたくさんいました。

今年は本当に多かったですね。
私ごときの腕では、このすばしこい鳥を望遠で狙うなんて無理な話なんであきらめてますが。

しかし、メジロも正直、あまりに多いとですね、
それを狙うカメラマンが、桜の木の近くで動かなくなっちゃって、
遠景も撮りたい私としては、あまりにいっぱいいるのもちょっと迷惑というか…。
いやまあしょうがないんだけど…。



ここまで、人の入ってない写真ばっかりだったので、誤解されそうですが、
境内にはけっこう人います。

数年前までは穴場だったようなんですけどね…。
ネットなどの普及で穴場なんてものがそもそも存在しなくなってきてるような。
そういった意味では、私も同じなんですが。

あと、京都の桜の名所ばかり集めたような本を持ってる人もいましたね。
まあ、私もその類の本もけっこう参考にしてますけども…。



1番不思議だったのは、この馬。



ファラベラ・ミニホースの花子ちゃん らしいんですが…。
神社に馬がいることは、そんなに珍しいわけじゃないと思うんですが、
さすがにこんな洋風な馬は初めて見た…。
しかも、めっちゃ目立つ所に、小屋もなく露天で…。
(まあここに出されてるのは昼間だけなのかな…。)



そのような、大石神社でした。
見所は1本の枝垂桜の大木、神社自体も小さかったので、
滞在時間短かったです。



1日目-5 醍醐寺・三宝院 へ戻る ←   → 1日目-7 京都府庁旧本館 へ進む 
 
桜の京都2010index













  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/742-bfd0c1b9




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。