スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

桜の姫路城 2010.4.6 その1 三の丸と西の丸から

2010年4月6日(火) 晴れ…だけど、黄砂   気温(姫路)21.2℃/ 8.1℃


今年の春を最後に、姫路城は5年間、補修作業のため、天守閣が見られなくなる、
ということで、その前に、桜の姫路城を思う存分撮っておこう、と、
今年の桜シーズンには姫路城にも力を入れることにしました。

が、人は誰も考えることは同じ。
駆け込み観光客で大変なことになっているというではないですか…。
入城するのに何時間待ちとか、そういうありえない話を聞くたびになくなっていくやる気…。
じゃあせめて、少しでも人の少ない、朝一限定で攻めることにしてみました。

まあそれはそれでいいとして、もう1つの難題は、↓これ。

工事用のクレーンが、天守閣のすぐ横にドドンと…。
これにはもう本当、お手上げでしたよ…。
去年の春、「来年の春までは天守閣は見られる」って報道を聞いたから
「ま、来年でいっか」って、今年に回したのに、これじゃ写真にいろいろ制約が…。
こんな目立つクレーンが立つならその旨も言っといてほしかった…。


と、今更言っても始まらないので、撮るしかありません。
ただ、この時期のこの時間、まだ日差しが黄色っぽくて、あまり好きではないので、
気に入った場所を探しながらしばらくその辺ウロウロしました。



平日のこの時間だと、まだ人もほとんどいません。
この時期、例年なら9時からの入城時間が、8時からに早められていましたが、
開門1時間以上前では、さすがにまだ並んでいる人は1人もいませんでした。



桜は、7分~満開になりたてぐらいのものが多かったです。
咲いてる桜も、咲いたばかりで、ちょっと花びらがふやふやしてる感じ。
まだ蕾も残っていたので、遅めの桜が好きな私的には2~3日早かったっていう印象。
これぐらいの時期の方がきれいって思う人のほうが多いかもしれませんが。

ただ、咲いたばかりなのに、もう葉が出かかってたのがねえ…なんだかちょっと…。




三の丸広場と、天守閣。
昼間は花見客で賑わうこの場所も、この時間は静かです。
平日だと場所取りのシートもありませんでした。
これでクレーンさえなければねえ…。
まあこれも今しか見られない風景ですが…。
でも補修工事が終わった後は、壁や瓦が妙にきれいになってしまっておもちゃみたいになる予感なので、
そうなるともう撮る気がしない気がするんですよね…。



アップでも。




大手門前の橋を入れて。
人が渡ってない所を撮れるのは、朝ぐらいだと思う。

それにしても空が汚い…。
この日はすっごいいい天気だったのにもかかわらず、
今年の春は黄砂が本当に多かったので、この日も例外ではなく、
写真的にはパッとしないものが本当に多くなってしまった…。


で、8時の入城時間に合わせて、人の少ない状態の、有料部分も撮っておきたい、と思って、
7時40分頃に有料部分の入口へ行ってみたら、
なんと、既に30人ぐらい人が並んでいた…なんてことだ。
正直、話好きの他人に話しかけられながら行列並ぶのが、ものすっごい苦手なので、
申し訳ないが、ダミーのイヤホンを持って行き、音楽聞いてるふりしてたんですが(すみません)
私の前に並んでいた女性2人組が、まんまと、話好きの地元のおじさんにつかまってました…。
危ないとこだった。
情報としておもしろいこと持ってるならともかく、同じ地元民として、
地元でその程度の情報か?レベルの話しかしてなかったので、あの2人は気の毒だったな…。


そんな長い20分ほどを待ち、ようやく8時に入城開始。

本当は、今回は、外からだけで、有料部分は要らないかなと思いながらも入ったのは、
「はの門」付近の、天守閣に続く誰もいない道を撮りたい、と思ったからなんですが、
皆、入口はいるなり、一目散で天守閣へ向かうもんだから、人のいない状態なんて無理!
私のように途中の風景目的の人など他に居ず、とにかくみんなが天守閣を目指している…orz
はの門 は、天守閣に行く時に絶対通るので、どんどん人が来る。
しかも、今まで、午後にしか来たことがなかったので知らなかったけど、
その構図、朝は猛烈に逆光…。撮ろうと思うと太陽が入ってしまい、全く写真になりません。

早々に「はの門」関連はあきらめました…。



「はの門」はあきらめ、天守閣に行くルートと、西の丸に行くルートの分かれ道に戻ってきました。

この時期の駆け込み観光客が多かったのは、天守閣に登るって目的の人が多かったからなんですが、
私のテーマは、城の中じゃなくて、城の外観なんで、天守閣に登る気は最初からなかったんですよね。
特に、せっかくの桜の時期に来たなら、城と桜のコラボの方が見応えあると思うんだけど…。
まあそれは私が何度か天守閣に登ったことがあるから言えることかもしれないけど。

でも、天守閣に登る事が目的なら、なにもこんな4月なんて時期じゃなくてもいいんじゃ?
とは、心底思いましたけどね…。秋や冬の方が絶対にいい。
もうこの時期暑くて不快だし、最上階からの遠景も霞んでいまいちなのに…。


そんなことを思いながら、私は西の丸方面へ。


西の丸は、めちゃくちゃすいていて、写真撮り放題です。
こっちも過去何回か来てるけど、こんなにすいてたのは初めて。
ただ、西の丸ってからには、西にあるわけで、つまり、午前は逆光…
天守閣は東側にあるので、ただでさえいまいちな空の色がますます冴えない色に…。



これも順光ならもっといい感じだろうなと思うんですが。
でも午後だと、西の丸でも人だらけになるだろうし…なかなか難しい選択ですよ。




池のほとりの紅枝垂れは、まだ5分咲きぐらい。
でもいつもより蕾の数が少ない気がしました。色はまあまあ。



西の丸の方は、少し早くから工事が始まっていたようで、このあたり、すでに漆喰や瓦など
新しくなってました…。
しかし、どうもこの補修後の姿って、写欲がわかんのだ…。
壁はともかく、新しい瓦が嫌いなんですよね…。何とかならないものか…。
天守閣が補修されてしまうのが心から恐ろしい…。
工事が終わっても10年ぐらいは撮りに行く気になれない気がする。
ってことは、工事期間を含めると15年は撮りに行かないかも?ということだ…。
次に姫路城の桜を見るのはいったいいつなんでしょう…考えただけで恐ろしい。




ここは、白壁と桜の間の小路って感じだったんですが、
工事中につき、残念な状態に…。


残念といえば、これ。

この枝垂桜、場所柄、木の下まで入れてしまうので、
根を踏んだり、枝を触れると弱るから近づかないでください
と、警備員さんが注意している所を何度か見たんですが、
だから、近づけないようにこうなったのは分かるし、趣旨には賛同するんですが、
こんな景観ぶち壊しなコーンで立ち入り禁止にしなくても…。と思うのは私だけ??
もっと、木の杭+ロープにするとか、方法はあると思うんだけど…。
地元人だから言うけど、こういうとこが姫路なんだよなあ…。




天守閣と西の丸の分かれ道のとこに戻ってきました。
天守閣に登るの前提での料金を払ってるのに、登らないのは勿体無いかも…と、
少々考えたものの、やはり当初の予定通り、登るのはやめときました。
同じ晴れでもスカッとした晴れなら考えなくもなかったんですけどね。



出口(入口)のところにある、立派な桜。
この桜が姫路城の桜の中で1番好き。
入った時は、「はの門」目指して急いでいたので、出る時に撮りました。
でもこの桜も、日当たり的に午後の方がきれいだと思う。




出口を出てすぐの場所です。
いつもならこのあたり、記念撮影の人でいっぱいなんですが、
この時は偶然にも誰も居ませんでした。



一応桜の姫路城といったら、とりあえず私の定番はここ。
でも、ここも午後の場所なんですよね…。
こっち側から見た城に光が当たるのは午後なので。
まあ、光が当たったら当たったで、今度は白とび注意報ですが…。



入城開始時刻の8時には行列できてたのに、9時にはこうやって並んでる人がいなくなってました…。
平日にまでわざわざ並ぶ必要はなかったようだ…。コーンが虚しいですね…。
(土日は、こうはいかなかったようですけどね。)
まあ、中で、人が少ない状態で写真が撮れるのは、早く行ってこそだろうけど…。



とりあえず、正攻法な桜と城の撮影はこんな感じで。
次は動物園の側に行きます。



→ 1日目-2 姫路城・動物園側から へ進む 
 
桜の姫路城2010index













  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/753-59bbf736




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。