スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

桜の京都3日目-1 二尊院 2010.4.6

2010年4月6日(火) 晴れ、少し黄砂  23.0℃/8.5℃(かなり不快な暑さでした…)


朝は姫路城を見て、今年は姫路城優先のつもりだったので、
もう少し姫路城で時間を取るつもりだったのですが、黄砂でパッとしなかったので、
その後、京都へ向かいました。
場所が変われば少しは黄砂もマシかなと思い…。

まあ、結果、京都の方が黄砂はマシでした。
ただ、気温が…先週訪れた時は、10℃とかそんなんだったのに、この日は23℃…。
黄砂で白っぽい埃っぽいわ、気持ち悪い暑さだわ、で、少し不快な花見となりました…。

この日、京都に行くことにしたのは、夜の清水寺を見たかったからなんで、
昼間はまあオマケ。どこに行くか前日までノープランだったので、あまり気合入ってません。
混雑する場所はいやだってことで、とりあえず、嵯峨野の二尊院へ行ってみました。


二尊院といえば、桜よりも紅葉の場所、ってことで、予想以上にすいてましたね…。
紅葉の馬場もこの通りのすきっぷり。
一応桜もあるんですよ…まあ少ないですけどね…。



この場所など、紅葉の時期に、こんな真昼に無人なんて考えられない。
でもこの紅葉の木がまたすごくいい色なんですよね…。



そして、本堂への門をくぐります。
中には、小さめだけど枝垂桜。



本堂を正面から。



本堂側から見た門。






この日は(というか、紅葉の時以外はいつもなのかもしれないけど)人が少なくて、
ゆっくり見られてそれはまあよかったんだけど、
けっこうしつこく携帯で写真撮ってる人が1人粘っていて、
それがまた本堂の廊下の目立つとこにずっと立ってて、
写真撮ると、まるでその人をモデルに撮ってるような、って雰囲気になってしまうような
すごく目立つ、しかもいい場所をずっと1人で独占されてしまい、大変でした…。

その人1人だけなんだけど、1人だから逆に目立ってしまう。
なので、帰るのを待ってたんだけど、
携帯で写真撮ってる人だから、そんなにしつこくはないだろうと思っていたら
結局ずっと同じ場所に30分ぐらい立っていらして…。
途中でこっちがあきらめて帰ろうかと思ったんですが、
そしたらここまで待ったのが無駄になってしまうし…と思うと帰れず…。
ここでかなりの時間のロスをしてしまいました…。

夕方、ああ、あと15分早ければ…という状況になったので、
尚更粘ったのは失敗だった気が…。まあ結果論だけど。

どうしてもこの場所をって思って気合入れてきてる場所ならともかく
そうでもない場所なら、適当な段階で見切りを着けることも大事だな、と、思いました…。




まあ、でも、静かに寺と桜を見るにはちょうどいい場所でしたけどね。




<オマケ>


通り道で見た、清涼寺。境内の広さの割に桜は少なく、あまり絵にはならず…。



ここまで来たんだから、まだ少し花が早いかなと思いながらも、
今年は是非行こうと思っていた大沢池の様子を下見がてら行ってみました。
が。

行ってみたら、大沢池に入るのに500円!?!?
確か以前は大沢池だけだったら、100円だか200円だかで入れなかった?記憶違い???
だって、ただ、池の周り一周するだけよ???
桜と紅葉の時期以外は池だけなら無料なのに…。

今回はスケジュールの都合上、大覚寺には入る気が全くないので、大沢池のみの見学、
しかも、満開にはまだ微妙に早い気がする。
しかも、ここは池が重要なので、空の色が重要、なのにこの日は姫路よりはマシとはいえ、
黄砂の影響だと思うんだけど、空がやや白っぽい。

この状況で500円払えんわ!! と思って、
目の前に来ていながら、入るのやめました…。
ここに来ただけで往復徒歩時間30分ロスしている…。
この日は夕方、あと15分早ければ…という状況に(以下略)

しかも、ちょうど1番暑い時間帯だったのでまあしんどかったことしんどかったこと。
徒労とはまさにこのことだ。



入口付近から中を見てみた感じではこの程度の咲き方。
なんだかスカスカって気がしません? もっともさもさになっててほしい。



ついでに大覚寺の入口付近。こっちのが満開だったかなと。
でも、桜の木はあまり多くなさそうなんですよね。


結局、このシーズン、この後、大沢池に行くことはできませんでした。
来年は行きたいですね…。




2日目-4 法金剛院 へ戻る ←   → 3日目-2 常照寺 へ進む 
 
桜の京都2010index













  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/755-16de0e5a




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。