スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

桜の京都4日目-9 半木の道 2010.4.8

2010年4月8日(木) その9


植物園を出て、すぐ西側にある、半木の道へ行きました。
そもそも、植物園に行ったのも、植物園に行けば半木の道も行けるしな、と思ったから。


ここの最大の長所は、夕方、日没寸前まで日当たりがとてもいいこと。
山に囲まれた京都は、割と早い時間に影になってしまうことが多いんで、
他の場所ならもう終了の時間でも、けっこうきれいに見られるのです。

逆に、夕方が日当たりいいなら、なんとなく、朝は日当たり悪そうな気がして、
朝に行く勇気が今のところないのですが、実際はどうなのか。
1番人が少ない時間は紛れもなく早朝なので、早朝に是非行ってみたいんだけど、
外した時のリスクが大きくてどうもいけずにいます…。





ここも平安神宮と同じく、八重紅枝垂桜なんですが、
一昨年見た時と比べれば少し元気がないのかな…という感じだったものの、
ただ、平安神宮を含め、他の八重紅枝垂桜の名所と比べると、
びっくりするほどの不作でもなく、今年もけっこうきれいでした。



でも、やっぱりこのあたりなど、もう少し花がついていてもいいはずなんですよね。



そして、何より残念だったのが、よりによって花つきのいいあたりの場所、
川原に何やらテントみたいなものがあったこと…。


この写真、縦なので分かりにくいかもしれないけど、せっかく桜がいい状態なのに…。
たぶん何かイベントか何かが行われるんだろうと思うんだけど、
正直、できればそういうのやめてほしいわ…。
景観を損なってちゃ、イベントの趣旨が本末転倒だと思うんですけどね…。
でも、日本って好きだよね、桜が咲いたらとか紅葉の季節とか、その他諸々、
○○まつり とかやるの…。土日に名所に行くのが嫌いなのは、この手のイベントのせいでもある。




川を渡って、対岸から。
川の色が空を写していてきれいでした。
ただね、やっぱり、いくら夕方まで日が当たる場所だからって、
やや遅すぎでしたね。もう30分早かった方がよかった。
植物園はカットすべきだったかなと。



対岸からの木のアップ。



これが問題のテントです。
いくらなんでも目立ちすぎです。
うちの地元ならまだしも、京都はこういう面、割と空気が読める方だと思っていたのだが…。



そうこうしているうちに、17時45分、さすがに明るさもなくなってきたので、
この辺であきらめました。

後は、再び平安神宮に戻り、夜桜を見て、今年の京都を締めくくります。



4日目-8 府立植物園 へ戻る ←   → 4日目-10 平安神宮・紅しだれコンサート へ進む 
 
桜の京都2010index







      *





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/771-5ba89119




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。