スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

早春の北海道6日目-1 釧路~川湯

2006年3月1日(水) 曇り。夕方から雪

本来なら今日はこんな計画を立てていた。3択です。

1.朝5時59分の始発列車に乗り、摩周湖を見てから斜里で「流氷ノロッコ号」に乗り換え、網走へ。
 それなら、昼頃に網走にも入れ、摩周湖も見れる。いい組み合わせ!
2.同じく、5時59分のに乗り、摩周湖を見てから、網走行きの列車に乗り、途中の斜里で下りて
 バスで知床半島へ。知床でスノーシューをする。
3.朝、釧路市街地を幣舞橋のあたりまで行って、釧路川の「蓮葉氷」もしくは「けあらし」が
 是非とも見たい。これは見たことがないのだ…。で、それ見てから9時過ぎの列車で出発するか。

どれも捨て難い…どうしよう、悩むなあ…などという妄想を…出発前の私はしてたのですが…。



「蓮葉氷」も「けあらし」も、連日こんなに気温が高かったら発生しないことでしょう…。
しかも、この天気…。曇ってたら摩周湖もスノーシューもつまらないだろう。
そして、網走に行っても流氷など影も形もないらしい。
(元々ダメだったけど、先日大雨を降らせた猛烈な暖かい低気圧にトドメを刺されたようだ。)

どの案もろくなものではなくて、選べない、という事態になってしまった。
なので、ちょうど睡眠不足なことだし、出発を遅らすことにする…。

出発時間の関係で食べられないだろうと思っていた、ホテルの無料サービスの朝食もしっかりいただきました。
とはいえ、睡眠不足であんまり食欲なかったので、ちょっとしか取らなかったけど。
でもパンもサラダもおいしかったです。
(無料だと思うと余計に…。)



結局 9時5分発、釧路発の快速、網走行きで出発です。
なぜか、昨日の5時59分のよりもすいてた…。そんなもの?


昨日は晴れ渡っていた湿原も、今日はどんより。まあそれも悪くはなかったけど。


茅沼駅では、また鶴がいた。すごく線路沿いまで来てました!
今回は窓越し写真なのでいまいちですが。でも、ホームから見るより、位置的に近いんですよね。
ホームからだと線路挟んで向こうがわにいる、という位置関係なので。
何回見てもやっぱりドキドキしてしまう。
なんか、すごくありがたいものに出会ったような気分になるのです。


車窓からは鹿がいっぱい見れました。昨日も見たけど、今日の方が多い。合計20匹ぐらいは見たかも。
でも鹿もこっちも動くので、鹿を車窓から収めるのはなかなか難しい…。
上の写真にも一匹だけいるのですが、小さいわ、ぶれてるわ…。
(画面中央より少し左側に小さく写ってます…。)

    *   *   *

先述のとおり、網走も知床もこの天気だとさほどおもしろくないだろうので、
この後、川湯温泉駅で降り、ちょこちょこ観光しながら網走を目指すバスに乗っていくことにする。
「阿寒パノラマコース」ってバスで、観光バスと路線バスの間みたいなバス。

阿寒湖→摩周駅→摩周湖→川湯温泉駅→硫黄山→屈斜路湖(砂湯)→美幌峠→網走
って感じで走っているバスで、摩周駅のとこから乗ろうかな、とも思ったのですが
曇ってる摩周湖にはさほど関心がなかったので、川湯温泉まで電車で行って、
川湯温泉駅にある、オーチャードグラスって店でビーフシチューを食べる方を取ることにしたのでした。
けっこういろんな人の旅行記で見かけて興味があったので…。


川湯温泉駅。北海道の駅、って感じでいいなあ。


駅舎としてはけっこう大きいのに無人駅。
無人駅の方が写真をゆっくり撮れるので好きですね。
有人駅で自動改札のないところは、もたもたしてると出入り口閉められてしまうので…。


駅からは、硫黄山が見えています。いかにも温泉って感じでよいです。


ホームには、木彫りの熊。
写真だとしょぼく見えるけど、けっこう大きい。


駅構内に足湯もありました。(これは近年できたっぽい。)
正直めちゃくちゃ足が疲れていたので時間があればしたかったけど、時間はなかった。

後で知ったのですが、けっこうここの湯は、キズとかにも効くみたいで…。
時間がなくても、昨日怪我した顎のキズにちょっとだけでもお湯をかけておけばよかったよ…。
次ここを通った時に怪我してたらそうしよう。(そんな状況はまずないだろうが。)


ひとしきり駅の写真を撮ったあと、
午前中最大のテーマ、ビーフシチューを食べにオーチャードグラス店内へ。
駅舎の中にあるので徒歩0分。
←は店内の様子。
失礼ながらもっと野暮ったいのを想像していたら、全然そうではなく…。
味も美味しかった。
こんな山の中の?温泉の駅の、駅舎内にあるお店で本格的なビーフシチューが食べれるとは。
川湯に泊まることがあったらまた来たいけど、でも、冬場の交通が悪すぎて、この後、網走や斜里にに行ける電車は7時間ないので、(乗り継いでさえも行けません)ここ泊じゃなかったらもう機会もないかもなあ…。
まあ夏なら車で簡単に来れそうですけどね。
でも私は道東に来るなら冬だろうし…。
そう思うとますます値打ちが上がるのだ…。


なのに、ビーフシチューの写真…ピンボケ…接写モードにするのを忘れてた…。
なので、一番遠いサラダにだけ、思いっきりピントが合ってます…。
…疲れているのかもしれない…。

ここでバスの時間まで1時間あったので、時間余るかなーと思ってたのですが、
駅にある店なので、ちゃちゃっと料理が出てくるかと思ってたら意外とゆっくりしていて、
なんだかちょうどいい時間に…。
そりゃ都会の駅と違って本数少ないし、急ぐ必要はないか…。
別の計画案では、25分で食べる案も考えてたんだけど、それにしとかなくてよかった…。

オーチャードグラスを出る時に、別に聞かなくてもいいかなと思いつつも一応、
お店の人にパノラマコースの「川湯駅通り」っていうバス停の位置を聞いてみた。
…聞いといてよかった。聞いてないと絶対分からなかったです…。


きっとちょっと立派なターミナルがあると思っていたら、半分雪に埋もれた、ゆがんだバス停があるだけ。
しかも、阿寒方面行き、網走方面行き 両方の時間が書いてある…。(方角は正反対です。)
どっち行きのも、ここに止まるのかな? と思って待ってたら、反対車線からバスが…!
えええ~!? そ、そんな。
反対向きのバス停は真向かいじゃなくてちょっと向こう側だし、今からだと追いつかない!
でもこれ逃したら、JRを今から6時間も待たねばならない!
反対車線の歩道から、必死になってバスに分かるように身振り手振りで乗りたい旨を
アピールしてみたら止まってくれました…。
運転手さんありがとう…。6時間無駄にしなくてすんだよ…。
この運転手さん、一見とっつき悪そうだけど、すっごいいい人でした。
(この件だけでなく、その後もいろいろと。)

…後で写真で確認したら…。(↓等倍のトリミングなので汚いですが…)

書いてあった…。しっかりしようよ私…。
疲れがたまってきてる上に睡眠不足だからってことにしよう…。
(でもやっぱり逆向きのバスの時刻をここに書く必要はないと思うんだけど…。)



5日目-4 釧路4 茅沼駅(夕方編) に戻る←   →6日目-2 阿寒パノラマコースを一部分だけ へ

北海道 2006早春 INDEX




  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/89-451ddfe9




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。