FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

冬の道東2011 1日目-1 網走着~オホーツク沿岸

2011年2月1日(火) 晴れ  気温(ウトロ)-7.3℃/-15.5℃(さすが北海道!)

今年も、恒例の、北海道、流氷旅行へ行ってきました。

当初の予定では、2月22日からの3日間を考えていたのですが、
急遽2月1日からの3日間でも行けるスケジュールになったのと、
今年は意外にも流氷接岸が早く、1月末に接岸したので、
それなら流氷があるうちに行っといた方が…。
今やめておいて、22日に離れてしまっていたら泣くに泣けないんじゃ?

と思って、1日からの日程を取る事にしました。
いつも行くのは2月下旬だったので、たまには違う時期で…っていう気持ちもあって。

で、大阪-女満別 直行便はなくなってしまっているので、迷いました。
乗り継ぎ地点を、羽田にするか、新千歳にするかで。
空港からは出ないのでどっちも一緒です。
しかし、私の中の、好感度が 札幌>>>>>>>>>>>東京 なもので、
つい、新千歳経由にしてしまいました…。感情論に走ってしまいました…。
まあ、乗り継ぎ待ちの時間、窓の外に見えるのが殺伐としたただの空港か、
雪景色の空港か、というと、雪景色の空港の方を見たかった、ってのもあるけど。
それが仇になるとは夢にも思わず…。


とにかく深く考えずに、普通に、関空から千歳に着いたら、現地、大雪・・・。



いやびっくりですよ。なんなのこれ。
私は、網走の天気予報しか見てなかったよ。詰めが甘い。

何とか普通に着陸できたからまあよかったけど、
新千歳から女満別へ行く便が、問題だった。




定刻11:05 のはずが、12:10 に…orz


しかも、これ、なかなかどれぐらい遅れるのかアナウンスしてくれないのよ。
この表示が出たのも、定刻からかなり経ってからなんですよ。
正確な時間なんて別に教えてくれなくてもいいから
ひとまずどれぐらいの規模で遅れるのか、早い段階で教えてくれるわけにいかんのか?

1時間以上時間がある、って最初から分かっていたら、
とりあえず一旦、空港ターミナルに出て、北海道の食を味わってみたり、
お土産を見たり(帰りに土産を見る時間がないのでちょうどいい)、
いくらでも、北海道を楽しみながら時間は潰せたんですよ。
何もなく薄暗く狭い登場口で待たされ続けた挙句にこれ…。

特に、搭乗口が変更されて、ものすごく狭い変な空間なんですよ。

やってらんないわ…ぶつぶつ…
と、心の中で文句を言っていたら、更に…。



さっきよりも、35分更に遅れ、

11:05 のはずが、12:45 になりました…orz

だーかーらー、12:45 になるのは、天候のことだからしょうがないと思うよ?
でもさ、頼むから、それなら小出しにちょっとずつ遅らせるんじゃなくて、
最初から現実的な時間を教えてほしかったよ。
こんな何もないとこで100分も、どうしろってのよ…。

いや、それ以前に、たった2泊3日。しかも2月上旬だと、いつも行ってる下旬よりも
さらに日没は早く、まともに景色が見られるのは16時頃までだろう。
12時に到着したとしても4時間。13時に到着したらたった3時間。14時だと…。
ああ考えたくない。

というか、東京経由なら、今頃、すでに、流氷を見ながらドライブしている時間だ…。
東京より札幌が好き、ただそれだけで千歳経由にした自分の愚かさが恨めしい。
やはり感情論ではなく、利便性を優先するべきだった…。

でも、たしかに雪はけっこう降ってたけど…正直、私、札幌なら雪に慣れてるし、
このぐらいの雪なら普通に飛ぶと思ってたんですよね…甘かった。本当に甘かった。



12時32分、ようやく機内へ…。
本当なら12時ごろには網走についてるはずなのに…。
しかし、えらい小さい飛行機だが、この雪の中、大丈夫なのか???
遅れはともかくとして、欠航にならなくてよかった…。




東へ行くにつれて、眼下の景色も見え始めました…雄阿寒岳と雌阿寒岳もきれいに…。



そして、網走に着くと・・・。




思いっきり快晴です…。

泣ける…。

こっちも曇天なら1時間や2時間遅れてもダメージはないが、
こんな素晴らしい天気での2時間近いロスは本気で痛い。
天気は3日とも晴れてたけど、この日が気温がいちばん低く、
きれいな晴れだったのが本気で無念…。
流氷も、この日が一番よくて、日程後半にかけてどんどん離れて行ったし。


レンタカーのカウンターに行くと、
「他にも数組来られるので、送迎バスは全員揃うまで待ってもらわなきゃならない、
空港の駐車場を突っ切って行くと、歩いてもそんなにかかりませんので、
お急ぎでしたら歩いていかれた方が早いと思います。」

といわれたので、即決で歩いて行ったですよ…。重い荷物抱えて…。1分1秒も惜しい。
夏なら絶対バス待つけど、まあ冬だしね。

実際、もっと遠いと思っていたら、全然たいしたことはなかった。
まあ冬だしね。同じ労力のことをしても、疲れ方は夏の1/10ぐらいだ。



レンタカー屋の、
やっときました!北海道に、若干イラッとしつつ、手続きしたんだけど、
手続き終えてもまだ送迎バスは到着してなかったです。
歩いて大正解。

今回借りたのは、なぜか、マツダレンタなのに、マーチ…。
しかも、冬の北海道では、初めて、2WDだった。
ちょっと運転しづらかった。
過去に体験したことのない、ハンドルの取られ方を何度かしましたね。
マーチのせいではなく、2WDのせいだと思うけど…。


で、本来ならこの日、到着してすぐ、能取岬に行き、
その後、ウトロまですっ飛ばして夕日を見る、っていう計画だったのですが、
飛行機が遅れたため、両方は無理になってしまいました。

実はこの段階では、翌日、羅臼に行きたいと思っていたので、
そしたら、翌日に、夕日の時間にウトロにいるのは無理、
最終日も、ウトロで夕日を見ていたら、帰りの飛行機に間に合わない。

逆に、能取岬は、最終日に見れば何の問題もないので、
この日はウトロの夕日にしました。

これがこの旅行最大の失敗だったのだが…。
飛行機さえ遅れてなきゃ、両方行けてたので、
いつものように、単純に私の計画ミスとかではないんですけどね…。



とりあえず、女満別から、藻琴方面へ抜ける、感動の径(みち)ってのを
通って、オホーツク海を目指しました。
(どうでもいいけど、これ、径ではなく、道じゃダメなのか?? といつも思う。
とても変換しづらい…。)


その、感動の径からの風景…。

白ばっかりで分かりづらいけど、空のすぐ下、ひときわ白い、細い帯状の部分が海です。
流氷びっしり!! やったー!!

ところで、この感動の径、風景はきれいなのですが、車を停められるいい場所が少ない…。
これは最大の難点だ…。
もしかしたら、雪に埋もれてるだけで、夏にはいろいろ駐車帯があるのかもしれませんが。



オホーツク海沿いの道に出てから、
今度は、海のすぐそばからも流氷をチェックしてみよう、と、北浜駅へ。







いや~。最高に素晴らしいです。
ここ数年、私が来た中ではかなりのハイレベル。
流氷だけだったら2008年のが良かったけど、天気も加えると、今回のがいいですねえ。





駅舎の写真、自分の影が少し入ってしまった。
撮り直そうかと思ったら、この直後、駅の真正面に、ででん、と車が停められ台無しに…。
勘弁してくれ…。
多分すぐいなくなるだろうから待ちたいとこだったんだけど、
そんなことをしていたら、夕日に間に合わなくなるのであきらめた。



再び車を走らせ、知床半島へ。



雲がかぶっているのがちょっと惜しいけど、海別岳がものすっごくきれいでした。

ズームで見ると、樹氷天国なのです…。

今までこういうの見たことなかったなあ…。
いつも2月下旬に来てるけど、どうも寒さが足りないというか、普通にもう春?というか、
雪はあるけど、気温はぬるい、ってのばっかりだったから。
やっぱり北海道は、寒い時に来るに限る。




この素晴らしい風景の中、誰もいない…。
本当に人けがなかった。



急がねばならないのに、山や防風林に釘付けで進みません…。




これが、今回の旅行の相棒、マーチ君です。

とにかく急がねば夕日が沈んでしまう!
ってことで、この後は、ウトロまで、あちこちで写真撮りたい衝動を抑えて
一気に走りました。



→ 1日目-2.ウトロの夕日・1日目 へ進む

冬の道東2011 index












      *







  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/896-d884e317




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。