スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

早春の北海道8日目-1 知床を目指す

2006年3月3日(金) 雪のち晴れ

この日は朝から知床ウトロの先にある自然センターの付近でスノーシューをする予定。
一昨日、昨日、と、2日続けて天気が悪かったので、
さすがに3日続けて悪いなんてことはないだろう、と思っていたのに、
前夜みた天気予報では、曇り時々雪…
…こんなことでスノーシューなんてできるのだろうか…。

でもまあ予報が外れるかもしれないし…と思って朝起きたら…

…今にも降りそうな(というか、小雪が散ってた気もする…)天気…

でも今日行かないと、もう知床に行く日はないし…

ってことで、しょうがないので6時43分の列車で「知床斜里」へ向かいます。
夜もけっこう降った感じ?割と新しめの雪が積もっている…。


斜里についてもまだどんよりしている。でもかすかに日が差してきたかも?
ここで、ウトロ方面行きのバスをしばらく待つ。
夜の間にけっこう積もったのか、割と新しめの雪がいっぱい。


知床斜里駅のホームには、虚しくたたずむ「流氷ノロッコ号」が…。
私も今回は乗ってみようかなと思ってたんですけどねー。
でもダイヤにある以上は、流氷が欠片もなくても走ってるんでしょうねえ…。


バスに乗り、ウトロ方面、さらに向こうの知床自然センターまで行きます。
知床といえば!世界自然遺産ですよ!さすがに人もいっぱいいるだろう、と思ってたのに、
ここでさえも、バスの乗客、地元のおじさんと私、ふたりだけ…。いいの?
(が、最終的にはウトロ温泉からいっぱい乗ってきました。
そうか、午前中に知床観光したい人は前日にウトロに泊まる方が普通ですね…。)


走り始めて割とすぐに海沿いの道に出て、そのあとずっと海沿いを走ります。


前日の流氷情報ではウトロあたりでは少量あるふうに出てたのですが
走れども走れども、海に氷は見えません…。


なんとなく名残みたいなとこがあったのが、唯一ここだけ。
この程度のものをありがたがって撮らねばならない状況が悲しい。


ついにウトロについてしまいましたが、やっぱり全くありません…。

ウトロを通り過ぎて、自然センターに向かう見晴らしのいい場所。
ウトロまで来たら、はぐれ氷ぐらいでもプカプカしてるだろう、と思ってたのに、それすらないとは…。
がっかりを通り越して呆然としてしまいます…。
本当にかなり近い将来、流氷は来なくなるかもしれない、ってホントに思いました…。


結局、流氷は確認できないまま、自然センターに到着してしまいました。
まだ曇ってるけど、雪が降りそうな気配はなくなってきました。
これなら何とかなるでしょう。あーよかった。


自然センターで、スノーシューを借り(1000円)、あと、コースの地図も借り(これは無料)
フレペの滝を目指すことにします。


7日目-4 上川駅周辺 に戻る←   →8日目-2 フレペの滝遊歩道(林編) へ進む

北海道 2006早春 INDEX





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/97-c9f3cac9




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。