スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1.   トラックバック(-)|
  2. コメント(-)

早春の北海道8日目-3 知床 フレペの滝遊歩道(滝と海編)

2006年3月3日(金) その3

遊歩道の林を抜け、ほぼまっすぐ進むとフレペの滝へ…行くんですが、
そのちょっと手前に、海が綺麗に見えそうな場所があったので、少しだけ脇道にそれてみました。



晴れてくると、海が、本当に綺麗な色。
本来なら流氷で真っ白なはずだったのですが、この青もとても綺麗なので、これはこれでよかった。
もうちょっと晴れてくるのが遅かったら、鉛色のままだったかと思うとこれでじゅうぶんです。

写真では分かりづらいかもしれませんが、水平線に1本白い線。肉眼ではかなりくっきり見えました。
あれが流氷帯なんですね…。 等倍画像が↓これ


この流氷、私が行った次の日には、けっこうウトロまで近付いて来ていたらしい…
どこまでタイミング悪いのか…。


さて、脇道から戻り、フレペの滝を見下ろす展望台へ。


分かりにくいかもしれないけど、右の方にあるやつです。


アップで。

滝は凍っているのですが、周りはただの白なのに、滝の部分は水色が混ざってて、すごく綺麗…。
今年は既に気温が高めだからちょっと小さめだけど、例年だともう少し大きいらしいです。

こういうの、ボーっと見てると飽きません…。

    *   *   *

このあと、向こう側の灯台のあたりまで行けないかな~?
と思って途中まで向かったのですが…あまりに風が強いので断念いたしました…。
展望台の辺りは全然普通なのに、滝の真上あたりを通ろうとすると、猛烈な風!
雪も巻き上げられてもうただごとではありません。


手前の部分、雪が巻き上げられてるようになってるの見えるでしょうか…。


とにかく滝の真上あたりだけがすごいんです…。
50メートル先ぐらいの展望台付近はほとんど風なんてないのに。自然の不思議?


正面が、滝の真上あたり。


時間を追うごとに晴れの比率が高くなってきて、もうすっかり快晴、ぐらいまで回復。
景色もまぶしいぐらいです。
せっかくなのでもっと居たかったですが、バスの時間も、スノーシューの返却時間も迫ってきたので帰りました。

フレペの滝のコースの所要時間は50分ということになっていましたが、
結局私はうだうだダラダラと2時間半ぐらいかけて過ごしました。

今回の旅行、どこに行っても雪が少なかったのが物足りなかったのですが、
ここではしっかりあって、念願の雪まみれ! 
ふわふわの雪の上を歩くのも楽しくてしょうがなかった!
いつか流氷がある時に知床に来れたら、是非またここに行ってみたいです。


8日目-2 フレペの滝遊歩道 滝までの道編 に戻る←   →8日目-4 釧網本線沿線~網走~札幌 へ進む

北海道 2006早春 INDEX





  1.   トラックバック:0|
  2. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://m620t06.blog52.fc2.com/tb.php/99-7f6853b2




旅行記

テーマ別記事

更新履歴

Recent Comments

Recent Trackbacks

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。